2週間で肝臓が元気になる方法♫

お疲れ様です肝臓。肝心要と言われるほどに肝臓がキモのようです。肝臓が元気だといいことずくし☆今から始めれば新年は元気な肝臓で迎えられそうですよ♡まとめてみました。

view1831

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝臓が元気になれば 長生き やせる 肌がキレイになる と良い事ずくめらしい!

  • 肝臓は脳や心臓より大きく、人間の内臓の中では最大の臓器。

     

    肝臓でつくられた物質は血液中に送り出され、全身の器官や臓器に供給されます。
    栄養素をからだが利用しやすい形に分解・合成するはたらきを代謝といい、肝臓にはつぎのような代謝機能があります。

  • 解毒機能

     

    胆汁の生成や分泌、および解毒(げどく)や排泄などの、生命の維持に必要な多くのはたらきをしている。

  • 糖質代謝

     

    肝硬変のような肝機能が低下する病気になると、グリコーゲンの産生が障害され、肝性糖尿(かんせいとうにょう)といわれる糖尿病状態になります。

  • たんぱく質代謝

     

    肝硬変になると、肝臓のたんぱく合成能が低下する結果、低(てい)アルブミン血症(けっしょう)や凝固因子の低下による出血傾向(しゅっけつけいこう)などの障害が現われるようになります。

  • 脂質代謝

     

    アルコールの飲み過ぎや、糖尿病、肥満などが原因でおこる脂肪肝(しぼうかん)は、肝臓に中性脂肪が多く蓄積(ちくせき)した状態をいいます。

  • しかし30代以上の人の3人に1人は脂肪肝の疑いがあると言う現実

  • 肝臓の不調度チェック 12項目(4点以上は肝臓に異常がある可能性あり)

  • Q1 体が重くてだるい 1点
    Q2 食欲がない 1点
    Q3 脂っこい物が食べられない 1点
    Q4 わけもなく体がかゆい 1点
    Q5 強かったお酒が最近急に弱くなった 1点
    Q6 皮膚が荒れ、シミが増えた 1点
    出典 :主治医が見つかる診療所:テレビ東京
  • Q7 便の色が白っぽい 2点
    Q8 尿が濃い 2点
    Q9 ちょっとぶつけただけでもすぐに出血する 3点
    Q10 手のひらが赤くなる 3点
    Q11 白目が黄色になった 5点
    Q12  右上の腹部からみぞおちにかけて軽く触ると腫れている   5点
    出典 :主治医が見つかる診療所:テレビ東京
  • 2週間で肝臓を元気にする方法を知ろう!

  • ビタミンB6を摂取することが大切

     

    ビタミンB6には、肝臓で脂肪を燃焼させて、脂肪肝を防ぐ効果があります。

  • 魚介類にレモン!

     

    ビタミンB6はマグロやサバ、カツオ、シャケなどといった魚介類に多く含まれているのですが、ポイントはこのような魚介類に柑橘類をかけて毎日食べるということです。

    レモンなどの柑橘類に含まれているクエン酸には栄養素を送り出す効果があるため、脂肪肝改善のために有効なのです。

  • 酵素を肝臓に送る

     

    肝臓のエネルギー源である酸素をしっかりと肝臓に送ってあげるということで、そのためには、酸素をしっかりと肝臓へ運ぶ血液にするための食べ物を摂ることが大事です。

  • 緑黄色野菜をよく咀嚼する

     

    色の濃い葉物野菜(ほうれん草、小松菜、春菊など)を毎食80グラム以上、よく噛んで食べるようにしましょう。

  • 緑茶を飲むと肝臓細胞が長生きする

     

    お茶に含まれるカテキンには、肝細胞の寿命を延ばす効果があるのですが、そのお茶の中でも特に粉茶がオススメです。

    粉茶ならカテキンと一緒に亜鉛も摂取できるためより効果が高く、これを1日の中で7~8杯飲むようにするといいでしょう。

  • 食後に10分ほど横になるのが効果的!

     

    牛にはならないのね☆

  • 寝る前にスクワット30回

     

    健康な細胞をつくる成長ホルモンを分泌させることです。
    成長ホルモンの分泌を促すためには筋肉を動かすことが効果的で、中でも脚の筋肉を動かすのが最も効果が高いといえます。
    毎日寝る前に、軽くひざを曲げる程度のスクワットを30回ほど行うようにしましょう。

  • 鶏レバニラを食べよう♫

     

    レバーに含まれるビタミンB群は肝臓の代謝作用を助け、脂肪肝を改善させる。
    特にレバニラのニラは、レバーに欠ける栄養素ビタミンCを補い、
    匂いの成分(アリシン)がビタミンB群の効果を保つ 。

    鶏レバーが肝臓に一番良いとされています。

  • しみじみにしじみじる。

     

    タウリンと言われる肝臓を守る成分が、とても多く含まれています。

    その他には、肝機能を正常に保つ働きをするメチオニンや、良質のタンパク質、鉄分、ビタミンB2やビタミンB12が豊富なのでお勧めです^^

    タウリンとは?
    胆汁の流れを良くし、黄疸などの症状を鎮め、肝細胞が酸化するのを防いでくれます。

  • クコの実

     

    肝臓の働きを活発にし、疲れた肝機能を回復させてくれます。

    その他に、滋養強壮効果や新陳代謝を活発にします。

    実を、そのまま食べたり、料理に使ったりして頂きましょう。

  • 以上のことを2週間毎日きちんと行うことで、だいぶ脂肪肝が改善され、肝臓が元気になるはずです!

    出典 :2週間で肝臓を元気にする!:健康情報最新版
  • 実はウコンドリンクには信頼性あるデータがない。

  • 肝機能を高めると言われるウコンが含まれたドリンクなどが人気だが、国立健康・栄養研究所が過去の学術論文をもとに情報を整理した「健康食品の素材情報データベース」では、ウコンについて〈俗に「肝臓の機能を高める」といわれ、消化不良に対しては一部にヒトでの有効性が示唆されているが、信頼できるデータは十分ではない〉とされている。
    出典 :NEWSポストセブン|飲酒前に牛乳で胃に膜、ウコンで肝機能向上説を専門家が解説