【妊活・ベビ待ち】妊娠力を高める!

妊活中の人も「いつかは子供が産みたい」人も、たとえ「卵子が老化」し始めた年齢の人も・・・
身体は人それぞれ。いつから気をつけても早過ぎる事はありません。
妊娠しやすい身体になるために、できる事から見直しましょう。

view737

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 晩婚化→出産年齢が上がると妊娠力は低下する

  • いざ「赤ちゃんがほしい!」と思っても・・・

  • 若い頃は高い確率で妊娠が望めていたものが、年齢が上がるにつれてどんどん妊娠しにくくなってしまうのです。
    今回はそんな「年齢による妊娠しやすさの違い」について紹介したいと思います。

    --------------------------------------------------------------------------------
    ●一回の生理周期での自然妊娠成功率
    --------------------------------------------------------------------------------

    25歳…25~30%

    30歳…25~30%

    35歳…18%

    40歳…5%

    45歳…1%

    このように30歳を過ぎた頃からだんだんと自然妊娠成功率が下がっていくと言われています。


    出典 :卵子の老化?年齢による妊娠しやすさの違いとは | ラルーン
  • 「卵子の老化」イヤになる程、耳にしますよね

  • 「卵子は老化する。35歳を超えると妊娠が難しくなる」
    医師の言葉に、不妊クリニックのセミナーに集まった夫婦たちに動揺が走る。
    今や、不妊治療・検査を行ったことのある夫婦は、6組に1組。
    女性の社会進出につれ晩婚化が進み、35歳を過ぎて不妊治療を始め、初めて「卵子の老化」を知る人が増えている。
    出典 :産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~ - NHK クローズアップ現代
  • 妊娠力の有無は戸籍上の年齢も関係あるけど、やはり体質や個人差が大きい

  • 健康診断で異常なく婦人科系疾患も問題なら、生活習慣で妊娠力UP!

  • 妊娠力にも冷えは大敵!

  • 冷え性や低体温ですと、血液のめぐりが悪くなります
    血液には、身体のエネルギーの素となる栄養素や酵素、身体の調子を整えるホルモンなどが含まれているので、 これらがうまく身体の全体にいきわたらなければ、卵巣機能、黄体機能などの生殖機能の低下を招きます

    身体を温めて血液の循環が良くなると、臓器への血流が増えホルモンの刺激に正常に対応できるようになるのです

    以上のような理由から、からだが冷えていると妊娠しにくくなり、身体を温めれば、
    不妊症が解消できる可能性が大きいといえます
    出典 :不妊症と冷え症の関係
  • おなかを温めるのは基本中の基本

  • 食べ物+飲み物で内から温め

  • 半身浴+アロマで冷えとストレスを軽減

  • 卵子・卵巣のアンチエイジング

  • 卵子、卵巣のアンチエイジングを実現するためには、ホルモン年齢を実年齢よりも、若く保つこと。

    そのために注目すべきは、年齢とともに減少するとされている、成長ホルモン(IGF-1)やDHEA、メラトニン、酸化ストレス、そして、終末糖化産物(AGE)。
    成長ホルモンやDHEA、メラトニンが減少し、酸化ストレスや終末糖化産物が増加すると、卵巣刺激への反応や卵子の質が低下し、すなわち、卵巣の機能が低下することで、採卵数や受精率、妊娠率が低くなることが分かっている。

    また、これらの卵巣機能を低下させる可能性のあるものは、食生活や運動、ストレスなどのライフスタイルに影響を受けることが知られている。


    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】注目のテーマ | 卵子、卵巣のアンチエイジングを考える
  • 適度な運動と良質な睡眠は、やはり大切

  • 膣の粘液力をチェック!

  • 膣、ちゃんと濡れますか?

  • 膣粘液は妊娠のために不可欠なもの。
    膣粘液は排卵期になると活発に分泌し、精子が卵子のもとに到達しやすくしてくれるそうなんです。
    でも、ストレスや疲れがたまって膣粘液が分泌されないと妊娠力が半減することに。

    毎日の食事や生活習慣に気を配ることはもちろん、カラダのリズムを知っておくためにも、自分のカラダをきちんと理解してくれる婦人科等の専門医を持つことも重要です。

    何より大切なのは、自分の膣に関心をもつこと。そのために、毎日お風呂に入ったら、膣をきちんと洗うという習慣をつけるのもおすすめです。


    出典 :膣、ちゃんと濡れますか? 妊娠力をアップする粘液チェック法 - 「生き方キレイ」をコーディネート|MYLOHAS
  • アメリカの研究による、妊娠する力を高める食事とは?

  • 食べる物が身体を決める

  • アメリカのハーバード大学が実施した、12万人の女性看護師を対象にした「Nurses' Health Study(看護師健康調査)」では、食品や栄養素の習慣的な摂取量を調査し、食生活とさまざまな病気の関係を長期にわたり調べています。

    [1]トランス脂肪酸の摂取を避ける。
    [2]オリーブオイルやキャノーラオイル等の不飽和脂肪酸の摂取を増やす。
    [3]豆類やナッツのような植物性たんぱくを増やす。
    [4]無精製の穀物を食べる(炭水化物)。
    [5]乳製品は、必ずしも脱脂乳や低脂肪にこだわることはない。
    [6]葉酸をはじめとするビタミンB群(Bコンプレックス)を摂取する。
    [7]野菜や果物、豆類、そしてサプリメントから鉄分を摂取する。
    [8]飲み物は、糖分の多い清涼飲料水は避ける。
    [9]適正体重を維持する。
    [10]毎日、穏やかな(過激にならない)運動を続ける。



    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠力をUPする 食生活
  • 「子供がほしい」と思ったら、まず自分の身体と向き合って・・・