患者さんとご家族の明日の為に【咽頭がん】

きちんとした知識で病気への備えをしましょう
咽頭がんについてまとめてみました!

view299

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 咽頭がんとは

  • のどは【咽頭】と【喉頭】で出来ています
    咽頭は、鼻の奥から食道までの食べ物と空気の通る道です
    ここにがんが出来るのが咽頭がんです

    喉頭がんとは治療法も診断も違います

  • 咽頭がんの種類

     

    上咽頭がん
    中咽頭がん
    下咽頭がん
    と3種類に分かれています

  • それぞれの症状

  • 上咽頭がん

     

    役割
    呼吸する・耳の圧の調整

    症状
    鼻の症状、耳の症状、脳神経の症状
    首のリンパ節の腫れ

  • 中咽頭がん

     

    役割
    呼吸する・正しく発声する・飲み込む

    症状
    飲み込む時の違和感、しみる感じ、のどの痛み・出血
    息が鼻に抜けて言葉がわかりにくくなる
    口を開けにくくなる、首のリンパ節の腫れ

  • 下咽頭がん

     

    役割
    飲み込む

    症状
    飲み込むときの違和感、しみる感じ
    耳の辺りの痛み、声枯れ、首のリンパ節の腫れ
    首辺りのしこり

  • 原因はよくわかっておらず
    遺伝やEBウイルスが関係していると言われています

    このがんは比較的若い人にも多く見られるがんです

  • 危険性が高まるものは

     

    飲酒、喫煙です
    長期間続けると危険性が高まるとされています

    また、男性に多いがんであり
    食道や口の中にがんが出来る事もあります

  • 検査と診断

     

    ・視診、触診
    ・内視鏡検査
    ・生検
    ・超音波検査
    ・CT/MRI検査

    等があります

  • ステージ(病期)

  • 咽頭がんでは
    Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期
    の4ステージに分類されています

  • 治療の種類

  • 治療方法

     

    ・放射線治療
    ・抗がん剤治療(化学療法)
    ・手術(外科治療)
    この三つの組み合わせをステージに
    合わせて行います

  • 放射線治療の副作用
    治療した場所におこります
    治療中に咽頭や喉頭の粘膜炎、頸部の皮膚炎などが起きる事があります
    唾液が出にくい、味がわからないという事もあります
    タバコを吸うと副作用の悪化、または再発するため
    禁煙をする事をすすめられます

  • 外科治療を行うと
    咽頭全摘出までおこなうと声が失われます
    シャント発声法等の処置がとられますが
    なかなか元の声をもとに戻すのは難しいようです

  • 経過観察

  • 治療後の禁煙と節酒について

     

    併発や再発のおそれがある為
    禁煙も節酒も積極的に行いましょう

    また、咽頭がんの危険性が増す為
    もとから、行わない
    負荷をかけすぎないなどの予防に努めましょう

    転移・再発の検査は定期的に行う事が大切です