【う、、動けないくらい痛い!】後悔しないための痛風予防!

痛風は怖い!だからこそ、なるまえに予防!
自分は大丈夫なんて、安易な考えは捨てましょう!
日常を少し改善するだけで、痛風になる確率はグッと下がります!

view791

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 知ってからだと大後悔。痛風の痛みの実態。

  • 典型的な母趾(足の親ゆび)発作の場合は痛くて靴が履けないどころか、靴下すら通せない程の我慢の出来ない激痛となります。
     この激痛は、そのまま我慢して放置しても軽症であれば3日くらいで消えてしまいます。人によってはそのまま10日から2週間にわたって同じ痛みが繰り返すこともありますが、たいていは歩くと痛いなどの症状を経過して2週間ほどで自然に消えてしまいます
    出典 :発作のある方は - 痛風発作の痛みの特徴
  • 靴下も履けないぐらいに痛いとは、風が吹いただけでも痛いと言われるのも納得ですね。
    誰だって好きでなろうとは思いませんよね?
    後悔しないためにも、しっかりと予防を心がけましょう。

  • まずは痛風の原因を知ろう。

  • 近年では発病者の若年化が増えているようです。
    キーとなっているのが『尿酸』。
    この尿酸が血液中に増えることによって、関節などで結晶化し、痛みを生んでいます。

    主な原因は食生活とストレス生活。
    特に夏に美味しいビールは危険因子です。
    ビールには多くのプリン体が含まれており、これが痛風の原因にもなっています。
    また食事面でも、高エネルギー食や動物性食品の摂りすぎに注意です。



    そして、自分ではなかなか改善できないのがストレス。
    ストレスを感じることでエネルギー消費に異常をきたし、血液中の尿酸が増えてしまいます。
    特にこのストレスは、痛風の辛い発作の原因となっていることもあります。

    中年男性や年配の男性がなる病気のイメージでしたが、油断はできません。
    なるべく早いうちから予防することで、将来も快適に人生が楽しめるのです。
    出典 :【痛風予防】今日からはじめる健康生活
  • 痛風は生活と密接に関わる。

     

    痛風の原因は主に食生活とストレスといった日常生活からの影響によるものです。
    ということは、逆に自分が気を付けさえすれば未然に防げる可能性を多く秘めています。

    知らず知らずのうちにやっていた悪影響なこと、やっとくと痛風に効果的なこと。
    痛風についてより掘り下げて、痛風とは無縁の生活を目指しましょう!

  • 具体的な痛風の予防法を要チェック!

  • その1【アルコール】

     

    痛風の予防はもちろん、身体のためにもお酒の飲みすぎには注意しましょう。
    特に気をつけたいのがビールです。
    麦とホップから造られるビールには、多くのプリン体が含まれています。
    既に検査などで尿酸値が高いと診断されている方は、飲み会でもビールだけは避けるようにしたいところです。

    出典:
    http://痛風予防.net/
    【痛風予防】今日からはじめる健康生活

  • 最近はビールでもプリン体が少ないものも出ています。
    好きな物を完全に我慢してしまうとストレスになってしまいます。
    自分にあった物を見つけてみるのもいいでしょう。

  • その2.水分補給

     

    血液中の尿酸値を緩和するためにも水分補給は重要です。
    たくさん汗をかいたり、身体から水分量が減ることで血液が凝縮されて尿酸値が上がります。
    こまめな水分補給を心がけて、みずみずしく綺麗な血液を保ちましょう。






    出典:
    http://痛風予防.net/
    【痛風予防】今日からはじめる健康生活

  • 野菜ジュースは意外と水分が少ないらしいです。
    しっかりとした水分を取るように心がけましょう。

  • その3.食生活

     

    プリン体が多く含まれる食べ物を避けましょう。
    ダシに使われるような旨味成分はプリン体を多く含んでいるようです。
    美味しいラーメンにも注意が必要です。
    またツブツブしている卵系、明太子やいくらもプリン体が多く含まれています。
    肉類にもプリン体が多く、特にレバーなどの肝系に注意が必要です。


    出典:
    http://痛風予防.net/
    【痛風予防】今日からはじめる健康生活

  • すでに痛風の可能性がある方は、十二分に気をつけてください。
    好きな人も過度の摂取は抑えましょう。
    何事も適度が大切です。

  • その4.コーヒーを飲もう!

     

    アメリカの大学の研究では、1日に4杯以上コーヒーを飲むことで痛風の予防に繋がったという研究結果が発表されています。
    コストもかからず手軽に始められる予防法として、今すぐ実践したいところです。



    出典:
    http://痛風予防.net/
    【痛風予防】今日からはじめる健康生活

  • コーヒー好きな人にはありがたい話しですね。
    しかし、砂糖やミルクを入れる人は飲みすぎに注意です。

  • 痛風の兆し?痛風危険度セルフチェック!

