不整脈についてのまとめ

これくらい大丈夫と思っても、ほうっておくと怖い不整脈。その原因などをまとめてみました。

  • wolf 更新日:2013/08/26

view662

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こういった症状に心当たりはありませんか?

  • ・息切れ
    ・めまい
    ・ふらつき
    ・失神

    ・急に胸がドキドキする
    ・脈が飛ぶ
    ・吐き気
    ・胸が苦しい
    ・締め付けられる

  • こうした症状に該当したら、それは不整脈が原因かもしれません。

  • 不整脈とは何でしょう?

  • 不整脈という病気は、その名が示す通り脈の乱れを意味していますが、内容的には仮に不整脈を認めてもそのまま放置しておいてもよいものから、直ちに治療を開始しなければ命にかかわるものまで極めて多彩です。不整脈が出現することで強い自覚症状を認める場合、心筋梗塞、心筋症などの心臓の病気をもともともっている方で心電図上危険なタイプとされている不整脈が検出された場合などは治療の対象となることが多いですが、健診の心電図などでたまたま不整脈が検出される場合などでは、治療の必要性がないことのほうがむしろ多くなります。

    不整脈がなぜ出現するかについての説明、理解は難しいと思われますが、心臓が規則正しく収縮と拡張を繰り返し正常のポンプ機能を維持するには、その指令となる電気的信号が必要で、この電気的信号の乱れが不整脈であるととりあえず解釈していただくのがいいかと思います。電気的信号の乱れは、心臓に何らかの疾患があって出現する場合と、そのような疾患がなく出現する場合とがあります。不整脈の種類は多数あり、脈の規則性が失われるもの、規則性はあるが脈の数が異常に多くなる(速くなる:頻脈〈ひんみゃく〉)もの、逆に異常に少なくなる(遅くなる:徐脈〈じょみゃく〉)ものなどに大きく分けることができます。
    出典 :不整脈 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • なぜ、不整脈が起こるのか?

  • 不整脈は心臓が悪いから起こるのかというと、実は必ずしもそうではないのです。
    一方、心臓を養っている血管が詰まる病気に心筋梗塞や狭心症がありますが、不整脈は血管が詰まるから起きるのだと勘違いされている方が少なくありません。
    心筋梗塞や狭心症は心臓の血管の病気であり、一方、不整脈は電気系統の“故障”ですから、基本的には別の病気です。
    不整脈の原因として最も多いのは、年齢に伴うものや、体質的なもの、つまり心臓病には関係しないものです。
    1日または2日にわたって心電図を記録してみると、中年以上ではほとんどの人に、毎日1~2個は不整脈が見つかります。
    年をとるにつれ、だれでも少しずつ不整脈が増えていきます。ストレス、睡眠不足、疲労などでも不整脈は起こりやすくなります。
    そういう意味では、だれにでも起こりうるものだと言えるでしょう。
    心臓は1日約10万回、収縮と拡張を繰り返していますが、時に規則正しくない刺激で不規則な収縮が起こる、と考えればよいでしょう。とくに検診で不整脈だけ見つかった場合は、病気とは関係のない不整脈であることがほとんどなのです。
    しかし、すでに心臓の病気があると、二次的に電気系統の異常が生じて、不整脈が出やすくなるのも事実です。
    例えば弁膜症になると、心房や心室が大きくなって電気の流れがおかしくなり、脈が乱れやすくなります。高血圧の人、肺に病気がある人、甲状腺に異常がある人も不整脈が出やすいのです。
    出典 :[6]怖い不整脈と怖くない不整脈||心臓|循環器病あれこれ|国立循環器病情報サービス
  • 不整脈はどうやって治療するの?

  • 治療が必要な不整脈に対しては、抗不整脈薬により不整脈を抑えたり、脈拍をコントロールする薬物治療や、ペースメーカーや植え込み型除細動器 (ICD) などの外科的処置を行う非薬物治療が行われる。 心室細動などの危険な不整脈では除細動器により心臓にショックを与え(除細動)、心臓のリズムを正常に戻す必要がある。
    ACLSにおいては、全ての抗不整脈薬はそれ自体が不整脈の原因となりうるという認識の元、電気的治療をまず優先し、薬物治療も使用する薬剤の種類を出来るだけ少なくするよう推奨している。
    出典 :不整脈 - Wikipedia
  • 治療が必要な不整脈に対しては、抗不整脈薬により不整脈を抑えたり、脈拍をコントロールする薬物治療や、ペースメーカーや植え込み型除細動器 (ICD) などの外科的処置を行う非薬物治療が行われる。 心室細動などの危険な不整脈では除細動器により心臓にショックを与え(除細動)、心臓のリズムを正常に戻す必要がある。
    ACLSにおいては、全ての抗不整脈薬はそれ自体が不整脈の原因となりうるという認識の元、電気的治療をまず優先し、薬物治療も使用する薬剤の種類を出来るだけ少なくするよう推奨している。
    出典 :不整脈 - Wikipedia
  • 怖い不整脈と、怖くない不整脈があるんですって。

  • ■怖い不整脈の症状

  • ・「何もしていないのにふうっとする」「急に意識がなくなる。つまり失神する」
      …これは最も危険です!

