ピンチ!寝起きのまぶたのむくみ解消法

朝起きたらまぶたが腫れてたら?腫れまぶたの原因・即解消法を教えます!

view4318

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • まぶたむくみの原因

  • 原因は、主に皮下に溜まった水分や老廃物です。夜は水平になって寝ているので、むくみが特に瞼や目元、舌や顔、手に現れてきます。寝ている間に血管壁が弱い部分(瞼とか目の下)に液体成分が漏れ出して組織間隙に溜まってしまうのです。

  • ピンチを救う!朝できる即解決法 その1

  • コットンアイパック

    コットンに冷たい水、または冷たい化粧水をしみ込ませて、ソファなどに寝そべりながら目の上にコットンを置きましょう。
    5〜6分で効果がありますが、時間があればしばらく置いておくとさらに効果的です。

    冷たいパックとホットタオルを交互に当てると効果的

    冷たいコットンパックとホットタオルを数分ずつ交互にあてる事により、まぶたの血行を良くすればまぶたのはれも解消しやすくなります。
    ホットタオルは水を含ませてしっかり絞ったタオルを電子レンジで温めると簡単に作る事ができます。

  • ピンチを救う!朝できる即解決法 その2

  • カモミールのアイパック

    まぶたがはれぼったくなってしまったときは、カモミールが効きます。
    カモミールティーを飲んだ後のティーパックを、十分にさましてからまぶたの上に置きます。
    または、濃いめに出したカモミールティーをタオルにしみ込ませてまぶたの上にのせるのも良いでしょう。
    カモミールはお医者さんのハーブとよばれていて、ヨーロッパではカモミールティーを飲んだ後、ティーバックでまぶたの上をパックするようです。

  • ピンチを救う!朝できる即解決法 その3

  • カンタンまぶたマッサージ

     

    1.目を閉じ、目頭から目尻にむかって眉毛の下あたりを指で押さえて指圧します
    2.目尻までいったらこめかみまで指圧を続けこめかみをしばらく指圧します
    3.目の下も同じように目頭から目尻にむかって軽く指圧しなが動かします
    4.目尻まで来たらこめかみまで指圧を続けてしばらくこめかみを指圧します

  • 普段からできる解消法 その1

  • 寝る前のマッサージ

    風呂上がりや寝る前に、オイルやアイクリームで優しくマッサージしてみてください。寝起きの腫れぼったいまぶたもこれで解消できるはずです。

  • 普段からできる解消法 その2

  • 寝る前に水分を取りすぎない

     

    夜寝る前の水分の摂りすぎが翌朝の「まぶたの腫れ」の原因に。アルコールなども影響してくてきます。夜寝る前に水分を取りすぎないようにしましょう。

  • 普段からできる解消法 その3

  • 塩分や糖分を控える


    外食は塩分が多いので減らすように。特にラーメンなどはイケません。できればお酒も減らしましょう。

  • 普段からできる解消法 その4

  • 枕の高さを変える


    寝起きのひどいむくみに悩んでいた女性が、枕の高さを調整することによって、改善したという報告があります。むくみ対策としては基本的に枕を高くして寝たほうが良いらしいです。

  • 普段からできる解消法 その5

  • リンパマッサージ

     

    首まわりのリンパのながれ定期的によくしてあげるとはれにくくなります。
    顎の下から耳の後ろ、耳から真下の肩に流すように マッサージ(さするように)します。

  • 普段からできる解消法 その6

  • 運動が何よりも大切!

    年齢を重ねるほど、女性は特にむくみやすくなります。これは血行が悪くなったり、代謝が落ちることも大きな理由の一つ。なのでウォーキングやヨガなどの運動をして代謝を良くすることが大切なんです。