離乳食にはちみつはダメ!【一歳未満児にはちみつ】死に至る危険性も

1987年に当時の厚生省から「1歳未満の乳児にはちみつを与えないように」という勧告が出されました。
これは「はちみつ」の中にボツリヌス菌が含まれている場合があり、これを乳児期の赤ちゃんが摂取すると、ボツリヌス中毒を起こす危険性があるからです。

view837

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 離乳食として、また風邪気味だから、と乳児に「はちみつ」を与えていませんか?

  • 1才以下の赤ちゃんには、はちみつを与えてはいけない

  • ボツリヌス菌

     

    極めて毒性の強い菌で、通常は土や泥の中などに存在し、酸素がない状態で増えることができる性質をもつ菌

  • この菌による食中毒は、欧米では古くから「腸詰め中毒」として恐れられ、適切な治療を受けないと死亡率が30 % 以上といわれる恐ろしい食中毒です。
    出典 :食中毒を起こす微生物 ボツリヌス菌|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
  • こわい!

  • 「はちみつ」の中にはハチが運んでくると思われるボツリヌス菌が含まれている可能性がある

     

    日本で生産されるはちみつの5~10%程度にボツリヌス菌が混在すると言われています。海外のものはもっと多いとされています。

  • 20回ハチミツを買えば、1本はボツリヌス菌が入っているものに当たる確率になります。
    出典 :1歳未満の赤ちゃんに食べさせてはダメ!・はちみつマニア
  • もし、生のはちみつを与えるとこんな危険性が...

  • 『乳児ボツリヌス症』

     

    乳児ボツリヌス症の症状
     □ 潜伏期間は3~30日
     □ 3日以上便秘が続き、元気が無く、眠りがちになります。
     □ 死にいたる事もあります。

  • 乳児に起こる場合は大人と違って、菌の中の芽胞(耐久性の高い細胞構造で、育つ環境が悪化すると作られ、よくなると発芽する胞子)が乳児の腸管に入り、大腸で増殖して毒素を産生するためと言われています。1歳を過ぎると芽胞が入っても乳児のように増殖しないので問題にはならないようです。
    出典 :http://www.shimajiro.co.jp/kosodate/clinic/disease/08/post-378.html
     

    実際はボツリヌス「菌」ではなく菌の中の「芽胞」が原因ということですね。

  • はちみつの容器ラベルを見ると注意書きが書いてある

     

    注意『はちみつは1歳未満の幼児には、食べさせないでください』とちゃんと書いてあります

  • これは1987年に当時の厚生省から『蜂蜜製品を乳児に与えるべきではない』という指導がなされたことから、付けられている表示です。
    出典 :1歳未満の赤ちゃんに食べさせてはダメ!・はちみつマニア
     

    これ以降、『乳児ボツリヌス症』の症例が減ったようです

  • はちみつ入りのカステラを食べさせちゃった!大丈夫?

  •  

    ボツリヌス菌の中の芽胞は熱に強いため煮沸消毒(100度)しても死滅しないそうです。
    十分な熱処理(120度で数分)が必要とされています。

    カステラであれば十分加熱されていると思われますので、問題はないでしょう。

  • ただし、ちょっと加熱しただけのはちみつは厳禁!

  • お母さん、「一歳未満児にはちみつ」は厳禁です

     

    知らないお母さんがもしいたら教えてあげましょう