こころの病気で見られる4つの心理症状

こころの病気にはいろいろな症状が見られます。

代表的な4つの心理症状についてまとめてみました。

view417

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  






    気持ちが沈む・楽しい事が無い

  • 抑うつ気分

  •    ⇒ 気分が沈む

       ⇒ 気分が重い

       ⇒ 憂うつだ

  • 意欲低下

  •    ⇒ 何をするにも元気が出ない

  • うつ状態

  •    ⇒ 気分が沈んで、何をするのにも元気がない状態

       ⇒ すべての精神科の病気で起こりうる

       ⇒ 病気の鑑別が重要となる

  • 1週間以上続いたときは医療機関に受診する・・・

  •  






    気持ちが落ち着かない・どきどきして心細い

  • 理由のある不安・緊張・・・正常な情動

  •    ●原因が明らか

       ●一過性である

       ●問題解決への原動力になる

  • 理由の無い不安・緊張・・・病的な情動

  •    ●原因が不明

       ●いつまでも続く

       ●不釣り合いな強さで感じる

  • 不安に伴う身体症状

  •    ●ドキドキする(動悸)        ●身体が震える

       ●胸が締めつけられる         ●ふらふらする(めまい感)

       ●息苦しい              ●手足のしびれ

       ●冷や汗が出る            ●脱力感

       ●頻尿                ●口渇感

       ●不眠                ●頭痛

  • 不安を伴う身体疾患と物質

  •    ◇身体疾患

       ●甲状腺機能亢進症や低血糖などの内分泌疾患

       ●心不全、肺塞栓症、不整脈、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの心血管系・呼吸器系疾患

       ●前庭機能不全、脳炎などの神経系疾患

       ◇物質

       ●カフェインや覚せい剤その他違法薬物の中毒

       ●アルコールの離脱症状

       ●鎮静剤、睡眠薬、抗不安薬などを急にやめた時に生じる離脱症状

  • 不安を伴う「こころの病気」

  •    ●パニック障害

       ●恐怖症(広場、高所、閉所、動物、暗闇、など)

       ●全般性不安障害

       ●PTSD

       ●強迫性障害

       ●うつ病

       ●統合失調症

       ●心気症(身体表現性障害)

  • 病的な不安を感じたら ⇒ 精神科、心療内科で診断を受ける

  •  






    イライラする・怒りっぽくなる

  • 怒りとは・・・

  •    自分の思い通りに状況や物事がならない時に生じる情動

  • 病的な怒りの特徴・・・

  •    ●易刺激性 ⇒ 些細なことでもすぐに不愉快な態度で反応する

       ●易怒性 ⇒ 些細なことですぐに怒る

  • 焦燥感・易刺激性・易怒性をくり返す・・・

  •    ●原因、理由が見当たらない

       ●数ヶ月、数年に亘ってくり返し見られる

       ⇒ 医療機関への受診を検討する要あり

  •  






    誰もいないのに声が聞こえる

  • 幻聴の様子は・・・

  •    ①確かに聞こえるか

       ②どんなときに聞こえるか

       ③どんなふうに聞こえるか

       ④どんな内容が聞こえるか

       ⑤どんな気持ちになるか

       ⑥行動が影響されるか

  • 幻聴が現れる疾患

  •    ⇒ 統合失調症

       ⇒ PTSD

       ⇒ 薬物依存

  • 幻聴を感じたら・・・早期診断・早期治療が大切です

  •    ●保健所、精神保健福祉センターなどの公的機関

       ●精神科、心療内科などの医療機関