緊張性頭痛って何?妊娠中期の頭痛の原因と対策について。

妊娠中期に出る頭痛には、いくつかの種類があります。緊張性頭痛やホルモンバランスの変化によって、苦しい状態になることが多いみたいです。

view414

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に頭痛になるなんて、本当につらいですよね。

  •  

    ただでさえ悩むことも多いのに、体がきついと、ストレスが溜まります。

  • 妊娠中期に起こる頭痛にはいくつかの種類があります。

  •  

    どんな原因のものがあるのでしょうか?

  • まず、緊張性頭痛。肩コリや腰痛が原因のものです。

  • 妊娠中期に発症する頭痛は、緊張性頭痛という、肩こりや腰痛が原因のものが多くなります。妊娠経過で大きくなった乳房の重さで、肩が張る、おなかをかばうために、体のバランスを崩して腰痛になり、それが背中や肩まで達して、頭痛を引き起こすというわけです。無理のない範囲でのストレッチで身体をほぐす、首から肩を蒸しタオルなどで温める、などを試してみては。
    出典 :妊娠中期頭痛 赤すぐ|妊娠中期の頭痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    なるべく、体に負担のないように、適度な運動をした方がいいかもしれません。

  • 首筋をほぐすストレッチは、頭痛に効果があります。

  •  

    腕の重みだけで首を倒しながら行うストレッチは、胸鎖乳突筋の緊張が解けるので、有効な柔軟です。

  • また、ホルモンバランスの変化によって頭痛が起きているケースもあります。

  • 妊娠を期に偏頭痛が始まったという人もいるし、静まったという人もいるので、難しいところです。

  • そもそも、頭痛持ちのほとんどの人が偏頭痛で、
    女性に多いようです。
    頭の左右のどちらかが痛くなりますが、両側が痛くなる人もいます。
    ズキンズキンとする痛みで、吐き気をもよおすこともあります。

    偏頭痛持ちの人が妊娠すると、症状がピタリと治まったという場合が多いようです。
    それは、ホルモンの安定が影響しているようです。

    逆に頭痛持ちではなかったのに発症する人もいるし、
    妊娠したにもかかわらず、相変わらず偏頭痛が続いたり、
    かえって、頭痛がひどくなったという人もいます。
    出典 :妊娠中に注意すること!: 妊娠中の頭痛の対処法!
     

    安定してホルモンが分泌されている人は、頭痛に悩まされないのかもしれませんね。

  • 少量のコーヒーを飲むことで症状がやわらぐこともあるそうです。

  • 偏頭痛のメカニズムは、脳血管が何らかの理由で拡がり、拡がった血管によって神経が圧迫されたり引っ張られることで痛みが起こるもの。偏頭痛の場合は、ズキズキする部位を濡れタオルなどで冷やし、暗い部屋で横になって休むと、拡がった血管が収縮し、頭痛が緩和すると言われています。また、普段からコーヒーを飲んでいる人は、少量のコーヒーを飲むと症状が緩和することも。これは、カフェインの血管収縮作用で、拡がりかけた脳血管を収縮させるからです。過剰摂取を続けると妊娠の継続に影響があるとされるカフェインですが、1日コーヒー1~2杯程度なら妊婦さんでも問題ないとされています。
    出典 :妊娠中期頭痛 赤すぐ|妊娠中期の頭痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    気分をリラックスさせる効果があるのかもしれません。

  •  

    一日に数杯なら問題ないようなので、飲む習慣をつけてみては?

  • 頭痛をとって、穏やかな気分で出産までの時を過ごしましょう。