妊娠後期になるとお腹も大きくなり、【恥骨】痛で悩まされることが多くなってきます・・・

妊娠後期になってお腹が前に出っ張ると体のバランスが悪くなることやホルモンの関係で骨盤が緩んできます。これに恥骨が影響されて開き、結構激しい痛みを伴うようになるのです。
出産後は自然と治るというのだが、実はそうでない人もいるらしい・・・

view6518

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【恥骨】の場所はどこ?

  • 【恥骨痛】はなぜ起きる?

  • 新宿|妊婦と恥骨痛について|西新宿肩こり腰痛整体院 - YouTube

  • 妊娠中の恥骨痛の代表的な原因は、
    赤ちゃんを出産しやすくするように骨のつなぎが弱くなり、骨盤が広くなろうとします。
    また、元々恥骨部分には、
    多くの筋肉や筋がありますし、赤ちゃんがお腹の中で大きくなるに従って、お腹の筋肉などにも、負担がかかってきます。
    それにより、張りや、緊張などが影響し、激痛などの症状が出ることが多いのです。
    出典 :恥骨痛
  • 臨月に入ってからのお産が始まる兆候&サインには、恥骨に痛みがあることがあげられるのです。 女性の恥骨は、左右の結合部が開いたり閉じたりできる仕組みになっているのです。 出産が近づくことで、赤ちゃんの頭を通りやすくなるように結合部が開くことで軽い痛みが生じてくるのです。
    出典 :お産が始まる兆候&サイン - 臨月期間 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
     

    神秘的ではあるのですが・・・・
    激痛がある人にとってはねえ・・・

  • 産後の恥骨痛について - YouTube

     

    大抵の人は産後に【恥骨痛】は治まるのですが、中には産後も痛みが続く事があります。

  • どうすれば【恥骨痛】が軽くなるの?

  • 痛みがひどい時は安静にして筋肉を休ませてあげましょう。痛みがあるときはゆっくり温かいお風呂に入ったり、遠赤外線をあてたりして筋肉を温めると痛みが和らぐこともあります。動ける時は少しでも動くようにしましょう。ずっと休んでいては腰や背中の筋力が弱くなってしまい、悪化してしまう事もあります。
    出典 :妊娠中の腰痛対策と恥骨痛対策-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    温めるのがいいようです。

  • 妊娠中や産後の恥骨痛の治療方法としては、産婦人科などでの診察をお願いし、妊婦用のコルセットや
    骨盤固定ベルトでの治療法が一般的です。
    激痛などの症状が現われた場合、妊娠中はどうしても、完全に恥骨の痛みをとるというは難しいかもしれませんが、痛みを和らげることには、ある程度効果があります。
    また、寝るときの姿勢や寝返りをうつ場合に、ひじを使って体全体で寝返りをするなどすれば、
    少しは痛みを軽減することができるかと思われます。
    出典 :恥骨痛
  • 【恥骨痛】の予防方法ありますか~?

  •  

    骨盤ベルトには多くの種類がありますので、主治医の先生に相談してから決めた方が良いですね。

  • 恥骨が痛いと感じていても実はそのあたりの筋肉が張っているということも考えられるようです。 一番てっとり早い対策としては、骨盤サポーターとかベルトを巻くこと。すこしでもおなかの重みを サポートしてあげると、私の経験からも結構楽になります。 もしも歩いただけでもズキズキ響くように痛いとか激痛に苦しむような場合は、一度受診されることを おすすめします
    出典 :恥骨の痛みや妊娠中や産後の恥骨痛に悩んでいる方へ:主婦の困った!お答えブログ
  • 日常生活で気をつける事はありますか?

  • ①日常生活での姿勢に気をつける
    □横座り、ペタンコ座り、足組みをしない
    □赤ちゃんを骨盤に乗せるように抱いて、片足だけに体重をかけないようにする
    □左右どちらか同じ方向ばかり向いて、横見向きに寝ない

    ②産後にウエストニッパーを使用しない
    →ウエストニッパーで骨盤の上部を圧迫すると、お産の後の緩んだ骨盤が歪みやすくなる
    出典 :腰痛・恥骨痛・尿もれ・痔:お産ガイド