妊婦にIH調理器具って影響あるの?

オール電化の家も増え、IH調理器を使うお宅も多いのではないでしょうか?気になるのは、電磁波です。妊婦にIH調理器はどんな影響があるのでしょう?

  • rotta 更新日:2014/01/18

view1398

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦にIH、影響ってあるの?

  • 火を使わず、お手入れも吹くだけで簡単。とても便利なIH調理器。
    卓上IH調理器などもあり、使い勝手も良くていいですよね。我が家もIHです。でも気になるのが電磁波。特に妊婦さんは、胎児への影響を考えてますよね。

  • 台所がIHなのですが
    妊婦にはよくないといいますよね?
    エプロンとかやっぱり買った方がいいのでしょうか?
    皆さんどうされてますか?
    出典 :妊娠中のIH | 妊娠のQ&A【OKWave】
     

    気にしている妊婦さんも多いですよね。

  •  

    パソコンや端末が多いオフィスでも、電磁波防護エプロンをつけてる妊婦さんいらっしゃいますよね。

  • 日本よりIHが普及していない欧州でさえ、電磁波リスクに慎重なスイス政府が2007年、IH調理器について「至近距離で使う場合には出力を下げて」など、被ばくを低減する使用法を勧告。
    出典 :IH調理器「近くで使うときは出力を下げて」スイス政府勧告:MyNewsJapan
  • IH調理器に使用される電磁波の周波数は、20kHz~90kHzという範囲で「中間周波数」と呼ばれている。
    まず、私たちが日常的に浴びている電磁波は大きく二つのグループに分けられる。

    ひとつが携帯電話に代表される高周波の電磁波で、昨年国際がん研究機関(IARCI)が発がんの可能性ありという評価が下されている。もうひとつが発電・送電など電力設備や家電製品から発生している低周波の電磁波で、そちらについても2001年にすでに発がんの可能性ありという評価が下されている。
     IH調理器の電磁波は、周波数としてはちょうどその間に挟まれるため「中間周波数」という呼び方をされているのだが、これまでほとんど使用されておらず、そのため安全性の検証データもほとんどないのが現状だ。

     しかし両端が発がんの可能性を指摘されているのに、その中間だけ安全ということは、あまり考えにくい。
    出典 :IH調理器「近くで使うときは出力を下げて」スイス政府勧告:MyNewsJapan
  • 家電製品からの電磁波被ばくを低減する一番の対策は、距離を離すことだ。家電製品はスイッチをオンにした状態で磁場が発生する。洗濯機や冷蔵庫、テレビなど使用中に離れておける家電製品はまだ対策が可能だ。
     問題は離れることができない電気製品で、筆頭に挙げられるのは電気毛布やホットカーペット。1m以上離れてしまうと全然暖かくなく使う意味をなさない。しかしそれらの暖房商品のなかには、2本の電熱線をツイストさせることでそれぞれの電熱線から出る磁場を打ち消しあうようにデザインされた磁場低減商品がすでに販売されている。選択肢としてはそちらを選ぶということが可能だ。
    IH調理器の場合、そうした低減商品は不可能だ。IH調理器のIHとは「インダクションヒーター」の略で、電磁誘導加熱という意味。セラミック製の天板(トッププレート)の下に設置してある渦巻き状のコイルに20~90kHzの周波数の電流を流して磁場(磁力線)を発生させる。その磁場が天板上の金属製のなべに渦電流を起こし、金属の抵抗によってジュール熱が発生し、鍋だけが加熱されるという仕組みだ。
     他の家電製品の場合、電力を使用する結果として周辺に電磁波が発生しているのに対して、IH調理器の場合は鍋の加熱のために意図的にコンロの上面に電磁波(磁場)を発生させている。そしてちょうど妊娠中の母親のお腹や小さい子どもの頭を直撃することになる。
    出典 :IH調理器「近くで使うときは出力を下げて」スイス政府勧告:MyNewsJapan
  •  

    お腹に強い電磁波が当たりますね。妊婦さんはお腹が大きいので、やはり気になってしまいます。

  • スイス政府勧告「近くで使うときは出力を下げて」
    出典 :IH調理器「近くで使うときは出力を下げて」スイス政府勧告:MyNewsJapan
  • 電磁波だけじゃない、IHの事故

  • おもな事故相談内容

    ① 鍋底がつるつるして滑り危険である。
    ② 天ぷら調理中に発煙・発火した。
    ③ 煮物用の加熱キーで天ぷら調理中、出火、全焼した。
    ④ IHを使うと気分が悪くなる。電磁波の影響ではないか?

    出典 :電磁波
     

    滑って足元に落としたりしたら大変!

  • テスト結果

    ★ 鍋は使える鍋と使えない鍋がある。
    ★ 付属の天ぷら鍋で、天ぷらキーを使っても、油量が少ないと発煙するものがある。
    ★ 市販の鍋で、天ぷらキーを使っても、場合によっては、発火するものがある。
    ★ 加熱キーを使用した場合、油量が少ないと全て発火する。
    ★ 電磁調理器は加熱に電磁誘導を利用しているので、電磁波の人体への影響を懸念する…
    現在は電磁波を浴びた場合の人体への影響について、まだ詳しく解明されていません。
    国際的な安全基準としては、短期間の曝露に対して国際非電離放射線防護委員会によるガイドラインがあります。


