「音楽」はすごいんです。

音楽は体にいいらしい!好きな音楽を聴いて、健康を手に入れよう!

view505

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「好きな音楽」で幸せになれる!

  • RT @dekiruotoko0107: 【音楽を聴いた時の人体への影響】 ・好きな音楽を聴く→血流が26%増加 ・好きでない音楽→6%の減少 ・リラクゼーション用の音楽→11%の増加 ・お笑いのビデオを観る→19%の増加 心臓への負担減などの利点が生じるため、好きな音楽を聴く…
  • 好きな音楽を毎日30分聞くだけで19%も心臓血管の機能が上昇し、さらにエクササイズをしながら音楽を30分聞くと3週間で39%も高まることが分かったのです。
    出典 :音楽を聴くだけで運動になる―セルビア研究 | 「マイナビウーマン」
  • ここでキーとなるのはエンドルフィン、幸福ホルモンが音楽を聞くことで流れ出る、ということです。

    私たちは好きな音楽を聞いていると脳内からエンドルフィンが放出され、血管がより健康になります、と研究リーダーであるセルビアのニス大学、デジアニン リック教授は語ります。”この曲を聞くべきだ”というのはありません。それぞれにどの曲が好きか、どの曲を聞くとハッピーになるか、が大切なのです。
    出典 :音楽を聴くだけで運動になる―セルビア研究 | 「マイナビウーマン」
  • 実験でも実証されている!

  • 74人の心臓病持ちの患者を3つにグループに分け、3週間エクササイズをするグループ、エクササイズをしながら音楽も聞くグループ、30分音楽だけを聞くグループに分けて研究をしました。

    フィットネスレベルを検査した結果、ホルモンの放出が原因と思われる、音楽を聞きながらエクササイズをするグループに最も心臓血管の向上が見られたのです。
    出典 :音楽を聴くだけで運動になる―セルビア研究 | 「マイナビウーマン」
  • 「音楽」は体にさまざまな良い影響を与える!

  • 気分

     

    脳の感情を司るへんとう体が音楽のコードやトーンを素早く分析し、あなたが好きかどうか、いい感情を抱いてるかどうかを察知します。音楽の鼓動を認知し、いい気分神経伝達物質のドーパミンを放出させ、楽しさに震え上がったりさせます。
    出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131001-00830201-mynaviw

  • 記憶

     

    神経細胞により、例えば、悲しい曲を聞くと、元彼と別れた時の悲しい思いでやその時の気持ちを蘇らせます。悲しいことがあったら明るい曲を聴くといいでしょう。
    出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131001-00830201-mynaviw

  • 知力

     

    曲の複雑性を理解するには脳を使う必要があります。特に主要な考えの元になる脳の中部にある前頭葉が大きな役割を果たします。これがモーツアルトを聴くと頭脳に良いと言われる理由でしょう。
    出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131001-00830201-mynaviw

  • 帰宅中〜頭痛中〜モーツァルト聴いて癒し中〜
  • ストレスと心拍数

     

    甘い音楽を聴くとコルチゾールやアドレナリンなどのストレスホルモンの生成が抑えられます。スパなどでよく聴こえてくるヒーリングミュージックは心拍数を下げ、深い呼吸をするようになります。
    出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131001-00830201-mynaviw

  • ヒーリングミュージックなうw
    なんか癒されるw
  • 代謝と免疫システム

     

    リラックス効果のある音楽は成長ホルモンを増やし、健康的な代謝を促します。免疫システムに重要な炎症も抑えられます。
    出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131001-00830201-mynaviw

  • 痛みの感知

     

    音楽を聞いている間は痛みや不安を減少させる効果があります。痛みや不安がある時は、音楽で気を紛らわせましょう。
    出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131001-00830201-mynaviw