脳トレで日頃から老化予防!あなたの脳年齢を簡単に鍛える無料テスト!

使っているようで使っていないあなたの「脳」!現在は簡単に脳をトレーニングできる、脳トレテストやアプリケーションもたくさん出回っています。賢く使って、脳の老化を防ぎましょう!

view1328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳トレってそもそもどうして出てきたの?

  •  

    子供から大人まではまった元祖「脳トレ」

  • 「脳トレ」という言葉が、世間に広まったのは、NINTENDO DSのゲーム、「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズの発売と大ヒットがきっかけでした。

    この後、「脳をきたえる」「脳トレーニング」「脳力アップ」が話題になりました。

  •  

    脳は使ってあげることで鍛えられます。

  • あなたの「脳年齢」を若返らせる、脳トレテスト

  • どんな「脳トレ」テスト、アプリが人気があるの?

  • パソコン向け、スマートフォン向けなど、様々な手軽にできる「脳トレ」「脳年齢テスト」などが、世の中にあふれています。手持ちのデバイスに合ったアプリをうまく選んで、毎日「脳力アップ」に励みましょう!

  •  

    忘れがちな漢字も今一度勉強できるすぐれもの。

  • 脳力アップに効果的なあれこれ!

  • 脳に必要な栄養はこの6つ

    ●ブドウ糖
    ●脂肪酸
    ●リン脂質
    ●アミノ酸
    ●ビタミン
    ●ミネラル
    出典 :脳力アップのためにできること ~食事編 前半~:タニタ 健康・ダイエットBOOK
     

    バランスの良い食事、脳に必要な栄養素を食事でとりこんであげましょう。

  • 脳には、スローリリース(低GI)食品の方が良いとされます。低GI値のものは食物繊維が豊富。
    野菜、きのこ、海藻類、大豆製品、魚介類、玄米ご飯などがオススメです。
    出典 :脳力アップのためにできること ~食事編 前半~:タニタ 健康・ダイエットBOOK
     

    昔ながらの日本人の食生活に含まれる食物は、脳にいいようですね。

  • お金をかけない脳トレ part 2 - YouTube

     

    昔から、指などを動かしたりまわしたりするのは、脳の活性化に良いとされていますよね。

  • ◆こんな運動が脳に効く!

    <ウォーキング>

    筋トレ以外にも、ウォーキング、ストレッチ、咀嚼(噛むこと)、指の運動なども手軽にできる脳の活性法です。特にウォーキングは、覚醒効果、記憶力・理解力(情報処理能力)、注意力・集中力・意欲(意図的行為機能)に効果があるとされています。
    ウォーキングが脳に良いとされるのは、景色がどんどん変化することで、多種多様な視覚情報が脳に入力されるから。これもまた大脳新皮質を活性化します。それまで側頭葉に保存されていた情報が前頭連合野に転送され、新しいアイディアが創出されるからです。筋トレだけでなく、考えながら歩くことも脳を鍛える効果的な手段といえます。

    <噛むこと>

    しっかり噛むことで、咬筋、側頭筋の筋トレになり、脳への直接的な刺激がいくことと、口の中の感覚神経や味覚、嗅覚が刺激され脳に刺激がいくこと。こうした幅広い情報、刺激が脳に伝わり大脳の広い範囲を興奮させる効果があります。

    <指の運動>

    指先を使うことが脳の活性化につながるといわれています。それは、手の体性感覚野(脳のインプット部分)と運動野(脳のアウトプット部分)の対応領域が非常に広いことから手を使うことが脳へのin outの刺激になるというわけです。ピアノ、フルートなどの楽器演奏も指先を使い、美しい音楽を奏でることにより脳の活性化につながります。
    出典 :脳力アップのためにできること ~食事編 前半~:タニタ 健康・ダイエットBOOK
     

    ウォーキングは手軽な運動ながら、ダイエット、そして脳力アップにも効果的!

  • 脳トレボクササイズ港スポーツ編 - YouTube

     

    ボクササイズも脳トレに良いのですね。消費カロリーも多く、ダイエットにも効果がある、一石二鳥ですね。

  • 無料の脳トレテストや脳トレアプリ、はたまた手軽なウォーキングや運動など、身近にたくさんできることがありますね。さっそく今日から、脳力アップに取り組みましょう!