おいしくて『美肌効果』が高い野菜の保存法♪

美肌に良い野菜は沢山ありますね!
でも、なかなか料理ができないって人も多いはず。
もともと、保存が効く野菜でも、ちょっと工夫すればさらに!
そんな保存方法があるそうです♪
きちんと毎日、美肌努力ができるように、野菜をストックしておきましょう!

view487

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  •  




     

     「白菜」

  • 優しい風味とは裏腹にカリウムは100g中220mg、ビタミンCは19mgと、乾燥と冷えが気になるこれからの季節に大きな味方となってくれる白菜。貯蔵性が高く日にちが経っても風味が落ちません。おすすめはカットしているものよりも丸ごと一つ買うこと。割安なのはもちろんのこと、これからの季節であれば外葉から順番に使っていけば一ヶ月は日持ちしますので、新聞紙でくるみ、涼しい場所に保管しましょう。
    出典 :美味しくて保存がきいて美肌効果が高い野菜5つの保存法 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    私は、玄関に置いてたりしますね~新聞にくるんで。でもそんなにカリウムが豊富だとは知りませんでした!

  •  




     「大根」

  • 根菜の中でもお値ごろな大根。特に皮にはビタミンPが豊富に含まれています。ビタミンPには毛細血管を強くする役割があります。万が一顔に痣が出来てしまった時などのレスキューには大根の皮を食べるのがおすすめ。きんぴらにすると皮も美味しく食べられます。大根は葉から乾燥するため、保管は最初に葉を切り落として、ラップもしくは野菜の保存袋に入れるようにしましょう。冷蔵庫の野菜室で保存するのが適切です。
    出典 :美味しくて保存がきいて美肌効果が高い野菜5つの保存法 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    葉っぱは切った方が良いそうですよ!ビタミンPが美肌に効果あり♪

  • 「ビタミンC」や「ビタミンB」などは、肌によい成分として人気がありますが、「ビタミンP」もあるのをご存知でしたでしょうか?ただし、ビタミンPはビタミンではなく、ヘスペリジンやルチンなどを総称したポリフェノールの一種で、血圧を下げる効果や血中コレステロール値を改善する作用をもつといわれています。さらに「ビタミンP」には、ビタミンCの働きを持続させる作用があるため、ビタミンCの美白効果を高める事も期待できる今注目の成分なのです。
    出典 :ビタミンPとは!? | 美肌メモ | 知る・楽しむ|ドモホルンリンクルコミュニティサイト
     

    ビタミンPに美白効果が!早速、冷蔵庫に♪

  •  





     「ブロッコリー」

  • 100gあたり800μgとβ-カロテンが豊富なブロッコリー。軸の皮の部分以外はほぼ可食で、ボイルやグリルなどあらゆる調理法で美味しく食べられます。ラップに包んで冷蔵庫にまっすぐに立たせ保存した場合2週間もちます。また、一口サイズに切ったものをさっとボイルして保存袋に入れれば、冷凍しても保存出来ますのでちょっと小腹が空いた時の夜食としてもおすすめ。
    出典 :美味しくて保存がきいて美肌効果が高い野菜5つの保存法2/3 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    “まっすぐ立たせて”保存するのがポイント。夜食にブロッコリーならカロリーも無くて良いかもしれませんね!

  • ブロッコリーと白菜のクリームシチュー 作り方 料理レシピ - YouTube

     

    ブロッコリーと白菜の強力タッグシチュー♪寒いこれからの季節にピッタリですね!

  •  




     「かぼちゃ」

  • 100gあたりカリウム400mg、β-カロテン700μg、葉酸も80μgと美肌にとってありがたい成分がバランス良く含まれているかぼちゃは、切っていないままであれば、なんと1年を通して冷暗所で保存出来ます。カットした場合は種の部分が腐りやすいので種とワタを取り除いてからラップしましょう。冷蔵室に入れておけば5日は持ちます。
    出典 :美味しくて保存がきいて美肌効果が高い野菜5つの保存法2/3 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    カットしなければそんなに長持ちするんですね!それにしても、かぼちゃの栄養ってスゴイ♪

  •  




     「さつまいも」

  • 冬場にほくほく美味しいさつまいも。着目したいのは豊富なビタミンC。100gあたりの含有量は29mgで、厚生労働省の定める1日のビタミンC推奨量は100mg。中くらいのさつまいも1本あたりの重さが約300gなので、さつまいも1本を食べる事で1日に必要なビタミンCのほとんどを摂取出来ることになります(食べ過ぎでしょうか!?)。さつまいもの保存適温は10℃から15℃とされていて、適温では数カ月の保存が可能なため、新聞紙に包んで冷暗所に置いておくのがおすすめ。
    出典 :美味しくて保存がきいて美肌効果が高い野菜5つの保存法2/3 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    1本なら食べられそう(苦笑)これも涼しい所に置いておけば、長持ちするようですよ!