目に異物が入った!!!擦るな!【正しい応急処置】

異物が入ったからとこすってはいけません!!
正しい応急処置をまとめてみました

view876

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目に異物が入った

  • 目にはゴミやホコリなどの異物が入りやすく、たとえ小さいものでも痛みを感じやすい敏感な部分です。眼球の表面は軟らかく傷つきやすいので、異物が入っても慌てて強く擦ったりしないようにしましょう。
    また、いまや「近視大国」と言われるほど多くの方がコンタクトレンズを使用していますが、このコンタクトレンズも目にとっては異物です
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
  •  目に入る異物は、ゴミやホコリ、乾いた目やに、まつげ、虫など様々です。よくあることと軽く考え、手当てを間違えると大事に至る場合があります。
    出典 :目に異物が入ったとき / 日常で役立つ救急サイト
  •  

    ここがポイント!



    角膜を傷つけるのでこすってはダメ。
    面倒がらずに適切な処置を。

  • 危険な異物の場合

  • 異物
    •酸性、アルカリ性の洗剤
    •熱湯、熱い油
    •石灰(運動場のラインに使われる粉)
    •農薬など
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
     

    農家さんは要注意してくださいね

  • こすらず、流水で15分以上洗眼してから病院へ。そのとき、入っていた容器や成分表記が記載されているものを持っていき医師に説明するといいでしょう。
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
  • •鉄粉などの物質
    •異物が突き刺さっている

    素人で処置するのは危険です。
    目を閉じ、清潔な布で覆って病院へきましょう
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
     

    こうなったらすぐ救急車でもOKです

  • そのほかにもヘアカラー溶液(毛染め薬)、水虫薬など目に入ったら危険なものは日常生活にあふれています。
    ヒリヒリが治まらない、ゴロゴロするなど、少しでも不安に思ったらほって置かず早めに眼科に行きましょう。
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
     

    ヘアカラーが目に入る人はまずいないのですけど
    ちょっとした間違いで来る人多いそうです
    まつげにぬったとか・・・

  • 応急処置の流れ 一般的治療

  • 必ず手をよく洗ってから処置して下さい。汚れたままの手で処置を行うと、傷をつけて視力障害を起こしたり、細菌などによる炎症を起こしたりします。包帯をする場合は両目にしましょう。
    出典 :目に異物が入った時の応急手当て
  • ①上まぶたのまつげをつまんで、下まぶたにかぶせる。異物は目が乾くと取りづらくなります。この方法により、涙で異物が移動して取りやすくなります。


    ②濡らしたガーゼ、ハンカチや綿棒でそっと取り除く。まぶたの裏に入っている場合は、この方法が取りやすい。下まぶたはアカンベーをして、上まぶたはマッチ棒などを水平にあて、まつげをつまんでまぶたをひっくり返して行う。


    ③やかんやシャワーを使って流水で洗い流す。顔を横に向け、目をぱちぱちしながら、水は静かに流す。


    ④洗面器にためた水に、顔を突っ込んで目をぱちぱちさせる。特に、異物が角膜に貼り付いている場合は、ガーゼなどを使わず水で洗ったほうが良い。
    出典 :目に異物が入ったとき / 日常で役立つ救急サイト
  • 症状の観察

    本人が確認する場合
    静かに目を閉じ、異物がどこに入っているか感じます。
    •まぶたの下に異物がある。
    •まぶたの上に異物がある。

    他人が確認する場合/子供の場合
    •明るい場所で結膜や角膜上に異物がないか観察します。
    ペンライトなどを使用してもよいでしょう。
    •屋外で行うときは、壁などに頭を寄り掛からせると、頭部が固定できて安全です。
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
  •  

    まぶたの下に異物がある場合
    •「あかんべえ」をする要領で下のまぶたを引き下げ、水道水で洗い流す。
    •水をためた洗面器に顔を入れ、パチパチとまばたきをする。
    •水で洗い流せない場合で、異物が見えるようであれば清潔なガーゼや綿棒の先を水で濡らし、そっとゴミを取り除きます。

    まぶたの上に異物がある場合
    •上のまぶたをひっくり返すように引き上げ、目薬をさす。
    •水をためた洗面器に顔を入れ、パチパチとまばたきをする。
    •水で洗い流せない場合で、異物が見えるようであれば清潔なガーゼや綿棒の先を水で濡らし、そっとゴミを取り除きます。

    痛みが治まらない、痛みが強い場合

    清潔なガーゼや布で目を覆って、病院へ行きましょう。
    病院へ到着するまで、異物が入っていない片方の目も布で覆うと、眼球の運動を抑えて、症状が悪化するのを防止する事にもなります。

  • 打撲した時

  • 清潔な布で冷湿布して下さい。目自体に痛み、出血、視力障害などの異常を感じた時には、眼科医の診察を受けて下さい。周辺部にケガをしている時には、一般のケガの応急処置をします。ただし薬品が目に入らないように十分に注意して下さい。
    出典 :目に異物が入った時の応急手当て
  • 手当のポイント

  • 取れなかったものは、異物の一部分が眼球に刺さっている場合もありますので、無理に取り出そうとはせずに、病院で診てもらいましょう。
    また、取れたと思っても、他に小さな異物が残っている場合や、すでに角膜や結膜が傷ついてしまっている可能性があります。念のために病院で診てもらいましょう
    出典 :目に異物が入った|ファーストエイド|eo健康
  • ・最も注意することは、結膜や角膜を傷つけないように処置することです。
    ・絶対にこすらないようにしましょう。
    ・搬送時には外傷を負った目を下にしないようにします。
    出典 :目の異物・ケガ