冬場のお風呂・トイレは危険!交通事故より多いヒートショックでの死亡事故!予防策は!?

声優の永井一郎さんのご冥福をお祈りします。
お風呂での声虚血性心疾患ということで、ヒートショックではないかと囁かれています。
ヒートショックは急激な温度変化によって起こる影響で、
高齢者を中心になくなる方の多い現象です。
また、ヒートショックは高齢者以外にもリスクがあります。
予防策をまとめました。

view597

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ヒートショック現象」とは、急激な温度変化によって身体が受ける影響のこと。温かい部屋から寒い部屋へ移動すると「ブルっ」と身震いすることがあるように、人は急激な温度の変化にさらされると体内の血管を急激に伸縮させて血圧や脈拍の変動を起こします。これは体温を一定に保つために、人間の身体が反応すること。しかしこの働きが脳卒中や心筋梗塞などに繋がってしまう可能性が高いといわれています。
    出典 :一般財団法人 茨城県メディカルセンター
  • 死亡診断書には「ヒートショック」という死因はまったく出てこず、「溺死」や「病死」になってしまいます。ですから統計がなく、正確には分かりません。しかし、家庭のお風呂で溺死する人は年間3,000~4000人いるという厚生労働省の統計と併せて、1999年に東京消防庁と一緒に行った調査結果から推計したところ、その3~4倍の年間14,000人ぐらいが「ヒートショック」で亡くなっていると思われます。交通事故で亡くなる方より多いのです。そのうち10,000人ぐらいが高齢者でしょう。
    出典 :医学博士 高橋龍太郎先生が語るヒートショック予防 | 『全館空調システム「きくばり」 』【株式会社 山武からアズビル株式会社へ】
     

    4,000人は高齢者以外の方も亡くなっているということになります。
    死亡に至らないケースならそれ以上でしょう。
    お父さんお母さんのためだけでなく、私達自身も気をつけるべきです。

  • 人間の身体は入浴時やトイレなど室温の変化に対応して体温を一定に保つために、血管が急激に収縮し血圧や脈拍の変動を起こします。この変動は心臓に予想以上の負担をかけてしまいます。

    ヒートショックは、心筋梗塞や脳血管障害などにつながる危険な状態なのです。
    出典 :大阪市市民の方へ ヒートショック
     

    ヒートショックと言うと「急死」というイメージがありますが、
    脳血管障害につながって後遺症で苦しむというリスクも考えられます。

  • ヒートショックを起しやすい人

    65歳以上の高齢者
    高血圧・糖尿病・動脈硬化の持病がある
    お風呂・洗面所脱衣所・トイレが寒い家
    肥満気味
    一番風呂に入ることが多い
    熱めのお風呂を好む
    お風呂は首までお湯に浸かる
    出典 :ヒートショックの予防と対策
     

    高齢者以外にもこんな方は要注意。

  • azbilグループの株式会社 山武(本社:東京都千代田区、社長:小野木聖二)は、2012年1月、全国の男女1,061名(30歳~69歳)を対象に、インターネットを通じて「ヒートショックに関する意識調査」を実施しました。その結果、ヒートショック死にもっとも注意すべき高齢層の男性の過半数が、浴室での「ヒートショック」に関して何らの対策もとっていないことが明らかになりました。
    出典 :「ヒートショック」に関する意識調査を発表 | ニュースリリース 【株式会社 山武からアズビル株式会社へ】
     

    なんと、ヒートショックに最も注意すべき高齢男性ですら、何の対策も取っていないことが判明しました。

  • ヒートショックによる死者は、年間1万人以上と推計。近年では、室内における温度差の影響が問題になっています。特に、冬場に暖かい部屋から、寒い廊下やトイレ、脱衣所に移動した際は、心臓に大きな負担がかかります。

    高齢者と高血圧や糖尿病の人・動脈硬化のある人は特に注意が必要です。
    その他にも肥満気味の人や睡眠時無呼吸症候群のような呼吸に問題がある人、不整脈がある人なども要注意です。
    出典 :ヒートショックとは?年間1万人以上の死者を出しています。 | 外断熱住建'S ~愛媛松山から発信中~
     

