腹斜筋を鍛えてスッキリボディになる

ダイエットで肉が付きやすい場所の一つでもある腹部。ここの筋肉を鍛えることによりスッキリした強い体を作るにはどんなエクササイズが良いのか調べてみました

view2676

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 腹斜筋はどのあたりの筋肉?

  •  

    まずは腹斜筋がどのようなものか知っておきましょう

  • お腹の筋肉には、腹直筋(ふくちょっきん)、外腹斜筋(がいふくしゃきん)、内腹斜筋(ないふくしゃきん)、腹横筋(ふくおうきん)の4つが腹壁を形成しています。

    この4つの筋肉は、広い範囲を覆っていて重なり方も独特である。また、筋線維の方向(縦、横、斜め)もそれぞれ異なっている。 これは、お腹の内部を安全にしっかりと保護するために必要な形成です。 
    出典 :筋肉とふれあう/腹部~腰部 「健幸スポット プルミエイル整健堂」
     

    腹斜筋には外腹斜筋と内腹斜筋があるようです。

  • この筋肉は、肋骨の外側から斜め下に向かい腹直筋についている「外腹斜筋」と骨盤から肋骨へ斜めに向ってついている「内腹斜筋」と2つの筋肉の総称を言います。つまり、腹直筋よりも後ろ(深い)部分についています。この両者は、主に胴体を回転させるときやひねりを加える時に働きます。
    出典 :3/4 目指すは「ムダのないフェミニンなウェストライン!」 [エクササイズ] All About
     

    体を捻ったりするエクササイズをする時に働くのが腹斜筋ということですね。

  • くびれを作る腹斜筋エクササイズ

  • 内臓が下に落ちてくると大腸を圧迫して便秘になりやすいです。ウエストが中々細くならないのはウエストと内臓との関係が非常に深いんです。


    脂肪は活動的でない所が大好きなんです。体全体が活動的でなければ、脂肪は全身に付きます。お腹に脂肪が残りやすいのは、内臓の働きと内面温度が低くなりやすいので、活動的になりにくく脂肪が残ります。
    出典 :ウエストのくびれの作り方!
     

    くびれと内臓の関係は知っておいた方がいいかもしれません。

  • ウエストのくびれを作るシェイプアップは内臓の働きもアップするエクササイズをすることが、一番効果的なんです
    出典 :ウエストのくびれの作り方!
     

    単にウエストにくびれを作るだけでなく、健康的な体を維持するためにも腹斜筋を鍛えることは大切です

  • 腹部の両サイドをカバーするのが、腹斜筋。ここが弱いと脇腹がたるんで、くびれもなくなってしまいます。腹斜筋は体をひねるときに働く筋肉なので自重やダンベルを負荷にして、体を曲げたり、ひねったりしながら腹斜筋を刺激しましょう。
    出典 :くびれドットコム くびれ 筋トレ 腹筋編 その2 腹斜筋
     

    脇腹のたるみを解消するためには少し苦労することも必要ということでしょう

  •  

    腹斜筋を鍛え、くびれを作るためには腹筋エクササイズをするのではなく、体を捻るようなエクササイズをすることが大切です。

  • ねじりを加えた「くびれ」に効くエクササイズ | Slim Tummy Exercises - YouTube

     

    簡単な方法ですが、腹斜筋にはけっこう効果ありそうなエクササイズ

  •  

    また、腹斜筋を鍛えるエクササイズとして「オブリーククランチ」というものがあります

  • オブリーク・クランチは腹斜筋を鍛えるエクササイズです。腹斜筋に効果があるのでウエストのくびれをつくる為には欠かせないエクササイズです。初心者でも簡単に行え効果的な運動です。
    出典 :オブリーククランチ・腹斜筋を鍛えるエクササイズ|お腹の脂肪.com
     

    こちらも手軽にできてお腹に効きそうなエクササイズですね

  • オブリーククランチ

     

    ちょっとキツそうですが、この動画にならって腹斜筋を鍛えればくびれも夢じゃないかも!?

  • フラフープダイエットを試してみよう

  •  

    腹斜筋を鍛えるエクササイズとしてもう一つ、フラフープも注目してみましょう

  • ・フラフープはフラダンスのように腰を動かす運動
    フラフープはフラダンスのように腰を動かす運動であるため、お腹の筋肉が鍛えられます。お腹の腹直筋や外腹斜筋、腹横筋etcの筋肉が鍛えられるため、引き締まったお腹や下腹を作る効果や、くびれのあるウエストやわき腹を作る効果があります。
    出典 :フラフープダイエット
     

    腹斜筋ではなく、周辺の筋肉もフラフープエクササイズをすることで鍛えることができます

  • ・フラフープはお腹や腰の筋肉を使う有酸素運動
    フラフープはお腹や腰の筋肉を使う有酸素運動であるため、全身の体脂肪を燃焼させます。また、一定のペースで行われる運動なので、効率よく脂肪を燃焼することができます。

    ・その他
    フラフープダイエットは天候に左右されず、テレビを見たり音楽を聴きながら運動ができるため、継続しやすいダイエットといわれています。また、便秘やメタボリックシンドロームの解消、骨盤矯正に効果があるともいわれています。
    出典 :フラフープダイエット
  • 行なう時は、片方の脚を半歩前に出しましょう。左に回すのなら左脚、右に回すのであれば右脚を出し、膝を曲げて少し腰を落とします。この時、姿勢を正して胸を張りましょう。この姿勢のままフラフープを回します。胸や背中を動かしてしまうと、フラフープが上手く回らないので、上半身は動かさないようにお腹で回すようにします。
    出典 :フラフープ ダイエット方法
     

    腹斜筋を鍛えるので、なるべくお腹を使うことを心がけましょう

  • 1日に長時間やらなくても大丈夫です。大体15~20分を目標にして、慣れてきたら少しずつ時間をのばしましょう。週に3~4日を目安に行えばよいと思います。

    また、フラフープを同じ方向にばかり回すのではなく、1日10分行うのであれば、左回しを5分・右回しを5分というふうにすると、お腹周りの筋肉をまんべんなく使うことができます。
    出典 :フラフープ ダイエット方法
     

    一方向だけではなく、逆方向にも回すようにして万遍なく腹斜筋を鍛えましょう

  • フラフープダイエット 【ビッグマグネットフープ】 - YouTube

  • 腹斜筋エクササイズの注意点

  • ただし、「ねじる運動ダイエット」のエクササイズを行う場合には、必ず、ストレッチなどのウォーミングアップを行ってから行うようにしましょう。

    急に「ねじる運動ダイエット」のウエストのエクササイズを行うと、お腹周りの筋肉を傷めてしまう可能性もあるので注意が必要です。

    「ねじる運動ダイエット」のエクササイズは、はじめは無理をしない程度に行い、毎日、継続して少しずつ振り返る角度を強めていき、腹筋を鍛えるようにしましょう。

    毎日、続けることが、綺麗なくびれのあるウエストを手にする秘訣となり、ダイエットが成功に繋がります。
    出典 :綺麗なくびれのウエストを作る「ねじる運動ダイエット」
     

    最初からペースを上げると体を壊してしまうかも。きちんとストレッチを行い、徐々に腹斜筋エクササイズの負荷を高めていくことが大切です