    事故を防ぐために

    ① 鍋底に凹凸がある鍋は適切な温度制御ができないことがある。
    ② 炎がないからといって発火しないということではありません。
    ③ フライパンを予熱する場合火力の設定次第では、油を注ぐと発火の危険があります。
    その場を離れないようにしましょう。 
    ④ 必ず付属の天ぷら鍋を使用し、適正油量を守りましょう。
    ⑤ 調理後のトッププレートは鍋の熱で温められて高温になっているので、やけどの危険があります。
    調理後はしばらく手を触れたりしないようにしましょう。





    出典 :電磁波
     

    普段から使い方気をつけたいですね。

  • 国民生活センターは2006年6月号の「たしかな目」で再度IHクッキングヒーターの特集を組み、合わせて「くらしの危険」273でもIHクッキングヒーターへの注意を喚起しています。

    おもな相談内容

    ① 電磁波への不安
    ② 天ぷらをあげていた際、鍋から発火した。
    ③ 炒め物をするため空鍋を置いたら真赤になり、油を入れたら危険である

    テスト結果

    ★ 電磁波測定の結果、短期の急性曝露に関する健康影響(例えば、目がチカチカするなどの神経及び筋肉の刺激)を防止するために設けられているガイドラインを満たしていました。
    「発がん性」等の長期的な影響については国内外で疫学調査が行われた結果「超低周波電磁波」と小児白血病との間に関連性を示す報告もありますが、動物実験や細胞実験による生物学的研究による裏付けはなされていません。
    ★ 天ぷらキーを使えば少量油(200g)でもほぼ問題はないが、加熱キーを試用すると発煙するものもありました。
    ★ 最大火力でフライパンの予熱を行うとわずか1~2分で底の温度が約500~600℃に達し、油を注いでから予熱すると発火する銘柄がありました。
    ★ 調理後のトッププレートは加熱された鍋からの熱伝導で高温となるため、謝って触れてしまうとやけどするおそれがあります。
    ★ アルミや銅製の鍋を使うと火力が落ちることや熱効率が劣る事が要因でステンレス鍋の場合に比べて湯沸し時間が2倍以上かかりました。
    ★ 軽いアルミ鍋を使うと鍋が動いてしまうことや銅鍋を使用した場合は加熱中に鍋底が変形することがありました。
    ★ ガスの場合は、どの鍋でもほぼ同じ時間で湯沸しができます。
    経済性を調べると3リットルの水の湯沸し時間はステンレスで6.4円~6.5円、アルミや銅鍋で8.8円~12.6円、ガスは東京地区の例では5.8円~6円。

    出典 :電磁波
  • ナショナル

    Q.電磁波の心配は、ありませんか?

    A.電磁波の人体への影響については国内外で各種調査研究が行われていますが、現時点では影響の有無について結論づけることはできません。
    日本においても平成5年の通産省(電磁界影響調査検討会)および環境庁(電磁界暴露の健康影響に関する調査研究会)の報告書では、電磁波の人体への影響の有無については科学的にも疫学的にも結論づけることはできないと報告されています。
    こうした中、IHクッキングヒーターは現時点において国内外で規定されている基準(電気用品安全法、IEC規格等)に対応しています。

    日立

    Q.電磁波が人体に与える影響はある?

    A.IHクッキングヒーターの電磁波は、安心できる低レベルです。IHクッキングヒーターからの磁界強度は、商用周波数帯(50/60Hz)において5μT(50mG)以下、加熱周波数帯(数10kHz)において2μT(20mG)以下であり、国際的なガイドラインである国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の値【50Hz:100μT(1000mG)、60Hz:83.3μT(833mG)、0.8kHz~150kHz:6.25μT(62.5mG)】を大幅に下回っています。(このガイドラインは、電磁界によって引き起こされる神経や組織への刺激に対して安全係数を取って設けた基準で、測定条件は距離30cm、最大火力で直径12cmの鍋使用時。)
    また、このIHクッキングヒーターから発生する電磁波の強度は、昔からご愛用いただいている一般の電気製品と同レベルです。


    東芝

    Q.IHクッキングヒーターから発生する電磁波の影響は?

    A.電磁波の影響につきまして、弊社と致しましては、関連団体(IEC国内委員会、電気工業会等)などでの活動を通じて、電磁波の最新情報の入手、製品の改善などに取り組んでおります。
    電磁波の影響につきましては下記ホームページにて詳しく説明されておりますので、ご参照下さい。
    ・IHクッキングヒーターの電磁波について
    http://www.jema-net.or.jp/Japanese/kaden/ih/ih-08.htm
    ・家電製品と電磁波について
    http://www.jema-net.or.jp/Japanese/kaden/q_a/ans.htm


    東京電力

    Q.IHの電磁波は安全なの?

    A.健康へ有害な影響を及ぼすことはありません。
    安心してお使いいただけます。
    電磁波による健康への影響については、国内外の専門機関が検討や評価を行っています。当社では、これらの見解や、IHクッキングヒーターから発生する電磁波が国際機関によるガイドラインを大幅に下回っていることから、人の健康へ有害な影響を及ぼすことはないと考えています。
    ただし、心臓用ペースメーカーなどをお使いの方は、念のため専門医に相談いただくことを推奨しています。
    出典 :IHクッキングヒーターメーカーと電力会社の立場
  • あまりにも気にしすぎてストレスになってしまうのも辛いですし、エプロンで対応してみたり、妊娠中はキッチンでの立ち仕事も疲れますよね。体の負担軽減のためにも、短時間・つくりおきなどで長時間IH調理器の前にたたない、など工夫してつかってみるというのもありではないでしょうか??