    ・「脈拍数が1分間40以下で、体を動かす時に、強い息切れを感じる」
      …この場合、ペースメーカー治療が必要になることがあります。

    ・急に失神状態になる

    ・脈拍が減り強い息切れを感じる

    ・「脈拍数が1分間に120以上で、突然始まり、突然止まる」
    ・「まったく不規則に打つ」
     …1分間に150以上の頻脈が続く場合は、不整脈をまず停止させて、その後、頻脈を予防する薬剤を服用する必要があります。

  • ■怖くない不整脈の症状

  • ・脈がたまに飛ぶ程度の人や、症状のない徐脈は心配のないことがほとんどです。
    ・また、運動や精神的な興奮によって脈が速くなる場合も心配ありません。

    ・安静にしている時に起こる頻脈のうち、数十秒から数分の間に脈が速くなるけれども、
     脈拍数はせいぜい1分間120までであり、その後徐々に遅くなる場合も、大抵は病的な頻脈ではありません。

     ※脈拍が120以下で規則正しく打っておれば大丈夫だ、と自分自身に言い聞かせ、まず落ち着くことが大切です。

  • 不整脈の自己診断法

  • ・症状があるときの脈拍数は何もないときと同じか。また触れる間隔はどうか(規則正しいか、ばらばらか)。
    ・ばらばらであれば常にばらばらか、ほんの一瞬だけ乱れて、その後はもとの規則正しい脈に戻るか。
    ・1分以上持続している場合は10秒間の触れる脈拍数はいくらか。(6倍すれば1分間の脈拍数になる)
    ・脈の結滞(脈が触れるべきタイミングで触れない)がないか。
    ・突然早い脈で出現するか、徐々に早くなる脈で出現するか。
    出典 :不整脈診断の難しさ~「自己検脈」のすすめ~:メディカルアドバイス:健康のために:武田病院グループ
  • これだけで、不整脈の診断にはかなり役に立ちます。
    脈の乱れ、動悸等を感じておられる方で他施設で心電図がないと判断できないと言われた方は、ご自身で検脈を行うことをおすすめします。

  • 不整脈は体調を知るシグナルです!

  • 不整脈のなかには、原因がよくわからないものも少なくありません。とくに中高年になると、加齢に伴う不整脈が増え、病院で検査をしても、原因を特定しにくいケースが多くみられます。
    こうした原因不明の不整脈には、実はストレスが誘因になっているケースがよくあります。
    なぜストレスによって、不整脈が起こるのでしょうか。
    心臓のリズムをコントロールしているのは交感神経です(※4)。例えば緊張したり興奮したりすると、脈が速くなります。それは交感神経が心臓の拍動を速め、血液を大量に送り出すためです。
    ところが自律神経の一つである交感神経は、ストレスの影響を受けやすい面があります。適度のストレスは交感神経を刺激し、「やる気」を起こします。でも強いストレスがかかったり、長期間にわたるストレスがあると、交感神経がうまく働かなくなり、心臓のリズムに乱れが生じやすくなるのです。 こうした不整脈の多くは、心臓病などの重大な病気とは関係ないので、あまり心配はいらないとされています。しかし、ストレスによる交感神経の緊張状態が続くと、免疫力が低下し、体調をくずしやすくなります(※5)。
    不整脈を誘発するストレスは、精神的なものに限りません。忙しさによる疲労や睡眠不足、食生活の乱れなども、からだには大きなストレスとなります。 もし軽い不整脈を繰り返すような場合には、からだがストレスを感じてシグナル(注意信号)を発している可能性があります。次のような点に注意し、生活全般を見直すいい機会にしましょう。

    休みをきちんととっているか
    睡眠不足になっていないか
    食事は規則正しく、バランスのよいものをとっているか
    (※4)慶應義塾大学の心臓再生医学グループの最新研究から、交感神経は心室の内側よりも外側に多く分布し、この分布の偏りによって心臓の筋肉がコントロールされ、突然死につながる不整脈を防ぐシステムをつくっていることが判明しています。このことからも、交感神経が不整脈に大きな影響をもっていることがわかります。

    (※5)自律神経には、交感神経(やる気モード)と副交感神経(リラックスモード)があります。ストレスを受けると交感神経が積極的に働きますが、同時に血圧も上昇させるため、高血圧気味の人にとってもストレスの解消が大切になります。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|不整脈…どんなとき注意が必要か|オムロン ヘルスケア
  • 不整脈予防法

  • 不整脈を予防するためのおもな方法をあげてみました。

  • ■熱いお風呂はダメ!
    ■ストレスをためないこと!
    ■睡眠はきちんと取ること!
    ■タバコはダメ!
    ■お酒はひかえめに
    ■脂っこいものもひかえめに
    ■塩分もひかえめに
    ■水分はしっかりととりましょう

  • 不整脈について、動画で紹介します。

  • 不整脈という病気 - YouTube

     

    筑波大学 人間総合科学研究科 疾患制御医学 循環器内科 教授 青沼和隆先生に不整脈について説明していただいています。

  • 狭心症や不整脈の症状を自宅でじっくりと和らげていく方法

     

    狭心症、不整脈解消【ホームページ】⇒ http://movafi.biz/youtube/x6url8j5