  • 痛風の可能性は誰にでもあります。
    しっかりチェックして、自分を分析しましょう。

  • □ 男性である
    痛風の99%が男性です。
    残念なお話ですが、男性であるというだけで痛風の危険性が発生します。
    男性であるなら、いつでも痛風になる危険性があるとこを自覚すべきとも言えます。
    逆に女性は痛風の危険性がほとんどないと言えますが、油断は禁物です。
    特に閉経後の女性は気をつけてください。

    □ 太っている
    肥満と痛風には関係性があります。
    痛風患者の2人に1人が肥満だと言われています。
    肥満になるような食生活は、痛風を招きます。
    また肥満体質の方は汗かきの方が多く、これが尿酸値を高める原因ともなります。

    □ 酒好き
    アルコールは尿酸値を高めます。
    アルコールをたくさん飲む人は痛風になりやすいと言えます。
    特にビールには要注意!
    これが発作の原因になることもあります。

    □ 40歳以上である
    40歳以上の中年期以降に注意!
    痛風の発症は40~50代の男性が多いです。
    若い頃から続けてきた不摂生が祟ってしまうのです。
    年齢を重ねるごとに気をつけていきましょう。

    □ 魚系の卵・動物系の内蔵を好む
    魚系の卵・動物系の内蔵はプリン体の宝庫です。
    レバー・白子・明太子などなど、お酒の肴になるような珍味には多くのプリン体が含まれています。
    これらを好んでよく食べていると、その分痛風の危険性も高まります。

    □ 日々ストレスを感じる
    万病の元『ストレス』
    ストレスを感じたり、疲れている時には尿酸値が高まります。
    ストレスは痛風だけではなく、様々な病気の引き金にもなります。
    なるべくストレスは発散させるように心がけてみてください。

    □ 激しい運動をする
    急激な運動は要注意です。
    普段運動をあまりしない人が、突然激しい運動をすることで痛風になってしまうことがあります。
    急激に運動することで尿酸値が上がってしまうからです。
    原因となる肥満解消のためにも運動は大切ですが、急激な無酸素運動は避けるようにしましょう。

    □ 痛風の家族がいる
    体質遺伝だけではなく、食の好みも問題。
    家族に痛風の患者がいると、自然と同じ味付けや食べ物が好きになります。
    同じ食生活を送っていれば、そのうち自分も痛風になってしまう可能性があります。
    出典 :痛風危険度チェック!あなたの危険度はいくつ?
  • 自分なら大丈夫だと思わないでください。
    未然に防いで、楽しい毎日を送りましょう

  • ただの診断テストだからといって侮るなかれ!

     

    チェック表に多く当てはまった人は病院に行ってみるのもいいでしょう。
    そして、当てはまらなかった人はその生活を保つよう心がけましょう。

    自分でしっかりと日常を管理することが痛風予防には大切です。

  • それでも、痛風になったら?

  • 痛みがひどい場合、すぐに病院へ行くことが大切ですが、自宅でできる応急処置をすることで多少は軽減することができます。

    ◎患部を冷やすこと
    ◎水をたくさん飲むこと
    ◎消炎鎮痛剤を飲む
    ◎安静にする
    ◎アルコールは厳禁

    上記の応急処置で多少の痛みを軽減することができるでしょう。消炎鎮痛剤は、薬局で市販しているアスピリン系(バファリンなど)の鎮痛剤だと痛風の痛みを悪化させるため、服用しないように気をつけましょう。
    インドメタシンなどが配合された鎮痛薬や、座薬タイプの解熱剤などが効きます。
    医師から処方されている鎮痛剤がある人は、胃薬と一緒に常備しておくと安心ですね。
    出典 :痛風が痛い時の軽減方法
  • 気をつけていても、なるときはなります。
    しかし軽減する対処法はあります。
    もしものときのために、しっかりと覚えておきましょう。

  • 夏は要注意!こまめな水分補給を心がけましょう!

  • 痛風の発作は、夏などの汗をかきやすい季節など、尿が濃くなりやすい時期に起こりやすいです。
    寝ている間もかなりの量の汗をかきますので、水分補給はまめに行うようにしましょう。
    発作が起こりそうだなと感じたら、まずは水分をたくさん摂ることも大切です。水分を摂ることで血中の尿酸が薄まり、症状を緩和させてくれる働きをします。
    出典 :痛風が痛い時の軽減方法
  • 痛いからってマッサージ。モミモミすると悪化します。

  • 痛風の発作が起きているときは、患部をマッサージすることは症状を悪化させるのでやめましょう。また、患部が熱を持たないようになるべく動かすことを避けることが望ましいです。
    できれば安静にして、痛みが引くのを待ちましょう。
    出典 :痛風が痛い時の軽減方法
  • 身体が痛いとつい触ってしまいますよね。
    しかし、痛風には悪影響を与えます。
    ときに安静に放置することも大切です。

  • 痛風のこと知ってもらえましたか?

     

    ここで得た知識があれば、例え飲み会に行ったとしても、
    周りの人よりも痛風の恐怖心から、自然とビールの飲みすぎや、プリン体の多い食べ物の過剰摂取に気をつけることでしょう。

    痛風のない。楽しい毎日をぜひ過ごしていってください。