自覚症状がないままに進行する病気・・・ それが肝炎です

多くの種類がある肝炎。中でもB型・C型肝炎は日本人が多く発症するもの。
特にC型に注目してどんな肝炎とはどんな病気なのかをまとめました。

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝炎とはどんな病気なの?

  • 我が国の肝炎(ウイルス性肝炎)の持続感染者は、B型が110万人~140万人、C型が190万人~230万人存在すると推定されていますが、感染時期が明確ではないことや自覚症状がないことが多いため、適切な時期に治療を受ける機会がなく、本人が気づかないうちに肝硬変や肝がんへ移行する感染者が多く存在することが問題となっています。
    出典 :肝炎とは|厚生労働省
     

    自覚症状がないままに悪化していく恐ろしい病気です。

  • 肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される病態です。その原因には、ウイルス、アルコール、自己免疫等がありますが、日本においては、B型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルス感染による肝炎がその多くを占めています。
    出典 :ウイルス性肝炎の基礎知識 | 肝炎ウイルス検査マップ
     

    様々な種類があるのですが、日本ではウィルス性のB型・C型が多く発症しています。

  • ウイルス性の肝炎の種類は実はかなり多い

  • A型肝炎 - 経口感染
    B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている)
    C型肝炎 - 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、刺青、輸血、血液製剤等)
    D型肝炎
    E型肝炎 - 経口感染
    G型肝炎
    TT型肝炎
    肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなど
    出典 :肝炎 - Wikipedia
     

    これ以外にウィルス性以外の肝炎がいくつもあります。

  • 日本人に多いB型・C型のウイルス性肝炎とは

  • B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することにより起こる病気です。感染経路としては、出産時のB型肝炎ウイルス感染者の母親から子への感染(垂直感染)とそれ以外の感染(水平感染)とがあります。
    出典 :ウイルス性肝炎の基礎知識 | 肝炎ウイルス検査マップ
     

    B型肝炎ウィルスについて

  • C型肝炎は、感染している人の血液や体液を介してC型肝炎ウイルスに感染することにより起こる肝臓の病気です。
    出典 :ウイルス性肝炎の基礎知識 | 肝炎ウイルス検査マップ
     

    C型肝炎ウィルスについて

  • B型・C型は慢性肝炎になりやすい

  • 慢性肝炎:
    B型、C型肝炎ウイルスによるものが多い。長期間にわたり軽度の肝障害が続く。徐々に肝臓が繊維化し、肝硬変や肝がんに至ることがある。

    急性肝炎:
    A型、B型、E型肝炎ウイルスによるものが多い。急速に肝細胞が破壊されるために、発熱、全身倦怠感、黄疸などの症状があるが、自然経過で治癒することが多い。

    劇症肝炎:
    急性肝炎のうち、発症から8週間以内に高度の肝機能障害を起こし、脳症などを来すもの。集中的な医学管理を要する。生存率は30%ほど。
    出典 :財団法人 ウイルス肝炎研究財団/Q&A/分かりやすい ウイルス性肝炎
  • B型肝炎とC型肝炎の異なる点としては、

    C型肝炎は、感染してから慢性肝炎、肝硬変、肝がんといった病気になりやすいのに比べ、B型肝炎はこうした病気にならないことが多い
    B型肝炎の方が感染力が強い

    などがあります。
    出典 :財団法人 ウイルス肝炎研究財団/Q&A/分かりやすい ウイルス性肝炎
  • C型肝炎に注目しましょう

  • C型肝炎の病状の進行

  • 積極的に検査を受けることが必要なのですね

  • C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる検査は、どなたでも近くの保健所で受けることができます。保健所での検査は基本的に無料です(一部の自治体では自己負担が必要な場合があります)。
    出典 :肝炎ウイルス検査を受けるには | 健診で肝機能が異常と言われた方 | C型肝炎 - 新しい治療、新しい可能性 -
     

    だれでも無料でC型ウィルス検査が受けられます。

  • もしもC型肝炎にかかってしまったら

  • 健康21 12 C型肝炎の予防と治療 その1

     

    C型肝炎について詳しく説明をしてくれている番組