眠れない時に思い出してほしい、睡眠を妨げるもの促すもの

不眠と一言で言っても季節的なものからストレスなど、原因はさまざま。
眠れない時に思い出してほしい事柄をまとめてみました。

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眠い時に眠れないと辛い。
    明日のことを考えると寝ておきたいのに、なんだか眠気が遠のく。

  • 寝ようと思うと・・・。

     

    寝よう寝よう眠ろうと考えるとなぜか目が冴えてくる。
    あれってなんでだろ。
    皆様どうですか?

  • さっきまで眠かったのが嘘のように目が冴える
     

    あ、私もです

  • 寝なきゃ
    と思えば思うほど目が冴える
  • う、眠いのに眠れない久々不眠症バージョンの眠れないモードに入った。
     

    やっぱりお悩みの方は沢山いるようです。

  • こんなことしてると更に眠れなくなってしまうそうです▼

  • ①スマホ、PC、TVなどを見る

  • 寝ながらスマホは一番いけなかった!

     

    スマホやテレビからは強い光が出ます。この強い光が目から入ると、脳神経を刺激して眠りを妨げる原因となります。
    眠れない暇つぶしにケータイを操作するのはやめましょう。

  • 電気を消してから布団の中でスマホを見る行為は良くない。液晶画面から出るブルーライトの影響で、神経的な疲労が取れない。これから休もうとして副交感神経が優位になっているのに、網膜がブルーライトを受け、脳が活発になって睡眠のリズムが狂ってしまう。
    出典 :パソコン、スマホで筋肉が癒着!スッキリしたければスマホを手放す! - ★アナウンサーのひとりごと★藤川奈々 - Yahoo!ブログ
     

    確かにブルーライトをガードするメガネなどが販売されていますもんね。

  • ②部屋を静かにする

  • 眠ることに集中できる環境を用意しましょう。

     

    外の騒音がある場合は、厚手のカーテンなどをするなど工夫しましょう

  • 対策としては夜遅くまで音を立てないように家族に頼む、耳栓をする、自然音のCDを低音量で掛けて耳を誤魔化すといった方法が有効です。
    出典 :安眠生活を獲得する、6つの不眠解消法 - 安眠メイク
  • ③寝酒をしない

  • 酒は『百薬の友』はウソ

     

    お酒に頼って睡眠を摂るのはNGです。
    クセになってアルコール依存症になることも・・・。

  • アルコールは深夜に目さめる回数を増やす作用があります。寝酒によって寝付きはよくなっても、3,4時間後には眠りが浅くなり、目覚め易くなってしまうわけです。
    出典 :寝酒は睡眠に良い影響を与えるって本当!? | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • ④頭を強く働かせるような行動をしない

  • 就寝時間の最低でも一時間前に終わらせておきましょう

     

    睡眠に集中できる環境をつくることが大事です。
    考え事をすれば自ずと脳が興奮状態に。

  • リラックス状態をつくったら、その状態を阻害する要因を身体から遠ざけることが大切です。あなたの脳や身体に強い刺激を与えると、脳が覚醒してしまい、寝つきにくくなり、また深い睡眠をとれなくなってしまいます。
    出典 :今晩から安眠しよう!4つのステップでばちっと安眠する方法 | iGotit
  • ⑤カフェインや冷たい飲み物を摂らない

  • 冷たい飲み物やカフェインはいけません。

     

    冷たすぎる飲み物やカフェイン入りの飲み物などは、交感神経を刺激して脳を覚醒させてしまいます。

  • 温かいノンカフェインの飲み物でも飲んで、まったりするのがいいですよ。体から熱を発して体温が下がっていくほど眠気が高まっていきます。
    出典 :眠れない・・・と思った時にしていいことと、してはいけないことまとめ - NAVER まとめ
  • 冷たいものを飲むと、体温を高めようと体が働いてしまうので逆効果になってしまいます
    出典 :眠れないときはどうしたらいい? 睡眠に関する新常識|フレッシャーズ報道|フレッシャーズ マイナビスチューデント
  • 今晩から出来る睡眠によいこと▼

  • 睡眠に良いこと5つ

     

    1.就寝1〜2時間前に、38〜40℃程度のぬるま湯に20分くらい半身浴する。半身浴をすることで身体が一定の体温まで温まり、その後体温が低下していく時に眠気が発生します。また、リラックスできる香りの入浴剤を入れることで、よりリラックスできるでしょう。
    2.ホットミルクやココアなど、牛乳が含まれる飲み物を人肌程度に温めて飲む。牛乳にはトリプトファンという成分が含まれています。この成分は眠気を促す成分を生成してくれます。また、睡眠前にホットミルクやココアを飲む習慣にすることで、あなたの脳や身体に寝る時間だと教え、眠気がおきるプラシーボ効果を得ることができます。
    3.リラックスできる音楽、静かで一定のテンポのクラシックやリラグゼーションCDなどを小さな音でかける
    4.就寝1時間前からは部屋の強い明かりの電気を消灯し、光の刺激が少ない橙色などの間接照明にする
    5.何も考えずゆっくりのんびりストレッチし、気持ちよくなる

  • 【睡眠用BGM】 究極に眠れる癒しの音楽 【α波】 - YouTube

     

    ちなみにこんな音楽もあります。
    お試しあれ