源氏物語でも臭いがネタに?元気食材ニンニクのパワー!

ニンニクって昔から元気の源!とか言われてますよね~・・・って
なんと、源氏物語の時代からニンニクパワーが注目されていたらしいのです!
そんな昔から・・・。
ちょっと調べてみましょう♪

view452

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニンニクってなんであんなに人気なの?

     


    昔から「ニンニク食べたら元気になる!」って言われますが、
    ニンニクってそんなに凄いんでしょうか?

  • ニンニクのことをもっと知ろう!

  • 人間の学名は?

    にんにくの学名は「アリウム・サチバム」といいます。サチバムはラテン語で「栽培」という意味があります。
    出典 :にんにく基礎知識FAQ|にんにく大辞典
     

    全然、知りませんでした(苦笑)

  • にんにくの原産地は?

    にんにくの原産地は諸説ありますが、中央アジアおよびインド周辺と推定されています。
    出典 :にんにくの歴史|有賀教授のにんにく講座|にんにく大辞典
     

    へ~中華料理に使われるから、中国かと思ってましたが・・・どうやら違うようですね。

  • 【使い方のコツ】ガーリックの使いこなしについて - YouTube

     

    む~確かにあの匂いは食欲そそるよね~♪

  • にんにくはなぜ臭うの?

    にんにくのにおいのもとは「アリシン」という硫黄性化合物です。アリシンには強力な殺菌、抗菌作用があります。
    出典 :にんにく基礎知識FAQ|にんにく大辞典
     

    なるほど!ドラキュラが怖がるのは殺菌効果もある?(笑)

  • にんにくの辛味成分は何?

    にんにくの辛み成分は「硫化アリル」でタマネギやネギなどに多く含まれます。におい成分であるアリシンは硫化アリルの一種です。
    出典 :にんにく基礎知識FAQ|にんにく大辞典
     

    酸化アリルはたまねぎにも入ってますね~。

  • 日本で料理として使われるようになったのは明治時代以降のこと。それ以前は薬として考えられていました。
    出典 :にんにく基礎知識FAQ|にんにく大辞典
     

    おっと!・・・って言うことは、「源氏物語」の時代は「薬」として食べられていたってこと?

  • シルクロードを渡って・・・

     


    そして、朝鮮半島を経由して日本へ。
    にんにくも遥か昔に長い旅を経て日本へ来たのですね~・・・。
    それも、なんと「日本書紀」の頃のお話。

  • 中国では「にんにくに勝る薬・食品はない」といわれるほど珍重され、病気の予防や治療に活用されました。中国医療には心筋梗塞や脳梗塞の治療のためににんにく抽出液を患者に点滴投与する方法があり、これは現在も使われているそうです。
    出典 :にんにくの歴史|有賀教授のにんにく講座|にんにく大辞典
     

    これは凄い!今でもそうやって使われているなんで・・・そんな昔に良く気がつきましたね~。

  • 『日本書紀』には、366年に斯摩宿禰(しまのすくね)が朝鮮の卓淳国(とくじゅんのくに)に派遣され、使者を百済に遣わしたことが記されています。翌367年には百済が日本に帰服したとされているので、まさにこの頃、大蒜(おおびる)が日本に持ち込まれたと考えられます。当時は食品ではなく、香辛料(薬草)や強壮剤として使われていたようです。
    出典 :にんにくの歴史|有賀教授のにんにく講座|にんにく大辞典
     

    昔は「おおびる」って読んでたんですね~。しかも既に「強壮剤」として使われていた!

  • 平安時代には、医家・阿倍真直らによって編纂された日本最古の医書『大同類聚方』に「蒜(ひる=当時にんにくを指していた言葉)」が紹介され、「駿河国でたくさん産する」「悪寒発熱を伴う症状への処方」などと記されています。984年に医家・丹波康頼によって編纂された『医心方』にも、脚気や風邪、虫さされをはじめとする多くの症状に対するにんにくの処方が見られます。「にんにく」と呼ばれるようになったのは室町時代初期のようです。
    出典 :にんにくの歴史|有賀教授のにんにく講座|にんにく大辞典
     

    にんにくの良いところを、こんな昔から日本でも理解していたんですね~。

  • 「源氏物語」に登場する『にんにく』

  • 「帚木」の中の、有名な「雨夜の品定め」に、『極熱の薬草』として登場しています。
    出典 :にんにくの歴史|有賀教授のにんにく講座|にんにく大辞典
     

    極熱・・・なんか凄いネーミング・・・。

  • 梅雨の降り続くある夜に、式部丞が光源氏や頭中将たちに乞われて話した、非常に学問のある女性についての話のくだりです。式部丞が付き合っていたこの賢女を訪ねた際、久しぶりに訪ねてきた式部丞に対し、『病気のため、極熱の薬草(すなわち「にんにく」)を服用していますので、口辺に臭気がありますゆえ、お会いできません』と、しゃれた断り方をしたと、式部丞は告白するのです。
    出典 :「源氏物語」に登場する、にんにくにまつわる恋愛話?|にんにくトリビア|にんにく大辞典
     

    口臭で断るとは、乙女心・・・なのですね♪

  • 毎晩お会いしている仲であれば、昼間だからといってまぶしいと言うことはないでしょう。毎晩お会いできるような仲ならば、蒜のにおいがするからといって恥ずかしくてお会いできないと言うことはないのですが…。と、「昼」と「蒜」を掛けて、暗に最近あまり会いに来ないことを非難した文句だったという訳です。
    出典 :「源氏物語」に登場する、にんにくにまつわる恋愛話?|にんにくトリビア|にんにく大辞典
     

    ・・・と思ったら、ちょっとした「皮肉」だったんですね~女は昔からコワイ♪
    というより、男の考えなんて見透かされているってことでしょうか(苦笑)

  • にんにくパワーはそのままで臭いだけ消す方法 How to make garlic which is ...

     

    あの匂いがどうしても・・・と言う人にオススメですね!