四十肩って何??どんな症状がでるの??

四十肩ってどんな病気なの??どんな症状が出るの???40歳でなるの??気になるまとめ!!

view372

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 四十肩って何???

  • 40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩といいます。腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。通常、半年から1年で自然に治りますが、体操などによって症状をやわらげ、回復を早めることができます。そのために、四十肩、五十肩に関する正しい知識を身につけましょう
    出典 :四十肩・五十肩 | 四十肩・五十肩を克服しよう : 治療・症状 - セルフドクターネット
     

    40代や50代では無い年齢の人にも同じような症状が起こることもあります。
    辛いなら早目に受診してみましょう!!

  • 原因は何???

  • 原因は明らかにされていません
    四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。
     私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造は複雑です。肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱(筋肉が骨に付着する部分)、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。そのため、炎症が起こりやすい部分といえます。中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

    出典 :四十肩・五十肩 | 四十肩・五十肩ってどうして起こるの? : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • 肩の構造

  • 肩こりとはどう違うの???

  • 筋肉疲労と関節の炎症との違いです  
    肩こりは悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。一方、四十肩・五十肩は、おもに次の3つのケースで発症します。

    ●腕の筋肉の先端にある腱の炎症(上腕二頭筋の腱炎)。

    ●上腕骨頭を取り巻く幅広い筋腱組織「腱板」が損傷、または断裂を起こした場合。

    ●骨と腱板の間にある「肩峰下滑液包」が炎症を起こしたり(肩峰下滑液包炎)、石灰がたまった(石灰沈着)場合。
    出典 :四十肩・五十肩 | 普通の肩こりとどう違うの? : 治療・症状 - セルフドクターネット
     

    肩こりとは違うものです。
    普通の肩こりと違うなと感じた場合は要注意です!!

  • 肩こりが起こるメカニズムは???

     

    疲労で起こるのが肩こりの症状!!
    心当たりがある人も多いはず!!

  • 肩こりと四十肩の違い!!

  • どんな人がなりやすいの???

  • 男女差やなりやすいタイプはありません
    四十肩・五十肩は、40代以降の人に起こりやすいという点以外、男女差や運動習慣などによる発症頻度の違いはありません。利き腕に起こりやすいということもありません。
     ただし、長い期間、野球などのスポーツや仕事によって肩関節(腱など)を酷使し、過去に関節を傷めたことのある人は、いったん、四十肩・五十肩にかかると治りにくい傾向があります。

    出典 :四十肩・五十肩 | どんな人がなりやすいの? : 治療・症状 - セルフドクターネット
     

    誰にでもなる可能性があるのです!!

  • 四十肩・五十肩を改善する体操は?

  • 肩関節をゆっくり動かしましょう
     痛いからといって動かさないでいると、「フローズン・ショルダー(凍結肩)」といって、肩関節がほとんど動かなくなることがあります。症状の悪化を防いで回復を早めるために、肩関節の可動域を少しずつ広げる体操が有効です。Q5で紹介した腕を動かす動作を痛みが起こらない、ぎりぎりの範囲で無理せずに行ってください。ほんの少しずつでも毎日続ければ、大きな効果が得られます。

    出典 :四十肩・五十肩 | 四十肩・五十肩を改善する体操は? : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • 自分のペースで行いましょう!!

  • ストレッチ

     

    ゆっくりと自分のペースで行いましょう!!