体質改善でお腹スッキリ!便秘解消法

便秘って辛いですよね~。体質改善でお腹をスッキリさせちゃいましょ♪

view194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、便秘ってどういう状態?

  • 便秘とは、便の水分量や、排便回数が少なかったりすることです。便の回数は食事内容によって個人差も大きいのですが、一週間に2回程度しか便が出ない状態は、便が体にたまっていると疑った方が良いでしょう。
    また便が非常に固く、排便が困難だったり、排便してもすっきりせず、残便感がある場合なども便秘の兆候です。
    出典 :便秘・快便|体質改善しませんか FOR YOU WE CAN
  • 宿便がたまると、体内から体を汚してしまうんだそうです。恐ろしい…!

  • 便秘が続くと…どうなる?

  • 便秘が続くと腸内に有害物質が発生し、悪玉菌が増加して様々な症状を引き起こします。腹部の張りや食欲不振、吐き気などお腹の症状から、吹き出ものやニキビなどお肌の症状、さらには頭痛や腰痛、痔、イライラなど精神的症状も出ることがあります。
    出典 :便秘が続くとどうなる?便秘の症状と体への影響 - 下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム
  • 頭痛や腰痛まで便秘が原因の場合となっている場合があるんですね。早期解決したほうが良さそうです。

  • 女性が便秘になりやすい4つの原因

  • 日本人女性の半数以上に便秘の症状がみられるといわれます。男性に比べ、女性が便秘になりやすい理由は、いくつかあります。
    ・身体的理由… 男性に比べると、女性は腹筋が弱いため、大腸が便を送り出す力が弱い
    ・ホルモンの作用…女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」がからだに水分や塩分をためこむように指示を出し、大腸の腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなる。また、「黄体ホルモン」は妊娠したときに、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するはたらきもあり、それが腸にも影響してぜん動運動を低下させる。特に「黄体ホルモン」が多く分泌される月経の前や妊娠初期には便秘になりやすい
    ・無理なダイエット…食事量を減らすことは食物繊維や水分、脂肪分を減らすことになるので、ぜん動運動などにも影響がおよび、便が硬く、排出されにくくなる
    ・精神的な理由…女性は忙しさや人前での恥ずかしさのためにトイレを我慢することも多く、旅行など環境の変化によるストレスの影響も受けやすい
    出典 :便秘の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 確かに生理前は便秘に悩まされやすい時期です。どうしたら良いのでしょう?

  • 水分が足りないかも?

  • 便秘がちな人は、体が乾燥している人も多くいます。
    もし唇がカサカサになっていたら、体の水分が足りていないかもしれません。

    便秘の解消にはこまめな水分補給も必要です。

    水分補給の目安は1時間に1回、200mlほど飲むこと。
    もちろん寝ている間は飲む必要はありません。
    200ml以上飲んでも体には吸収されないため、おしっことなって出ていきます。

    1時間に1リットル飲むよりも、5時間かけて1リットルを飲むほうが簡単で、便秘にも効果があるのです。
    出典 :【便秘の解消法】便秘に効果があった改善方法
  • 確かに、水分摂取量が少ない友人はいつも便秘に悩んでいました。今は頑張って毎日2リットルの水分を取っているそうです。

  • 食べ物は、便秘の状態に合わせる

  • 冷え性で体力がなく便秘の人は、かんたんに便秘薬に頼ると思わぬ危険があり、逆に冷えや便秘を悪化させる可能性があります。冷え性でご自分の舌の苔が白いようなタイプの方は、便秘解消に効果の高い食品・食材・食べ物で改善されることをおススメします。


    ☆便意があまりなく、出ると軟便という方
    体力不足、疲れやすいといった中国医学で言う「気虚」の人に多いようです。腸の働きが弱まっていることが便秘の原因と考えられますので、以下のような食品・食材がおススメです。
    キノコ、カボチャ、ニンジン、山芋、クルミ、ギンナン、ハチミツ、牛乳など


    ☆出たときはコロコロ硬い便という方
    イライラ、のぼせ、口が渇く、痩せすぎといった中国医学で言う「陰虚」の人に多いパターンの便秘です。腸内が乾燥していることが原因と考えられますので、食物繊維はもちろんですが、油分の多い食品・食材がこのタイプの便秘の方にはおススメです。
    松の実、ゴマ、クルミ、ナッツ、プルーン、ハチミツ、ドライフルーツ、ナツメ、レンコン、バナナ、ほうれん草、トマト、昆布など
    出典 :便秘解消(お通じ)にいい食材・食品…便秘薬が体質的に適さない人
  • 便秘の種類によって食べたほうが良いものが異なるんですね。何でもかんでも食物繊維というわけではないようです。