お疲れ気味の人は必見!良質の睡眠が貴方を救う!

寝ても寝ても疲れが取れない、あるいは満足に睡眠時間を確保することができない、と悩んでいる人は決して少なくないはずです。
そんな人のために「睡眠の質」についてまとめてみました。

view230

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠不足は多くの人が悩まされている症状のひとつです。
    仕事で忙しかったりすると十分な睡眠時間が取れないなんて当たり前、気にしないわ~なんて人もいますが、実は睡眠不足って意外と怖いんです。
    眠れない、または睡眠時間を確保できないことで様々な病気を引き起こす原因になることだってあるんです。

    テレビ番組等でも「睡眠」は良く取り上げられているテーマのひとつです。

    ぜひ、このまとめを読んで良質の眠りを手に入れてくださいね。

  • 質の良い睡眠ってどういうもの?

  • 朝パッチリ爽やかに目が覚め身体の疲れもとれスッキリ起きれるのが良い睡眠ではないでしょうか。
    出典 :良質な睡眠をとろう!
     

    確かに・・・朝すっきりと目覚めることができると「よく眠れた」と感じることができますよね

  • 睡眠の最大の目的は「脳の休息」です。起きている間、常に働き続けている脳は、睡眠の間だけ休むことができます。その間に脳は休息し日中蓄積した情報を整理します。「質のいい睡眠」とは言い換えれば、脳が十分休息できる睡眠、ということになります。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 眠りの質が悪いとどうなるの?

  • 睡眠の質が悪いと、成長ホルモンの分泌が妨げられ、子どもの場合は成長が遅れ、大人の場合は老化が早まったり、ストレスが解消されないということを知らない方、気にしてない方が以外に多いです。
    睡眠中には、40種類以上ものホルモンや電解質が独特のリズムで体の修復や向上にあたっているのです。
    睡眠の質はこれだけでなく、脳細胞の死滅数や記憶力などとも深くかかわっているといわれています。
    出典 :【快眠講座】良質の睡眠があなたの元気をつくる - 快眠本舗
     

    睡眠不足が老化を早めるなんて驚きです。

  • それ以外にも、睡眠不足が原因となっているトラブルはたくさんあります。

    ・肌の調子が悪くなる(肌がカサついたり、キメが荒くなったりする)
    ・肥満になる
    ・高血圧、心不全、うつ病といった別の病気の原因になってしまう

    などなど・・・。
    睡眠不足が続くと、いろいろなトラブルが発生しそうな感じです。

    「主治医が見つかる診療所」というテレビ番組では不眠チェックができるリストが公開されています。
    自分の睡眠はどうだろう、と気になったら試してみるのもひとつの手かも。

  • 質の良い眠りを得るためにやりたいこと

  • 人間のカラダは、肉体が疲れれば眠くなるようにできています。運動時は体温が上がりますが、睡眠時には下がります。脳はこうした体温の変化を感知して、カラダを睡眠へと導いていきます。軽い運動はこの体温変動にはずみをつけて、熟睡をもたらす作用があります。特にデスクワーク中心の人は、とにかく運動不足になりがち。日々の運動を心がけてください。エレベーターやエスカレーターのかわりに階段を使う、ひとつ前のバス停で降りて歩いてみる、電車で座らない、テレビを見ながらストレッチなどを、まずは実行。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
     

    軽い運動をすることは、睡眠を良質なものにするためにも効果があるんです

  • さて良い睡眠をとる為の基本ですが、一番の大原則は90分サイクルを意識する事です
    出典 :良質な睡眠をとろう!
     

    眠りのサイクルを理解することで起きるタイミングを調整することができます。
    結果として、すっきりとした目覚めを迎えることができるんです!

  • 昼寝をしよう!

     

    1日1回、昼寝をしてみよう!

    昼寝をすることで体を活性化させる効果があることも科学的に証明されていて、企業でも昼寝を取り入れている会社もあるほどです。

  • 日中はもちろん、夜寝る前に気をつけておきたいこともあります。
    自宅でのリラックスタイムにちょっぴり工夫するだけでびっくりするほど睡眠の質が向上することは間違いありません。

  • 寝室の環境を整えよう

     

    ・屋外の音が入らないようにカーテンを厚手にするなどする
    ・部屋の明るさはおぼろげに見える程度
    ・室温は季節に応じて最適な温度にする(夏は25℃~28℃、冬は18℃~28℃)
    ・湿度は年間を通して40%~70%に統一

    こういった環境づくりも良質な睡眠のために欠かすことができません。

  • リラックスすることを心がける

     

    日中は交感神経が優位となり、様々な活動を行うことができています。
    夜、就寝前には交感神経を刺激しないように注意しましょう。

  • ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

    38度から40度辺りのぬるめのお湯に、20〜30分半身浴をします。
    いい香りの入浴剤を入れて、リラックス効果を高めるとさらにいいです☆
    出典 :良質な睡眠をとる為の9つの方法 | 美肌マニアの美容情報
  • カフェインを含む飲み物は交感神経を覚醒させるので眠りを遠ざけます。
    緑茶にもカフェインが含まれているので、ほうじ茶の方がおすすめです☆
    出典 :良質な睡眠をとる為の9つの方法 | 美肌マニアの美容情報