女性のQOL(生活の質)を低下させる婦人科疾患【卵巣チョコレート嚢胞】

子宮内膜症が卵巣に発生した病変を
チョコレート嚢胞というものがあるのです
まとめてみました

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • チョコレート嚢胞とは?

  •  子宮内膜症性卵巣嚢胞(しきゅうないまくしょうせいらんそうのうほう)ともいいます。子宮内膜症は、本来子宮の内面をおおっている子宮内膜と同様の組織が、子宮の内面以外の部位にできる病気です。子宮内膜症は骨盤内にできることが多く、腹膜、卵巣に病巣を形成することがよくあります。ほかに、膀胱、直腸などの腸管、肺、皮膚にもできることがあります。
    出典 :チョコレート嚢胞 - goo ヘルスケア
     

    どこにでも出来るイメージですね

  •  卵巣に病巣を形成した子宮内膜症が進むと、卵巣内に嚢胞を形成します。この嚢胞内に主として月経の時に出血を繰り返すことにより、内腔に古い血液がたまったものが子宮内膜症性卵巣嚢胞、すなわち、チョコレート嚢胞です。エストロゲンに依存する疾患であるため、初経から閉経までの生殖可能年齢の女性に発症します。
    出典 :チョコレート嚢胞 - goo ヘルスケア
  • 原因は何?

  • 「子宮内膜症」ができる原因は解明されていません。「月経血が腹腔内に逆流する説」と「腹膜が子宮内膜に変化する説」が有名ですが、これらで説明できないケースもあります。 また、「子宮内膜症」は女性ホルモンの影響を大きく受けており、初経の低年齢化や少子化により月経の回数が増えることが「子宮内膜症」の増加に関与していると考えられています。「子宮内膜症」は、初経後の10代から発生する可能性があり、30代をピークに性成熟期の女性の約10%が持っていると推察されています。
    出典 :さくら女性クリニック
     

    原因不明なのです・・・

  •  

    内膜症はおもに下腹部の骨盤内部、子宮、卵巣、ダグラス窩、腹膜の表面などにできやすい。子宮以外の場所にできることを子宮内膜症というが、子宮の筋層にできると子宮腺筋症といって子宮の病気となる。病変は散らばっていることが多い。

  • 症状の現れ方はこう!

  •  症状としては月経痛、慢性骨盤痛、性交痛などの疼痛があるほか、不妊症の原因にもなります。まれですが、破裂した場合は激痛を伴います。また、卵巣がんが発生することもあります。
    出典 :チョコレート嚢胞 - goo ヘルスケア
  • ・年々ひどくなる月経痛(←年々癒着が進むので)
    ・月経時以外にもおこる下腹部痛・腰痛(←さらに癒着がすすむと・・・)
    ・排便痛(←直腸と癒着すれば・・・)
    ・不妊(←卵胞の成長が妨げられるから)
    などです。
    出典 :2/2 チョコレートのう腫ってなあに? [婦人病・女性の病気] All About
  • 治療法はコレ!

  • まず症状。次に内診、直腸診で診察し、エコーをするという流れになるようです。また血液検査でCA-125というマーカーを調べたり、場合によってはMRIをとったりします。
    (ただ、卵巣がんとの区別がむずかしいこと、チョコレートのう腫をほっておくと卵巣がんを引き起こしたりすることもあるので、チョコレートのう腫がみつかったら手術もすこし念頭においたほうがいいかも。)
    出典 :2/2 チョコレートのう腫ってなあに? [婦人病・女性の病気] All About

  • チョコレート嚢胞で手術が望ましいのは・・・

    1.月経痛、排便痛などの症状が強い場合
    2.嚢胞の直径が5~6cmを超える場合
    3.不妊症の場合
    4.40歳以上の女性
    出典 :健康歳時記【春号】:健康相談室:チョコレート嚢胞の治療法について
     

    ここは要チェック

  • ・ホルモン療法
    基本的には「子宮内膜症は本来起こるところ以外で起きる月経」なので、生理をある一定期間止めてしまおうというコンセプトですね。ここで質問です。女の人で、自然に生理がとまる状態とはいつでしょう?妊娠したときと閉経したときですね。ですから、ホルモン療法も2種類です。一つが「偽妊娠療法」もうひとつが「偽閉経療法」です。こう考えると簡単ですね。
    出典 :2/2 チョコレートのう腫ってなあに? [婦人病・女性の病気] All About
  • ホルモン療法の効果は一時的なのと、副作用もあって3~6ヶ月ぐらいがせいぜいで、また、薬を止めるとまた再発してしまうことも多いので、手術の前後に患者さんの体調をよくする為に一時的に使ったり、また、一時的に病巣を少し小さくして妊娠率を高めるといった目的で使われることが多いようです。
    出典 :2/2 チョコレートのう腫ってなあに? [婦人病・女性の病気] All About
     

    副作用もあるのですね・・・

  •  

    薬物療法には、「低用量ピル」、「プロゲスチン経口剤」、「GnRHa療法」などがあります。「現時点で妊娠を望まない、4cm以下の卵巣チョコレート嚢胞を認める女性」には「低用量ピル」が最適です。他のホルモン剤と比べて副作用が少なく、長期間使用できるのが特徴です。一方、「喫煙をしている女性、肥満・高血圧・糖尿病などの合併症のある女性」には「プロゲスチン経口剤」が適応となります。