生理前の吐き気、原因と対処方法のまとめ

生理前嘔吐についてのまとめ。生理痛の症状はそれぞれです。中にはひどい人は嘔吐を伴うこともあります。生理期間中は食事も辛いという女性もいます。生理の時になぜ嘔吐を生じてしまうのでしょう?

view48683

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして、生理前に吐き気が起きるの?

  • 生理開始の1~2週間前から、身体の不調を感じている女性が多いのではないでしょうか?
    これは月経前症候群(PMS)や月経前緊張症と呼ばれています。
    ※以下、月経前症候群(PMS)と記載

    症状の代表的なものに、下腹部痛・便秘/下痢、頭痛、乳房の腫れ・痛み、吐き気、腰痛、肌荒れ、むくみ、眠気などがあります。
    同じ周期・同じ症状が繰り返される場合、それは月経前症候群(PMS)です。

    今回は、その中でも「吐き気」について原因と対策を紹介していきます。

  • また、生理の前になると女性ホルモンが急激に減少します。この女性ホルモンは、「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれるものが含まれます。これらの大きい変動から自律神経が乱れ、めまいや吐き気を生じてしまう場合もあります。

  • 先ずは消化しにくい食べ物も控えることです。油っぽいもの、辛いもの、胃に負担をかけてしまうような恐れのあるものを、なるべく避ける方が良いでしょう。普段は肥満の大敵と思われる炭水化物は消化しやすいので、むしろおすすめです。

  • 吐き気を緩和する為には、生理痛を根本的に改善していく必要があります。

  • PMSについて

  • 腹痛、頭痛、乳房痛など生理痛にも共通するような痛みの症状、吐き気、下痢、便秘など胃腸の症状、イライラ、うつ、反対にハイテンションになったりといった精神症状があります。多くに人に共通して現れやすい症状は、乳房・下半身のむくみ、偏頭痛などの頭痛とうつ、落ち込み、無気力などの精神症状です。PMSの症状は多岐で、その人にとっては毎回、おなじ周期で同じ症状が繰り返されることが殆どです。

  • PMSの原因とは?

  • 月経前症候群 - YouTube

  • 一番の原因はホルモンバランスだろうとされ治療法も様々です。よく「ピル」が効くとも聞きます。そえはホルモンバランスが原因であることの裏付けになります。そうであるとすればホルモンの分泌量や複数の女性ホルモンのバランス、ホルモンの変化の経緯に違いがあり、全身への影響も異なってきますので、さまざなま症状が現れることが考えられます。

  • PMSの治療方法は?

  • 「低用量ピル」の服用という方法があります。生理痛がある場合にも症状を軽減する効果があり、比較的副作用が少ないと言われています。妊娠を希望する場合には、低用量ピルの服用を中止すればその後の妊娠には問題がありません。

  • PMS症状の多くが、黄体期に分泌される黄体ホルモンの影響によるもので、排卵を人為的に止め、黄体ホルモンの分泌を抑制するピルのような低容量ホルモンを服用すると症状が抑えられます。

  • 生理痛と漢方 駒込 静誠堂薬局 - YouTube

  • 別な方法として最近注目されているのが「漢方薬で治療」です。PMSによく用いられる漢方薬は、生理痛の緩和にも使用される「当帰芍薬散」や、むくみをとる「五苓散」、神経の興奮を鎮める「加味逍遥散」です。ある程度の時間が掛かりますが、体質に合った漢方薬なら、最も健全な方法で改善がなされます。

  • それに胃腸の働きを高める事が大切です。ウォーキングなど下半身を使う運動を取り入れ、野菜中心の生活を心掛けてみて下さい。また寝る前の食事や食べ過ぎを控えるといったことに気をつけていくと症状の軽減が期待できます。