日本一「美肌な有名人」になる為の極意を伝授!

化粧品のCMでもお馴染みの女優【綾瀬はるか】の美肌の秘密に迫りました!!

view1774

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本一美肌な有名人!?

  • 綾瀬 はるか

     

    1985年3月24日生まれ。
    広島県出身。
    女優として活躍している。
    2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』にオーディションで723人の中からヒロインに選ばれ、知名度を大きく上げる。
    2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。
    2013年、『八重の桜』で大河ドラマ初出演及び主演。

  • 日本一「美肌な有名人」綾瀬はるかの肌になる食べ物5つ

  • 乾燥は、全ての肌トラブルの原因! 乾燥が進むこの時期、肌トラブルがおきないように、食事にも気を付ける必要があります。
    2012年『ORICON STYLE』の「女性が憧れる“美肌”有名人ランキング」で、堂々の二連覇を達成した綾瀬はるかさん。艶肌の持ち主である綾瀬さんは、美肌を手に入れるためにどんな努力をしているのでしょうか。今回は、美肌の秘訣に迫りましょう。
    出典 :日本一「美肌な有名人」綾瀬はるかの肌になる食べ物5つ | 美レンジャー
  • 体内から美肌をゲット!

  • 自身の美肌は「遺伝だと思う」と言う綾瀬さん。確かに、ほくろの多さや肌のきめの細かさ、ニキビやシミの出やすさなどの肌質は、遺伝的な影響を大きく受けています。しかし、心掛け次第では、ニキビやシミをできにくくすることができます。
    綾瀬さんの美肌の秘訣は、遺伝だけではなく、毎日の努力の結晶ではないでしょうか。心掛けていらっしゃる事をいくつかご紹介します。
    出典 :日本一「美肌な有名人」綾瀬はるかの肌になる食べ物5つ | 美レンジャー
  • (1)酢・黒酢が好き

     

    豊富なアミノ酸やたんぱく質を含む酢は、血液を綺麗にし老化を防ぎます。
    また、乾燥や肌荒れを防ぎ新陳代謝を活発にするので、シミやシワ、くすみ対策にはもってこいです。もちろん、酢酸はニキビ予防にも効果的ですよ。





    http://www.biranger.jp/archives/60430

  • 柑橘類が好き

     

    豊富なビタミンCやクエン酸が、シミのない美白へと導いてくれます。







    http://www.biranger.jp/archives/60430

  • (3)旬な野菜を摂る

     

    特に「肌がくすみがちな時は、野菜だけを食べて胃を休める」と言う綾瀬さん。
    以前、「野菜と果物をたくさん摂取すると肌が黄金に輝くと判明」でもご紹介したように、たくさんの野菜や果物を摂取すると、数週間のうちに、肌のトーンが艶やかになり、金色に輝いて健康的で魅力的に見えることが分かっています。




    http://www.biranger.jp/archives/60430

  • (4)100%フルーツジュースを飲む

     

    フルーツを食べることが多いそうです。
    忙しいときには、100%ジュースを飲むのも良いかもしれませんね。
    手作りジュースを作る際は、なるべく皮の部分も使うと良いですよ。皮には新陳代謝を活発にするリモネンが含まれています。




    http://www.biranger.jp/archives/60430

  • (5)しょうが紅茶

     

    撮影現場が乾燥するので、保湿対策として水筒に入れて持ち歩いているそうです。







    http://www.biranger.jp/archives/60430

  • 美肌の敵、「冷え」が逃げ出すコツ

  • 美肌になるには”冷え”は、大敵ですよね。体が冷えていると、お肌はくすみ、シミができやすくなります。
    綾瀬はるかさんは、どんな冷え対策をしていらっしゃるのでしょうか? 
    特にこの季節に役に立つ“冷えから嫌われる方法7つ”をご紹介します。
    出典 :綾瀬はるかもやっている「冷え」が逃げ出すコツ7つ【前編】 | 美レンジャー
  • 1:どんなに忙しくてもお風呂

     

    どんなに忙しくても「湯船につかる」と言う、綾瀬さん。
    体が温まり血液の循環が良くなるだけでなく、水圧がかかることで、リンパ液の流れも良くなり、血行が促進されます。38℃~40℃のお湯にゆっくり浸かりましょう。適宜、お湯を足して温度調節をしてください。




    http://www.biranger.jp/archives/60434

  • 2:湯船で足首ぐるぐるストレッチ

     

    お風呂でいつも行うのが、“足首ぐるぐるストレッチ”だそうです。
    足首は、仙骨(骨盤の真ん中にある骨)と連動しています。
    仙骨部分を温めると、全身の血液の巡りが良くなるので、足首を回してストレッチをすることは、全身の血液循環にもつながります。また、かかとの上げ下げもしているそうですよ。



    http://www.biranger.jp/archives/60434

  • 3:お風呂上りのストレッチ

     

    お風呂上りは、体がほぐれて、筋肉や腱の柔軟性が増しています。普段なかなか動かさない筋肉を動かす良い機会です。なるべく大きく体を動かしましょう。筋肉を動かすことで血行促進・代謝アップにつながります。
    また、腹筋・背筋・腕立て伏せもしているそうですよ。




    http://www.biranger.jp/archives/60434

  • 4:腕回し

     

    特に冷えを感じるのは、手や足ですよね。
    筋肉が衰えるとますます血行不良になるので、冷えやすい個所を意識的に回し、筋力アップを目指しましょう。肩甲骨も意識して大きく回すと効果抜群です。






    http://www.biranger.jp/archives/60669

  • 5:早足ウォーキング

     

    週3~4回、約30~40分の早歩きをするそうです。早歩きは、ふくらはぎの筋肉が大きく伸び縮みし、血液を全身に運ぶポンプになります。
    これが、血行促進につながります。





    http://www.biranger.jp/archives/60669

  • 6:お風呂上りに冷水をかける

     

    幼いころからの習慣で、お風呂上がりには足に冷水をかけるそうです。
    拡張した血管を収縮させることで、血液循環が良くなります。






    http://www.biranger.jp/archives/60669

  • 7:寝る前の腹式呼吸

     

    緊張してドキドキしている時は、交感神経が優位になり、血液循環が悪い状態になっています。
    反対にリラックスし、副交感神経を優位にする腹式呼吸は、血行促進に効果的なのです。




    http://www.biranger.jp/archives/60669