夜中に何度も目が覚めてしまう【中途覚醒】

意外とおおいこの中途覚醒は
眠気が残って大変ですよね
まとめてみました

view550

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中途覚醒とは

  • 中途覚醒にもタイプがあり、何度も尿意を感じて中途覚醒する人、何らかの原因で夜間に一度目が覚めると寝付けなくなる人、何時に寝ても早朝に中途覚醒し二度寝ができない状態になる人、様々な理由で中途覚醒し、再度入眠と中途覚醒を繰り返すタイプなど様々です。
    出典 :睡眠障害の症状の一つ、中途覚醒を改善させる3つの対策 | iGotit
  •  

    睡眠障害はとても辛いものですが、その中でも夜間に何度も繰り返す中途覚醒は、身体にとっても大きな負担となります。まだ寝ていたいと感じ、十分に眠れたと感じないのに覚醒してしまえば、身体にとっては十分な休息ができたことにはならず疲れが取れないからです。

  • 原因は?

  • 中途覚醒が起こる原因は色々と考えられますが、その多くは自律神経の乱れからくる交感神経の刺激によるものだと考えられます。自律神経の乱れは、ストレスやアルコール、血糖値の乱高下などから起こりますし、睡眠時無呼吸症候群などで呼吸が困難になることで中途覚醒が起こったり、その他不眠などの睡眠障害の症状が起こりやすくなるのです。

    中途覚醒にも個人差がありますが、睡眠障害そのものを根本からの改善させる対策に取り組みましょう。
    出典 :睡眠障害の症状の一つ、中途覚醒を改善させる3つの対策 | iGotit
  • 睡眠時無呼吸症候群

     

    これは睡眠時に呼吸が断続的に止まり、一定時間が経つとまた激しく呼吸を繰り返して、
    また呼吸が止まって・・・



    という状態を繰り返す症状です。主に男性に多く見られます。



    ひどいイビキをかいている旦那さん

    原因はアゴの筋肉が弱ってきていることですが、睡眠時無呼吸症候群の対策としては、


    アルコールを控える:アルコールにより喉がむくんで圧迫される


    横を向いて寝る:正面を向いて寝ると、舌が落ちてきて喉につまり酷いイビキや無呼吸になる


    ダイエットする:アルコール同様、脂肪により喉が圧迫される

  • 脳内分泌のセロトニン

  • そもそも不眠になっている原因が、脳内で分泌される「セロトニン」という成分が不足してしまっていることが、実は医学的に証明されています。



    つまり、セロトニンを必要量分泌させることで、自ずと不眠症が解消されていくケースも医学的に証明されています。
    出典 :夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒不眠症」の原因と対策
  • あてはまらない場合は

  • セロトニンとグリシン

  • サプリメント

     

    セロトニンが上がるサプリメントも
    存在しています
    それだけでも改善する事が出来ますよ
    しかし、サプリメントは補助と
    覚えておきましょう

  • グリシン

     

    コチラもサプリメントが販売されています
    中途覚醒にグリシン
    熟眠障害も一緒に発生している場合は
    効果絶大なようです

    しっかりとした睡眠をとって
    中途覚醒を減らし熟睡しましょうね

  • 改善策

  • 夜間の中途覚醒は、血糖値が下がりすぎる時に起こります。
    血糖値が下がりすぎると、エネルギーを維持できなくなるため一定の値まで血糖値を上げようとします。日中であれば食事を摂って血糖値を上げますが、食事を摂れない睡眠中は、交感神経を刺激しアドレナリンを出すことで筋肉などを壊しながらエネルギーを作っています。こうして本来活動していない睡眠時に興奮状態となり、中途覚醒が起こってしまうのです。

    夜間の血糖値を安定させるためには、日中からのケアが必要です。

    •炭水化物摂取量を減らす
    •甘いものをやめる
    •食事は汁物→野菜→タンパク質→炭水化物の順で食べる
    •タンパク質を中心とした間食をする
    •寝る前にホットミルクなどを飲む
    •中途覚醒時にホットミルクやプロテインなどを飲む
    出典 :睡眠障害の症状の一つ、中途覚醒を改善させる3つの対策 | iGotit
  • 自律神経の不調によって中途覚醒を起こす場合、定期的な運動が有効です。運動というのは、運動そのもので体内に酸素を取り込み、全身の血流を良くします。血流が悪いと体温などが不安定になりやすく自律神経の不調を招きます。また筋肉が増えるとすぐに使えるエネルギーを蓄える場所となり、夜間の血糖安定にも役立ちます。

    現代人は肉体を動かすことが少なく、頭ばかりを刺激しています。心身の疲労のバランスが悪くなり、バランスの良い休息もできなくなっています。日常的に身体を動かすことで肉体が気持ちよく疲労します。しかし、急に厳しい運動をすることはお勧めできません。出来る範囲でウォーキングなどを行うとよいでしょう。
    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト