爪の状態から知る健康あれこれ

知っているようで知らない、爪からわかるからだのこといろいろをまとめてみました。

view995

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも爪の役割って知っていますか?

  • なにげになしに、ついているわけではないのです。

  • ●爪は指先を保護しているのである。
    指先を保護する 指先で物をつかむ時、指先に力を入れるが、爪が支えとなるために物がうまくつかめる。もし、足指に爪がなかったら、歩く時にもつま先に力が入らず、うまく歩けないことになる。
    ● 細かい作業が可能
    爪があるおかげで物がつかめるため、細かな作業が可能。小さなものでも爪のおかげで力の入れ加減を調節することができるのだ。とくに、人の爪は扁平な板状で、このようないわゆる平爪は、高等霊長類以上に見られる特徴である。
    出典 :爪で見るあなたの健康
  • 爪の状態で知る健康状態

  • 爪の色 、つやを見れば、現在の健康状態がわかlります。ピンク色でつやがあれば、病気がよくなってきている証拠だからです。また、爪には過去数カ月間の健康状態の記録が残っています。
    爪の表面 に縦のすじができることがありますが、これは年をとってくると表れてくるもので、病気というわけではありません。老化現象なのです。
    しかし 、横じまができたり、横に波をうっているときは病気を考えなければなりません。深い溝ができるときは貧血などの血液の病気、糖尿病、亜鉛欠乏症などが疑われます。
    色の変化 も診断に役立ちます。帯状に白く濁ればネフローゼ、黄褐色になれば手足のむくみを起こす病気の兆候、黒褐色は肝臓病、血管の病気、ホルモンの病気、薬の副作用などの疑いがあるといった具合です。 茶色 の縦じまは爪にできるほくろで、そのまま放置してよいものもありますが、急に色が濃くなるときはほくろのがんのこともありますので、注意が必要です。
    出典 :爪で見るあなたの健康
  • 一度、自分の爪をよく観察してみて下さい


  • 白っぽい爪
    爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)、貧血、マニキュアの刺激、肝臓の病気

    緑色の爪
    緑膿菌(りょくのうきん)などの細菌感染

    黄色の爪
    水虫、カンジダ、肺や気管支の病気、甲状腺疾患

    赤黒い色の爪
    肝硬変、肝臓病、ホルモン異常

    赤色の爪
    多血症、脳血栓、心筋梗塞
    出典 :爪の状態で健康チェック!|ヘルスケア情報|eo健康
  • こんなひどい状態になってしまう前に・・・


  • 2枚爪
    乾燥や外部からの衝撃が原因。3層からなる爪に空気が入り、1番上のエナメル層がはがれてしまう。水仕事が多い人、マニキュアの除光液をよく使う人、冷え性の人はなりやすい。

    匙状爪(さじじょう爪)
    鉄欠乏性貧血が原因で、爪がスプーンのように反り返ってしまう。重症だと子宮筋腫や子宮内膜症の可能性も。

    縦線が入っている
    加齢による老化現象が原因。過度のストレス、睡眠不足、過労でも起こる。

    巻き爪
    爪にいつも圧力がかかっていることで起こる。靴に圧迫されることの多い足の親指の爪などによく見られる。皮膚に食い込むと痛みをともなったり、細菌感染して悪化する場合がある。
    出典 :爪の状態で健康チェック!|ヘルスケア情報|eo健康
  • 爪の状態で栄養素の不足などもわかります。

  • 爪の主成分であるタンパク質はもちろんのこと、ビタミン、ミネラルの不足も、爪を見ればわかります。
    縦に裂けやすい場合は、胃酸不足によって全体的な栄養素の消化吸収が鈍っている証拠。食事のときに酢の物などを取り入れて胃酸不足を補うとともに、肉・魚・大豆製品などタンパク質を中心にした栄養バランスのいい食事を心がけましょう。
    スプーンのように反り返る匙状爪は、鉄分不足が考えられます。鉄分が群を抜いて多いのが、乾燥青のりや乾燥ひじき。レバーにも鉄分は豊富です。これらの食品が苦手な人は、鉄鍋や鉄製のフライパンなどで調理をすることでも補えます。
    出典 :爪の状態で健康チェック!|ヘルスケア情報|eo健康
  • 最後により美しく爪を保つこと

  • まずは正しいケア方法を学びます。

  • 深爪・爪の異常の改善 手入れの基本

  • さらに、より美しく整えるための基本方法。

  • 自爪の手入れの仕方〜これであなたも手元美人〜