手関節捻挫についてのまとめ

足だけじゃない、手を捻挫することも多いですよね。この記事ではそんな手首関節捻挫についてまとめてみました。

view2469

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手関節捻挫ってどんな症状?

  • 手関節捻挫は、手をついたり、ひねったりして、手関節部に疼痛が生じる軟部組織損傷で、いくつかの病態があります。そのなかのひとつにTFCC損傷があります。TFCCとは、尺骨頭(しゃっこつとう)と尺側手根骨(しゃくそくしゅこんこつ)の間にある三角線維軟骨(さんかくせんいなんこつ)、メニスカス類似体、尺側側副靭帯(しゃくそくそくふくじんたい)などの複合体のことで、日本語では三角線維軟骨複合体といいます(図33)。
    出典 :手関節TFCC損傷と手関節捻挫 - goo ヘルスケア
     

    図33は以下

  • 図33

     

    三角線維軟骨複合体 (TFCC)

  • 手関節捻挫の原因

  • 手首を捻挫することも、多いです。スポーツをしている人だけでなく、転んで手首を地面についてしまったため、捻ってしまう、挫いてしまうなどして、捻挫してしまう時もあります。手首を捻挫すると、生活をしていくうえで、制限されることが多くなり、不便になってしまいます。
    出典 :手首の捻挫 - 捻挫(ねんざ).com
  • ① 転倒により手掌を突いて痛めるケース
     転んで手を突いたときに、手関節の背屈が強制され、自身の体重が手関節に負荷を与えます。これにより、靱帯や軟骨などの周囲組織を損傷します。 大半は、橈骨手根関節や手根中央関節を損傷し、圧痛や腫脹も同部の背側に生じますが、手関節尺屈位で手掌を突いた場合は、手関節尺側に存在する三角線維軟骨複合体や下橈尺関節の損傷が多くなります。
    出典 :手関節捻挫
     

    手をついたときなどに痛めてしまうそうです

  • ② 手関節に打撃や衝撃を受けるスポーツや作業により痛めるケース
     ボクシングや空手などでは、パンチや突きなどにより手関節を痛めることがあります。また、大型ハンマーなどで固いものを打ち砕くような作業でもみられます。これらのケースでは、手首を支える筋・腱・靱帯の支持力が弱い、あるいはパンチや突きの際の手の姿勢が悪いなどの根本的原因が存在することが多く、それら根本的原因を改善しないと、反復性(習慣性)の捻挫に陥る危険性があります。
    出典 :手関節捻挫
     

    スポーツをしているときにやってしまうことも多いみたいです

  • ③ 手関節を強く捻られて痛めるケース
     柔道やレスリングなどの試合や練習で手関節を捻られ、または逆手にきめられて痛めるなどで起こることがあります。 また、一般的な日常では、荷物などを持ち上げる際に、手首が重さに負けて捻挫するなどのケースが考えられます。
     回内または回外による捻転では、三角線維複合体を損傷することが多く、過屈曲または過伸展により発症したものは、橈骨手根間関節や手根中央関節を損傷することが多いようです。 また、強い尺屈では、伸筋腱や橈側の腱鞘(けんしょう)を痛めることもあります。
    出典 :手関節捻挫
     

    捻ってしまうこともあります

  • 捻挫の重症度の判断方法

  • 以下は足首の捻挫の場合の度合いですが、手首でも同じように考えられると思います

  • 損傷の程度を3段階に分けると、治療やリハビリテーション法の決定に有用です。
    出典 :スポーツの鉄人に聞け! - 鉄人に聞け!|足関節捻挫|メディカル編
  • 1度
    靱帯の微細損傷や軽度の圧痛があるが、いわゆるちょっとひねった程度であるため、当日もしくは2~3日で競技復帰が可能な状態。歩行や軽い走行も可能。
    出典 :スポーツの鉄人に聞け! - 鉄人に聞け!|足関節捻挫|メディカル編
  • 2度
    靱帯の部分断裂で圧痛、腫脹が強く、歩けるが走れない。競技復帰まで2~3週間かかる。装具やテーピング、副木固定が必要です。念のために医療機関でチェックを受けてください。
    出典 :スポーツの鉄人に聞け! - 鉄人に聞け!|足関節捻挫|メディカル編
     

    このような症状になってくると、なかなか完治までも時間がかかるみたいです。

  • 3度
    完全な靱帯断裂で圧痛、腫脹、熱感、皮下出血が強く、自分で歩くのがやっとです。競技復帰まで1~2ヵ月を要します。医療機関での治療(ギプスや装具による強固な固定、もしくは断裂靱帯の縫合手術)が必要です。
    出典 :スポーツの鉄人に聞け! - 鉄人に聞け!|足関節捻挫|メディカル編
     

    とっても重症です

  • 手関節捻挫をやってしまったときの対処法

  • 長母指伸筋腱の断裂を生じたら、まず母指伸展位で40日ぐらい固定をします。その後は、低周波やマッサージを施行して患部の代謝を高めながら経過を観察します。
    出典 :手関節捻挫
  • 急性期では受傷部位を確認し、RICE処置にのっとってスプリント(副木)、包帯、テーピングによる固定、アイシングを行い、患肢挙上により安静を保ちます
    出典 :スポーツの鉄人に聞け! - 鉄人に聞け!|足関節捻挫|メディカル編
     

    安静が一番みたいです

  • Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。
    出典 :RICE処置:CramerJapan
     

    RICE処置がわからない人は参照元のURLを見てみてください

  • 手首テーピング

     

    動画で説明してくれています

  • アイシングの方法

     

    ※引用元にくわしく書いてあります

    ①ビニール袋と氷を用意する。

    ②氷を平らにして中の空気を抜く。
    *ポイント:怪我をした部位の凹凸面に密着するために、ビニール袋の空気を抜いてから形をそろえましょう。

    ③痛い部位にあてる。

    ④圧迫の意味もあり固定する。
    *ポイント:圧迫・挙上。