健康増進のため、プールを利用しましょう

最近、プールはどこにでもあります。プールを上手に利用することで健康増進に繋げましょう。

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • プール利用のメリット

  • 水中運動を行うにはまず、プールへ行くことからはじめなければならないので、面倒ではありますが、それを遙かに上回るうれしい効果がたくさんあります。


    ○エネルギーの消費

    人は、何もしなくても水中にいるだけで陸上にいる時よりも多くのエネルギーを消費してます。それは、水と空気の熱伝導率が違うからです。水は空気の20倍も熱を伝えやすい性質を持っています。水が熱を伝えやすい分、水中にいると人間は体温が奪われやすくなるので、体温を一定に保つために陸上にいるときよりも多くのエネルギーを消費することになります。
     ただし水温が低すぎると、奪われる熱が大きくなり、体温の調整ができなくなります。小学生の頃、プールの授業でくちびるが紫色になって、ガタガタ震えている子をよく見かけました。あれは、体温調整が追いついていない典型的な例です。
     水温は最低でも24℃以上、28℃くらいの水温がカラダにはもっとも望ましい環境といえるでしょう。


    ○心肺機能の強化

    水中で体温を維持するために、心臓の活動は盛んになり、血圧を上げ、カラダ全体をすばやく温めるために血液の循環もよくなります。その結果、新陳代謝もよくなるという仕組みになっています。

    呼吸については、水中では水圧が生まれ、陸上にいるときよりも余分な圧力がかかるため、呼吸をするときの動作が大きくなります。
     一般的には、首まで水中に沈んだ状態は通常に比べ肺活量は約9%減少すると言われています。肺活量が下がっている中、陸上と同じだけの酸素を吸うためには、呼吸に関わる筋肉を活発に動かさなくてはなりません。さらに、泳いでいるときは、水中で鼻から息を吐き、顔を上げたときに口で吸うという動きを繰り返しています。
     水圧の関係や、その一定のリズムの水泳独自の呼吸法によって、呼吸機能や心肺機能も鍛えられるというわけです。


    ○優れた有酸素運動

    水中運動は有酸素運動の代表格と言われています。泳がずに水中で歩いているだけでも、全身を使うことができ、運動強度が高くない分、長時間連続してできるのが特徴です。しかも、水中では浮力があるので、カラダ全体への負担が少なく、関節に痛みを抱えている人でも、陸上に比べてラクに動かすことができます。


    ○全身を使った運動ができる

    また、陸上での運動やウォーキングは、主に足など下半身の筋肉を使って推進力を得るのに対して、水泳は全身を使って推進力を得ています。
    例えば、クロールを泳ぐときは、腕(肩)を回しますよね。そして、息継ぎの時は半身になるので腰をひねる動きがあり、足を使ってキックを打っています。泳ぐ時のキックは、推進力を得るためのものと思われているかもしれませんが、ゆっくり長い距離を泳ぐときには、カラダを水平に保つためのバランスをとる役割がメインです。クロールを泳ぐときの推進力は、上半身8割、下半身で2割くらいだと言われています。

    もちろん上半身の運動効果は、他の有酸素運動に比べると圧倒的に高く、通常使わない筋肉を使うことから、全身をバランスよく鍛えることができます。また、普段の生活では重力の都合でどうしても下半身に溜まりやすい血液も、カラダを水平にしたまま動かすことで循環がよくなり、全身に行き渡らせることができるようになります。

    それでは、水中運動における具体的なポイントをいくつか挙げておきましょう。
    出典 :~ 夏のプールでエクササイズ ■ 水中運動のススメ~ 健康の診断サイト カラダカラ
     

    メリットは多いのです。

  •  

    普通に運動するより、良いことが多いです。

  • 水には、癒しのパワーがあります。プールの中は日常のわずらわしいものを
       すべて、シャットアウトして、非日常的な世界にひたれます。
       普段は、水着になるのに、おっくうでも、プールに行けば、
       はずかしいという気持ちは以外に、おきないのです。

       身も心も、軽くなって、解放感を味わった後の仕事は、おそらく能率が何倍も、
       上がってくるでしょう。
       気力、体力の、充実感をみなぎらせながら。

       私も、今では、少なくとも週3回、体育の時間と思い、プールに行ってます。
       あなたも、どうか、一緒に始めてみませんか?
       いくつからでも、そして、いくつになっても
       素晴らしい「水」の世界が待ってますよ。 
    出典 :室内プールと健康★室内プールと健康な生活
     