    室内の寒暖差が問題になるのですね。

  • ・脱衣所や浴室、トイレへの暖房器具設置や断熱改修
     冷え込みやすい脱衣所や浴室、トイレを暖房器具で温めることは、効果的なヒートショック対策となる。  加えて、窓まわりは熱が逃げやすいため、内窓を設置するなどの断熱改修で、外気温の影響を最小限に抑えることができる。浴室をユニットバスへ改修することでも断熱性は向上する。
    出典 :寒い冬のヒートショックに注意 入浴中の急死は夏の11倍に増加 | 地域保健 | 保健指導リソースガイド
  • 浴室や脱衣所はあらかじめ暖めるようにしましょう。そのために、浴室暖房機があると安心安全です。浴室暖房機がないお宅では、熱めのシャワーを高い位置からバスタブに向けて給湯すると、浴室内が蒸気に包まれて暖まります。
    出典 :東京ガス : お風呂のはなし / 9話 ヒートショックにご用心
     

    浴室全体を暖めましょう。
    脱衣所もお忘れなく。

  • 2009_05_07_185 by tinali778

  • 血圧の変動は心臓に負担をかけ、心筋梗塞や脳卒中につながりかねません。
    ヒートショックの予防のため、脱衣所やトイレを暖めましょう。

    入浴は40度未満のぬるめのお湯に入り、長湯を避けましょう。
    冷え込む深夜ではなく、早めの時間に入浴するように心がけ、心臓病や高血圧の人には半身浴をおすすめします。
    肩が寒いときは、お湯で温めたタオルをかけてください。
    出典 :ヒートショックとは
     

    肩をお湯で濡らしたタオルで暖めるのは良いアイディアですね。

  • 独立行政法人「東京都健康長寿医療センター研究所」はヒートショック10+ 件の予防10+ 件策として、入浴前にシャワーで浴室を暖める▽かけ湯や半身浴をして急な血圧変動を防ぐ▽飲酒、食事直後の入浴は避ける-などを挙げる。同研究所の高橋龍太郎副所長は「入浴する前には家族に一声掛け、1人暮らしの場合は周囲の目がある公衆浴場を利用することも検討してほしい」と話している。
    出典 :ヒートショックに要注意! 入浴中の溺死、急増 [福岡県] - 西日本新聞
     

    食後すぐの入浴も危険です。

  • 3) 食後すぐや飲酒後の入浴は避ける。
     食後や飲酒後は血圧が下がりやすく、温度変化により普段以上に血圧が変動することがあり危険です。湯船で寝込んでしまったり、低血圧で意識を失ったりして危険です。また、入浴は脱水を引き起こし、このことも心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
     入浴前にコップ一杯の水分摂取もおすすめです。
     特に一人暮らしの方は要注意です。
    出典 :ヒートショック予防 今年はお風呂で死なせない! (いきいき365日)
     

    脱水が起きないよう、水分摂取も心がけましょう。

  • •湯舟に入る前に、手や足といった体の末端部分からかけ湯をして、徐々に体を温めてゆく。
    •お湯の温度をあまり熱くせず、ぬるめの湯にする。
    •いきなり全身を湯舟につけずに、足からゆっくりと入り、徐々に全身をつけてゆく。
    •湯舟から出る際は、急に立ち上がらずに、ゆっくりと湯舟から出る
    出典 :冬の入浴に要注意!ヒートショックの危険 | 入浴剤の通販・春日堂
     

    入浴方法にもコツがあります。
    「急な」温度変化を避けるようにゆっくり、徐々にを心がけましょう。

  • ● 高齢者や高血圧の人一番風呂を避ける 
     入浴の際に、一番風呂はまだ浴室が温まっていないのでヒートショックを起こしやすい 場所になっています。高齢者や高血圧の人は一番風呂を避け、家族が入ったあとの浴室内が温まったときに入浴するようにしましょう。
    出典 :2012年2月号 ワンポイントメディカル ヒートショックにご用心!!
     

    ヒートショックのリスクの高い人は家族が入った後のお風呂に入りましょう。

  • Cats! Cats Everywhere! by the.barb

  • トイレでのヒートショック(オーバーシュート)もお気をつけください。
    寒い冬に高齢者がトイレで、脳卒中や心筋梗塞を起こす割合は、突然死の約5%を占めており、また心臓系の死(主に心筋梗塞)の約8%がトイレで排便中と言われていますので、トイレでの急死(ヒートショック)は、あなどれません。
    これらは、トイレでいきむ事が原因であったり(オーバーシュート)、立ち上がった時など、血圧や心拍の急激な変化等が脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。
    高齢者では、動脈硬化が進んでいる人も多く、便秘気味のである人が多いことも要因の一つです。
    さらに寒いトイレでは、ヒートショックの危険性はさらに高まります。
    出典 :入浴死(入浴事故)ヒートショック・オーバーシュートについて | 特掃最前線
     

    お風呂だけではなく、トイレにもヒートショックのリスクは潜んでいます。