病気のサインを見逃すな!子どもがかかる恐ろしい病【腸重積】(ちょうじゅうせき)

こどもが腹痛を訴えて泣きやまない。“いつもと痛がり方が違う-”そんなことを感じたら腸重積を疑ってみてください。発見が遅くなると大規模な手術まで発展、死亡することもある恐ろしい病気です。

view850

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 【腸重積】(ちょうじゅうせき)とは…

  • 腸重積症とは、腸が腸の中にもぐり込んでしまうトラブル。大人や大きな子どもにも起こりますが、6カ月~2才ぐらいの子どもに多く見られます。いままで元気だった赤ちゃんが急に不機嫌になって泣き出し、顔色が悪くなってグッタリ。しばらくするとまたはげしく泣き始め……という状態を繰り返します。
    出典 :5つの病気のサイン【腸重積症】 - gooベビー
  •  

    2歳までの子供に多い腸重積。腹痛のために急に機嫌が悪くなることが多く、嘔吐、血便などを伴います。

  •  

    腸が図のように重なり合う状態です。
    原因の多くはまだわかっていません。

  • 発症から24時間以上たつと開腹手術に

  • 腸の中にもぐり込んだ腸は、どんどん奥に入っていき、自然に元に戻ることはありません。奥に入ってしまった部分は、締めつけられているので、血液が止まり、壊死を起こします(腸が死ぬ)。発見が早ければ、肛門から食塩水や空気で圧力をかけて、もぐり込んだ部分を押し出すことができますが、発症から24時間以上経過してしまうと、開腹手術をすることに。手術では、もぐり込んでいる腸を引き出すだけですむ場合と、壊死を起こしている部分を切除してつなぎ合わせる場合があります。後者の場合の手術は大がかりで、2週間ぐらいの入院が必要になります。
    出典 :5つの病気のサイン【腸重積症】 - gooベビー
  • 早期発見!が一番のポイントになりそうです。では【腸重積】を疑うポイントをご紹介します。

  • 周期的に泣く

  •  

    腸重積のポイントは泣き方が周期的であるということ。15分くらいおきに、泣いたり、ケロッとしたり…を繰り返します。

  • それまで機嫌のよかった赤ちゃんが、突然、火がついたようにはげしく泣き出し、しばらくすると、ぐったりおとなしくなります。どうしたんだろうと思っていると、またはげしく泣き出します。
    出典 :5つの病気のサイン【腸重積症】 - gooベビー
  • お腹にシコリがある

  •  

    腸が重なり合っている部分がシコリのようになります。

  • 泣きやんだときにおなかをさわると、フランクフルトのようなしこりがあるはず。それが腸と腸が重なり合っている部分です。腸の中に腸がもぐり込むときに、激痛が走ります。これを繰り返し、腸はどんどん奥に入ってしまうので、周期的にはげしく泣くわけです。
    出典 :5つの病気のサイン【腸重積症】 - gooベビー
  • 嘔吐、血便がある

  •  

    血便が出れば、緊急を要すると思ってください。

  • もぐり込んだ腸に押し戻されるように、ミルクや食べたものを吐き出したり、血のまじった便が出てきます。オムツにいちごジャムのような真っ赤な粘血便が出てきたら、一刻の猶予もありません。即、お医者さんに相談してください。忘れずに便のついたオムツを持参のこと。便の出た時間をメモしておくと、診察がスムーズです。
    出典 :5つの病気のサイン【腸重積症】 - gooベビー
  • ただ病気の始まりには、血便は自然に出ないことが多く、病院で浣腸して初めて出ることも。血便は、最初は粘膜と血液が便の表面についた程度の軽いものですが、しだいにいちごジャムのように真っ赤な便に変わっていきます。
    出典 :腸重積 - gooベビー
  •  

    お腹のシコリや血便は、お医者様の判断でなければわからないことも多いもの。やはり一番のポイントは“周期的に泣く”というところでしょうか。

  • それまで元気であった赤ちゃんが突然火がついたように激しく泣いたり、不機嫌、嘔吐を起こします。顔面は蒼白(そうはく)となります。このような赤ちゃんの状態をいつもの泣き方とは違う、きつそうな顔つきをしていると母親がいうことがあります。
    出典 :腸重積症 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 症状は、突然激しく泣いたかと思うと、突然ケロッとした顔で遊び始め、このようなことを繰り返します。痛みが激しいときとそうでないときがはっきりしているのが特徴です。そのうちこの「泣く→ケロッとする」の間隔が短くなります。
    出典 :腸重積という病気について、かか...【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長
  •  

    お母さんが“いつもの違う”を感じることが、一番のポイントかもしれませんね。

  • 日常生活の中にも、我が子の命を脅かす恐ろしい病気が潜んでいるもの。正しい知識と判断を持ち、“何かおかしい”“いつもの違う”と感じたら、安易に様子を見ず、すぐに掛かり付けのお医者様に相談することをおススメします。