    気分が良くなるのは嬉しいですね。

  •  

    解放感に浸れるには、現代においては貴重です。

  • 具体的な方法

  • 普通にプールで立った時水面は、胸位の深さだとして話します。
    まずは、
    ①普通に歩く
    ②少し大股でバランス取りながら歩く
    ③大股でアキレス腱伸ばしの様に一歩踏み出す。→この時重心はまだ後ろ足。次に、上半身を前足側に持って来ながら重心を前に移動。→重心移動している時、水面は顎ラインキープ。今度は、上半身上に伸ばしながら、反対足を前に、アキレス腱伸ばしの様に踏み出す‥先と同じ事の繰り返し。この一連の動作をしながら、上半身を少し少しです。ねじりながらやると良いですよ。→足の前と内側付け根、へそ周り体幹の筋肉と脇が締まります。
    ④カニ歩き
    横向き大股&腕を伸ばし閉じの繰り返し
    ⑤普通に歩く

    上の一連を25メートル1回づつまずは続けてみて下さい。慣れて来たら、
    ②~④を2セットづつ。


    水中にいる時は大丈夫
    なのに、以外と出ると疲れています。無理はせず、ゆっくりとしてみて下さいね。

    ちなみに、上メニューは今、通っている所のコーチに組んでもらった物デス。3ヶ月で週4通い
    効果出てマス
    出典 :温水プールで健康(ダイエット含む)のために歩行を始めようと思っている、63歳の男... - Yahoo!知恵袋
     

    これだけで効果が出るのは良いですね。

  • 後ろむきにあるく、横向きにあるく、ビートバンを手前にもって身体に負荷をかけながら歩く、大股に全て歩く、などがあるようです。
    又両手を上にくんで腰が曲がった人がいつも歩いていますよ。
    出典 :健康のためにプールでウォーキングをしているのですが - Yahoo!知恵袋
     

    後ろ向きに歩いて良いプールもあるのですね

  • ダイエットの効果的な運動は水中ウォーキングがいいと言われてるが、腰をひねることで+αの効果
     

    ちょっとのことで、効果アップですね。

  •  

    プールは泳ぐたけではありませんね。

  • アクアビクスは、音楽に合わせてジャンプやウォーキング、うでの開閉、ヒザの曲げ伸ばしなどの動きを行います。インストラクターの動きを見ながら真似して行うので、正しい動きがわかりやすく、多くのエクササイズを行うことができます。
    出典 :アクアビクス | 運動 | ダイエット方法 | ダイエットSlism
     

    アクアビクスは体への負担が少ないので、誰でも始めることができます。

  • アクアビクス・アクアダンス・MITO-CHON AQUA BICS - YouTube

     

    思った以上に動くのですね。

  • はぁもにぃ倉敷アクアビクス講座 - YouTube

     

    上の動画のアクアビクスよりは、動くがゆっくりですが、こちらでも十分な運動になりますね。

  • アクアビクスは、「泳ぐのが苦手」「水に顔をつけられない」という人でも安心してできる運動であり、若い人から高齢者まで楽しめる運動です。
    また、音楽に合わせて体を動かすので、とても楽しく運動ができ、ストレス発散にも効果的です。
    出典 :アクアビクス | 運動 | ダイエット方法 | ダイエットSlism
     

    高齢の方もできるのが良いですね。

  • 水泳や水中ウォーキングはダイエットに向いています。水の中の運動は膝や腰への負担が少ないのでダイエット効果が得やすいからです。多くても週に3回くらいで1回は20分以上が理想です。ただ水中なので冷えすぎないことや泳いだ後の食べ過ぎに注意が必要です。逆効果になるからです。
     

    確かに運動すると食欲が沸くので注意が必要ですね。

  • 水泳→体中の全ての(あまり使わないものも)筋肉が活性化され、筋肉がつきます。
    出典 :運動の種類を教えて下さい。水中ウォーキングは、陸上ウォーキングと同様に有酸... - Yahoo!知恵袋
     

    普段使わない筋肉を使うと痛くなりますが、水泳の場合はすぐの痛くなくなる気がします。

  • 水泳
     泳げる方は距離よりも時間を目安に泳ぐようにしてみましょう。
     最初は5~10分連続して,なれてきたらだんだん時間を長くしていって30分くらい泳ぎ続けられるようになるとよいでしょう。
     連続して泳ぐことが難しい方は、持久力をつけるためにインターバル形式といって、25mまたは50m泳いで数秒間休憩して、呼吸の乱れがおさまったらまた泳ぐというように繰り返してみてください。ゆっくり泳ぐだけでも陸上で行う有酸素運動と同じくらいの効果が期待できます。全速力で泳ぐときは無酸素運動のようになってしまいますので、健康のため、減量を目的とする場合はゆっくり泳ぐようにしましょう。
    出典 :水中運動のススメ
     

    自分に合ったペースで泳ぎましょう。

  •  

    有酸素運動にしたいなら、ゆっくりとしたペースで泳ぎましょう。