妊娠、出産に関わるトラブルについてのまとめ

妊娠や出産時のトラブルについてまとめました。事前に知っておくと冷静に対処できます。

view273

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後うつの原因ははっきりとわからないことが多いものの、出産を境に起こる急激な女性ホルモンの変化が、心に影響を及ぼす要因のひとつになっているといわれています。マタニティブルーも原因は同じですが、文字どおりブルーな気持ちになる程度で、ごく一時的。たいていは産後すぐから始まり、数日間から2週間程度でいつのまにか終わっています。

    一方、産後うつは多くの場合、お産の2~3週間後から始まって、最低でも1カ月間、長いと1~2年と年間単位で起こり、日常生活の中でいままでできていたことができなくなるなどのうつの症状や、食欲がわかないなど身体症状が出てくるのが特徴です。また、一過性のマタニティブルーと違い、産後うつは心の病気のひとつなので、症状によって軽度、中等度、重症度の大きく3つに分けられます。

    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
     

    産後うつとマタニティーブルーは異なります。

  • 産後2~3日目になると、わけもなく涙が出てきたり、家族のちょっとした言葉が気にさわって悲しくなることがあります。これが「マタニティブルー」と呼ばれているものです。

    出産を境にして、いままで盛んに分泌されていた女性ホルモンが急激に低下し、ホルモンの状態がガラリと変わるため、自律神経系に影響し、感情の変化として本人の自覚のあるなしにかかわらずあらわれます。そのほかにも、分娩や慣れていない育児の疲れ、睡眠不足、家でひとり育児にとり組まなければならない孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になるのです。主な症状は、情緒の不安定で、不眠や食欲不振、軽いウツ状態になったりもします。夕方になるとわけもなく涙が出てしまう人も。しかし、ピークは産後2~3日目で、産後1カ月くらいになれば消えていきます。

    これはめずらしいことではなく、多くの女性がマタニティブルーの経験をしているものです。特に、性格的に責任感の強い人や完壁主義の人は、マタニティブルーになりやすく、育児ノイローゼに移行することもありますが、まずは、妊娠中のつわりと同様、生理的に働くものと考えていいでしょう。

    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
     

    マタニティブルーはいずれ治まりますので安心しましょうね。

  • 生後3ヵ月までの赤ちゃんはホルモンの影響で皮脂が多いため、湿しんができやすい状態にあります。また、食べこぼしや汗、よされなどの刺激で症状が悪化することも。湿しんは口のまわり、頬、頭などにできやすいので、常に清潔を保ち、保湿を心がけることが大切です。

    出典 :赤ちゃんの肌トラブルを防ぐには?【湿しん編】 - gooベビー
     

    うまれたばかりの赤ちゃんは特に清潔にしてあげましょう。

  • ウイルス感染

    サイトメガロウイルスや単純ヘルペスウイルス、麻疹や風疹ウイルスによる感染症があげられます。感染すると、流・早産やIUGRなどの可能性が高くなります。特にサイトメガロウイルスは抗体保有率が低下して感染が増加する傾向にあります。

    出典 :感染症 - gooベビー
     

    妊娠期には気を付けたい病気です。

  • カンジダ

    カビの一種であるカンジダがふえて起こります。抵抗力が低下している妊娠中はなりやすいといわれています。外陰部の強いかゆみと、ポロポロしたおりものが特徴。出産までに治らないと、赤ちゃんの口の中にカンジダ菌が感染し、授乳がむずかしくなることも。

    出典 :感染症 - gooベビー
     

    異変を感じたら、お医者さんへ相談しましょう。

  • 細菌性膣症

    なんらかの原因で腟内の細菌叢のバランスがくずれた状態で、特に症状がないことも。感染が広がることで子宮内膜炎や産褥熱などを引き起こします。早産のリスクは感染がない場合に比べて2倍以上になり、流産の可能性も高くなることがわかっています。

    出典 :感染症 - gooベビー
     

    症状がないこともあるみたいです。

  • クラミジア

    若い女性を中心に広がり、性感染症のうち70%を占めています。自覚症状はほとんどないことが多く、流・早産の原因となるため、妊婦健診で検査を行います。出産時に産道で赤ちゃんに感染すると、肺炎や結膜炎を起こすことがあります。

