肌トラブルから守るコツは3歳までにあり!?美肌を育てるベビーのスキンケア術☆

一生ものの美肌を育てるベビースキンケアは
3歳までがとても大切だと言われています!
大人の肌に比べてずっとデリケートなのが
赤ちゃんの肌なのです☆

view583

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの肌はとてもデリケートでカサつきやすい!!

  • 赤ちゃんのデリケートな肌、服がほっぺにふれることさえ気をつかう。
    ひじ・ひざの内側、太ももが、いつもカサカサしていてかわいそう。
    気をつけていても、おむつや衣類の当たる部分が、カサつきトラブルをくり返しがち。
    出典 :花王 キュレル【Curel】 赤ちゃんのスキンケア
     

    とてもデリケートなのが分かりますね!

  • 赤ちゃんの皮膚は、大人の約半分の薄さ。
    そのため、 外部刺激を受けやすく、
    また、皮膚を乾燥から守る皮脂の量が、
    生後2か月からぐんと減り、
    10歳頃まで乾燥した状態が続きます。
    出典 :花王 キュレル【Curel】 赤ちゃんのスキンケア
  • 3歳までのスキンケアが一生を左右する!

  • 皮膚科の先生によると、3歳までにしっかりスキンケアすることで、
    きれいな肌をキープする力がつき将来の美肌にもつながるんだそうです。

    でも実は賛否両論あるようです
    赤ちゃんのスキンケアについては、やったほうがいいという話と
    やらないほうがいいという話、賛否両論あるようです。
    ベビーパウダーも赤ちゃんの汗腺を塞ぐのであまりしないほうが良いという話も。
    ただ、保湿だけはしてあげたほうが良いようです。
    出典 :赤ちゃんのプリプリお肌を守ってあげるためのスキンケア術 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
  • みんなに聞きました。ベビーのスキンケア、どうしてる?

     

    左のグラフのように「gooベビー」読者のうち、
    子どもに毎日スキンケアをしている人はたった25%。
    ママたちの75%は日常的なスキンケアはしていないようです。

    また、子どもの肌でとくに気になるトラブルは、
    あせもや湿疹、日焼け、乾燥など様々です。
    中にはこんな声も。「赤ちゃんのスキンケアは、
    “したほうが良い”という人と“しないでおいたほうが良い”
    という人がいて実際どうしたらよいか分からない。
    きれいな肌に育ててあげたいのですが…」
    「赤ちゃんの肌って、とにかく汗やよだれで汚れる。
    ほっておくと、かぶれや湿疹になってしまう。
    かさかさなどはしてないので、そういう場合も
    ローション等でケアしたほうが良いのか分からない」
    など、赤ちゃんのスキンケアをどうしたらよいのか、
    迷っているママも多いようです。

  • なぜ赤ちゃんの肌にスキンケアが必要なの?

  • ところが、この世界はほこりや紫外線、乾燥と、
    肌にとって刺激となるもので満ちあふれています
    赤ちゃんの肌は、胎内から出たとたん、
    一気にそれらの刺激にさらされるのですから、
    いつ肌トラブルが起きてもおかしくないのです。

    そんな赤ちゃんの肌をママの胎内に代わって守り
    成長を助けるには、スキンケアのサポートが必要です。
    生後できるだけ早くからお手入れを始めるのが理想的ですが、
    遅すぎるということはありません
    今からでも早速、スキンケアを始めてください
    出典 :赤ちゃんの肌を守って育てる『基肌育のススメ』|ナチュラルサイエンス:低刺激コスメ・スキンケア通販
     

    スキンケア始めてみましょうね!

  • 毎日お風呂に入れて、清潔に!!

  • 赤ちゃんは新陳代謝が激しいので、毎日お風呂に入れます。
    夏場は汗をかきやすいので、
    朝、晩と1日2回入れてもいいでしょう。
    石けんは夜のみで大丈夫です。

    特に首の後ろや脇など、皮膚が重なっている部分は
    汚れが付着しやすいです。しっかり洗いましょう。
    ガーゼで洗いにくければ、綿手袋を使うと洗いやすいです。
    使う石けんは自分のお子さんにあます。切るタイπいいですが、
    弱酸性のものがおすすめです。
    しっかり泡を立てて洗うようにします。
    出典 :赤ちゃんのスキンケア [新生児育児] All About
  • ローションかクリームで保湿!

  • 赤ちゃんのスキンケアで病院で保湿剤を
    出されることがありますが、主に3種類あります。
    1.ヘパリン類似物質
    2.尿素(商品名:ウレパールローションなど)
    3.ワセリン、プロペトなどです。 

    1→3といくにつれて油分が多くなり、乾燥を防げます。
    市販のものだとベビーローション→ベビークリームか馬油になります。
    出典 :赤ちゃんのスキンケア [新生児育児] All About
     

    病院でも保湿剤をもらえるのですね!

  • ラベンダーウォーター

     

    ローションはさらっとしていますが、
    水分が多いので気化するときに
    余計乾燥することもあります。
    肌に合うか合わないかは直接つけて
    みないとわかりません。
    ごく少量を赤ちゃんの頬につけて、
    反応を見てみましょう。
    赤みや浸出液が出てきている場合は、
    市販のベビークリームでは治りにくいので、
    病院で軟膏をいただいたほうがよいと思います。

    夏場で汗疹が目だってきたら、桃の葉ローションやラベンダーウォーターなどを適量をつけましょう。

  • ワセリンを塗っておけば間違いない!

  • 余計なものが入っていないので、保湿にはとにかくワセリンと
    皮膚科の先生も勧めているんだそうです。
    とくに乾燥しやすい秋冬にはワセリンを塗ってあげましょう。
    出典 :赤ちゃんのプリプリお肌を守ってあげるためのスキンケア術 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
  • すぐに始められる、ベビーのためのスキンケア方法!!!!

  • なんといっても基本は「キレイに洗って」「しっとり保湿する」こと。
    汗をかいたら早めにシャワーでさっと流したり、
    絞ったタオルでやさしく拭きましょう。
    また、食事の後などは口のまわりの汚れをキレイにします
    。肌をいつも清潔に保つよう心がけるのが大切です。
    ただし、洗浄剤は1日1回まで。使いすぎると肌が乾燥し、
    トラブルのもとになります。
    出典 :一生ものの美肌を育てるベビーの「スキンケア」基礎知識 - gooベビー
  •  

    肌をきれいにしたら、しっかり保湿。
    朝晩だけでなく、きれいにするたびに
    “保湿”と思っておけば間違いありません。
    お風呂の後はもちろん、口のまわりを拭いた後や
    オムツを替えたときも保湿してあげましょう。
    拭かれるたびに肌のうるおいは奪われてしまうのです。
    こまめな保湿ケアをお忘れなく!