口臭が気になる!妊娠中の口の中

妊娠中の口の中はトラブルがいっぱい!
虫歯、口臭、ヘルペスなど…。
その原因について調べてみましょう!                                                                                                   

view222

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の口のトラブル

  •  

    妊娠中、口の中はどのような変化が
    あるのでしょうか?
    赤ちゃんに影響があるトラブルも?

  • 歯周病菌が増える歯ぐきが腫れやすくなります。一般に唾液の分泌量も抑えられますが、これも女性ホルモンの影響といわれています。また唾液のphも酸性に傾き、酸を中和する力や再石灰化の機能が弱くなります。
    出典 :妊娠中のお口の中は
  • 加えて、免疫力も低下します。母体にとって異物である胎児を長く胎内に居させなければならないので、免疫寛容といわれる作用が働き、免疫反応をおさえるのです。妊娠中は体全体が免疫寛容の状態になるので、口腔内に限らず、感染症にかかるリスクが増加しているのです。
    出典 :妊娠中のお口の中は
  • 口の中の変化とは?

  • 妊娠前とはこんなに違う! 妊婦さんの口の中の変化に注意

     

    妊娠すると、妊婦さんの体や生活にはさまざまな変化が起こりますが、口の中だけでも、こんなに大きく変化します。しかも、妊娠してすぐからその変化は起こるのです。歯にとってはまさに「四重苦」といえる口の中の4つの変化に負けないように、早めのケアを心がけましょう。

  • 変化1)歯周病菌が育つ
    変化2)歯肉の免疫力が低下する
    変化3)だ液の分泌量が低下する
    変化4)だ液の酸を中和する力が落ちる
    出典 :妊娠前とはこんなに違う! 妊婦さんの口の中の変化に注意 - gooベビー
  • 妊婦と口臭

  • 妊娠中の口臭

     

    妊娠中は食べ物の変化やホルモンバランスなど、いろいろなことが変わってきます。自分では気づきにくい口臭にも変化はあるのでしょうか?

  • 妊娠中は、つわりや特定の食べ物に対する固執などの変化が見受けられます。それまでは苦手だった甘いものが大好きになったり、逆に酸っぱいものばかり食べたくなる時期もあるでしょう。そうした食生活の変化に加えて口内のバランスも微妙に変化していきます。
    出典 :妊婦と口臭の深い関係
  • 口内ケアを怠ると、先ず虫歯が心配ですが、実は妊娠中は口臭も発生しやすいのです。わりと自分では気が付きにくい口臭ですが、虫歯予防と同時に口臭予防も考えてみましょう。
    出典 :妊婦と口臭の深い関係
  • 妊娠が原因の口臭を解消するには

  • 虫歯や歯周病などは、一度かかってしまうとたとえ出産しても自然治癒することはありません。妊娠中は特に、唾液の分泌量が減少しないよう、こまめに水分を補給したり、念入りな歯磨きを行ったりするよう心がけましょう。
    また、ストレスを溜め込まず、心身ともに健やかに生活することが、妊娠中の多くのトラブルを解消する最善の方法となります。
    出典 :妊娠が原因の口臭
  • 口臭の予防法

     

    口臭予防としての歯科治療
    口臭予防に使える歯間ブラシ
    口臭予防に使えるマウスウォッシュ
    口臭予防に効果的な食べ物

  • 妊娠中の歯周病の危険!

  • 妊娠時(妊婦)の歯周病の危険性

     

    妊娠性歯肉炎は、歯茎の腫れと歯茎からの出血が主な症状ですが、妊娠時(妊婦)の歯周病を、ただ歯茎が腫れて出血するだけで、出産するまでの我慢と思ってはいけません。
    というのも、妊娠時(妊婦)の歯周病は、早産や未熟児の原因にもなりえるからなのです。

  • 歯周病菌の一つであるポルフィロモナス.ジンジバリスという歯周病菌の持つ毒素が子宮内に移行して、免疫細胞が過剰反応を起こすと、その中のプロスタグランジンE2というホルモンが胎児の方に流入し、それが陣痛促進剤の役目を果たして早産や未熟児の原因を作ってしまうということが、近年、大学の研究で確認されたのです。
    出典 :妊娠時の歯周病,妊婦の歯周病,妊娠性歯肉炎,妊娠時の歯槽膿漏の治療法
  • 歯周病を効果的に予防したい

     

    健やかな赤ちゃんを産むためにも、特に気をつけたい妊娠期の歯周病。その一方で、妊娠期の歯周病は悪化しやすく、抗生剤の使用や抜歯が難しいのが現状です。では具体的に、妊婦はどのようなケアを心がければいいのでしょうか?

  • 大切になってくるのが、実は毎日のブラッシング(歯みがき)です。妊娠中は不規則な生活や偏食、つわりなどが原因となって特にお口のなかが汚れやすい状態になっているので、とにかく正しいブラッシングでプラークを落とすように心がけましょう。
    出典 :歯周病予防と赤ちゃんの健康|歯科情報あかりんご|りんご歯科クリニック
  • つわりなどで気分が悪いという場合は、ヘッドの小さな歯ブラシやデンタルリンスを試すのもいいでしょう。また、プラークのたまりやすい歯と歯の間などは、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯間清掃用具を使うのもおすすめです。もちろん、妊娠前から定期的に歯科検診を受けておくのもいいでしょう。
    出典 :歯周病予防と赤ちゃんの健康|歯科情報あかりんご|りんご歯科クリニック