燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)の対処法

心が燃え尽きて魂が抜けたようにボーッとする、何もやる気が起きない…「頑張る人」が陥りやすい燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)。なりやすい傾向や、そのサインを見逃さず、うつ病を併発してしまう前に予防と回復を!

view675

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「燃え尽き症候群」とは

  • あんなに頑張ってたのに

  • 【英】:burnout syndrome

    それまで一つの物事に没頭していた人が、心身の極度の疲労により燃え尽きたように意欲を失い、社会に適応できなくなること。
     それまで意欲を持って一つのことに没頭していた人が、あたかも燃え尽きたかのように意欲をなくし、社会的に適応できなくなってしまう状態のことをいいます。絶え間ない過度のストレスにより発生し、うつ病の一種とも考えられています。
    出典 :燃え尽き症候群とは - 健康用語 Weblio辞書
  • 燃え尽き症候群のサイン

  • ■1:ネガティブな感情が消えない

    ■2:常に疲労困憊状態

    ■3:やる気がわかない

    ■4:物忘れがひどくなる

    ■5:人間関係の悪化(職場&プライベート)

    ■6:生産性の低下

    ■7:自分の健康に無頓着になる

    ■8:いつも何かを心配している

    ■9:強い不満を感じ続けている
    出典 :心にぽっかり穴が開いていませんか?燃え尽き症候群のサイン9つ - It Mama
  • どんな人がなりやすい?

  • 燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)は対人援助職に就いている人をはじめ、仕事一筋のビジネスマン、子育てを生きがいとしている主婦などに起こりやすいとされています。

    そのため、頑固なまでに一途で、周囲の思惑を無視して突っ走る傾向がある人は、注意が必要です。具体的には、やる気満々で理想の高い、猛烈社員型のビジネスマンやキャリア・ウーマン、受験生などに多く見られます。その他、燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)は、対人関係で要領の悪い人、世渡りが下手な人に多いとも指摘されています。

    また、燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)になりやすい人の典型的な性格として、完璧主義が挙げられます。
    出典 :燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム) | こころの病を改善・克服するサイト
     

    誰でもなり得る…という事か

  • 燃え尽き症候群の予防と回復法

  • 休養とリラックス

  • 燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)の予防としても、まず十分な休養を取ることが重要です。
    職場の人に気兼ねなく長期休暇を取り、仕事を忘れて気分転換できる環境があることが重要です。
    趣味やスポーツ、友達とのおしゃべりなど仕事から離れている時間を大切にしましょう。
    また、仕事のことを相談できる上司や同僚がいることも大切です。
    そして、リラックスできる環境を整えるとともに、自分の考え方を振り返って少しずつ変えていくこともしましょう。
    出典 :燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)
  • 人と距離を取る

  • ●人と距離を置く姿勢
    上記のような消耗感から自分を守るために人との接触を制限し、場合によっては突き放すような態度を取ったりする。個人を十把ひとからげにし、人をモノのように扱う。
    一方、“人とのやりとりのわずらわしさ”から逃れるために事務処理に集中することも特徴の1つである。
    出典 :バーンアウト症候群/燃え尽き症候群 - goo ヘルスケア
  • 他者の協力を仰ぐ

     

    ・・・上と対極的ですが

  • 誰もが口をそろえるのが、他者の協力を仰ぐべしということ。
    回復への第一歩は、気分とエネルギーレベルを少しだけアップして、物事を適切に見られるようにすることです。
    たとえば、愛する人に会えば、仕事以外にも意識を向けられ、幸福のレベルもアップします
    出典 :気づきにくい「燃え尽き症候群」5つのサイン(ライフハッカー[日本版]) - エキサイトニュース(2/2)
  • いつもと違う事をしてみる

  • “バーンアウト”の状態になってしまうと、何事にも興味を持てなくなってしまいます。
    今まで楽しいと思えていたことですら、全く面白いと思えないどころか嫌になってしまうことだってあります。
    そんな時は、「昔やってみたいと思っていたことがあるけど、やってみたいかも」と思えることは、機会があれば試してみるのも大事です。
    つまらないかもしれません。しかし、普段と違うことをしてみるというのは、心の幅を広げる一助になるかもしれません。
    もちろんやる気は起こらないと思いますので、誰かに誘ってもらって、嫌かと思うかも知れませんが、試してみましょう。

    出典 :[うつコラム#8] バーンアウト症候群により人は衰弱状態になる | パッカーンしたうつリーマンの闘病記
  • 運動の習慣を

  • イスラエル・テルアビブ大学のSharon Toker氏らは、仕事による燃え尽き症候群(バーンアウト)でうつ病リスクが上昇するものの、身体活動(運動)が増加するに従って改善することが分かったと、2012年1月9日付の米医学誌「Journal of Applied Psychology」(電子版)に発表した。
    同氏らは、職場でのメンタルヘルス対策が不十分な場合、就労者は自らのストレス管理のために積極的に運動を行うべきと主張している。

    健診1~2回目の燃え尽き症候群の増加は健診2~3回目のうつ病の増加と関連し、この関係は運動強度が増えるに従って減少した。
    一方、健診1~2回目のうつ病の増加は健診2~3回目の燃え尽き症候群の増加と関連し、この関係も運動強度が増えると減少した。

    出典 :燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム) | こころの病を改善・克服するサイト
  • 普段から、心の持ちようも大事だと思います。