気になるのは…出産の費用 入院から分娩まで How much?

出産はお金がかかります。では、出産にかかるお金はどれくらいでしょう?でも補助金も出るのです。ではその金額は?

  • pocca 更新日:2014/01/01

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産費用は普通分娩で個人病院だと地域にもよりますが50万円前後かかる

  •  

    出産は個人病院か総合病院かなど、病院によっても変わってきます

  •  

    平日に生んだ方が安いようです

    日曜などは休日料金がかかるため

  •  

    夜よりも昼間生んだ方が分娩費用が安いようです。

    慎也に生むと深夜料金がかかってくる病院もあります。

  • とはいえ、出産は日にちも時間も関係なく九に訪れるので、時間などを選ぶ余裕はありませんが…。

  • 出産時には補助金がもらえます(*^_^*)

  •  

    社会健康保険もしくは国民健康保険に入っていると、出産一時金として42万円(産科医療補償制度の保険金3万円含む)が支払われます

  • そんな多額なお金を払えない場合も大丈夫です(*^_^*)

  • 【出産一時金直接支払制度について】

     

    出産一時金直接支払制度を利用すると、自動的に病院側が健康保険組合に請求してくれますので、出産一時金42万円が自動的に差し引かれます

  • 【医療費控除について】

  • 1年間(1/1~12/31)に世帯でかかった医療費(自費の妊婦検診や出産費も含む)が10万円を越えた場合、翌年2月頃の確定申告で医療費控除を受けることができます。
    ただし、出産一時金を差し引いた金額が対象になりますので、差し引いて10万円越えなかった場合は請求できません。

  •  

    請求する場合は領収書の提出が必要になりますので、医療機関でいただいた領収書はとっておき、税務署などで申告しましょう。

    事前の手続きがあればインターネットでの申告もできます。

  • 出産のためにおおよそ必要な費用

  •  

    出産一時金直接支払制度が利用できるものとして、出産費用の目安が50万円である病院の場合、通院費、分娩予約金、出産費(分娩・新生児介助・入院)、マタニティウェア・ベビー用品の準備で20~30万円の用意がまずあるといいと思います。

  • ココに書いた金額を見ると、こんなにかかるなら子供は産めないと思う人もいるかもしれません。しかし、補助金やお祝い、その他、あなたを支えてくれている人がいるはずです。

    妊娠したのなら、分娩費の心配なんてしなくていいのです。一応、目安で書きましたが…大丈夫(*^_^*)

    お金はどうにかなるものです。

    それよりも、丈夫で可愛い赤ちゃんを産むことを第一に考えてください。

    日本は困った人を放っておきません。助けてくれる人が必ずいるはずです。