    出典 :感染症 - gooベビー
     

    きちんと検査を受けましょう。

  • 「感染症」に関する解説
    赤ちゃんへの影響は、場合によってあります

    感染症によっては影響がほとんどないこともありますが、内臓の障害や発育の遅れが出ることも。子宮内まで感染すると破水や早産に、産道で感染すると生まれたあとに後遺症が残る可能性があります。

    出典 :感染症 - gooベビー
     

    母体への影響は、場合によってあります

    多くの感染症で、流産や早産になりやすい、前期破水から帝王切開になる可能性が高くなるなどの影響が見られます。また、水ぼうそうや麻疹では、肺炎を合併することがあります。

  • 「重度の妊娠悪阻」に関する解説

     

    自覚症状はあります

    吐きけ、嘔吐がつづき、食事だけでなく水分もとれないような状態になります。その結果、体重が減っていくことに。ただし嘔吐が起こる病気は、悪阻以外にもあります。自己判断せず、きちんと診断を受けましょう。

  • 「常位胎盤早期剥離」に関する解説
    なりやすい人
    1.妊娠高血圧症候群 2.腹部への衝撃(交通事故など) 3.羊水過多 4.感染症

    出典 :常位胎盤早期剥離 - gooベビー
     

    常位胎盤早期剥離は、なぜ起きるのかがまだわかっていないため、予防することもできません。

  • 「前置胎盤」に関する解説
    なりやすい人

    1.高齢妊娠 2.出産経験が多い 3.多胎妊娠 4.これまでの妊娠で前置胎盤の経験がある 5.前回帝王切開で出産 6.喫煙者。

    出典 :前置胎盤 - gooベビー
     

    受精卵が着床する位置をコントロールすることはできないため、予防することは不可能です。

  • 「貧血」に関する解説

    妊娠すると、おなかの赤ちゃんに優先的に鉄分が送られるので、お母さんの鉄分が不足します。さらに、血液中の血漿量はふえるものの、赤血球などの成分はそのままであるため、結果として血液が薄まった状態になります。

    出典 :貧血 - gooベビー
     

    積極的に食事から鉄分をとるようにしましょう。レバー、かつおなどの赤身の魚、あさり、小松菜、ひじきなどは鉄分の多い食材です。ビタミンCやビタミンB6、葉酸などをいっしょにとるようにすると、吸収率がアップします。

  • 「妊娠糖尿病」に関する解説
    自覚症状はありません

    糖尿病の初期のうちは、自覚症状はほとんどありません。のどが渇いて水分を多量にとったり、尿の量が多くなるといった状態になるのは、かなり進行してからです。「なりやすい人」の項目にあてはまる場合は、特に注意を。

    出典 :http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/shinpai_mama/14/02.html
     

    予防はできます

    カロリーオーバーの原因となる食べすぎをなくし、バランスのよい食生活を送ることで、予防はできます。また、筋肉が少なくなって脂肪が多くなると、基礎代謝も低下して太りやすくなるため、適度の運動も必要です。

  • 「妊娠高血圧症候群」に関する解説
    自覚症状はないことがほとんどです

    頭痛や目の前が暗くなるなどの症状が出ることもありますが、自覚症状はないことがほとんどです。32週以後に発症する「遅発型」でも重症にならないとはいえないので、定期的に血圧測定を受けることがたいせつです。

    出典 :妊娠高血圧症候群 - gooベビー
     

    予防はできます

    肥満の人や塩分をとりすぎている場合は、妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。また、疲労やストレスも原因に。バランスよく低カロリーで薄味の食事と、規則正しい生活、気分転換を心がけて。

  • 逆子

     

    出産が近づくと、多くの場合、おなかの中の赤ちゃんは体の中でいちばん重くて大きい頭を下にした姿勢(これを頭位といいます)をとるようになり、出産のときも頭から先に生まれてきます。ところが、この頭位とは反対に、おなかの中でおしりや足を下にした姿勢のことを、「逆子」(骨盤位)といいます。