おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状と予防接収

成人が感染すると症状が重い場合が多いおたふく風邪の症状と予防法についてまとめてみました。

view1195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おたふく風邪とは?

  • おたふく風邪はウイルス性の感染症のひとつで、うつる病気です。おたふく風邪の病原体「ムンプスウイルス」に感染すると、耳下腺がはれてきます(中には顎下腺がはれる場合もあります)。耳の下からあごのラインがはれて、はれた所を押すと痛がるのが典型的な症状で、左右両方が同時にはれることもあれば、片方ずつはれたり、全然はれない場合もあります。
    出典 :おたふく風邪になると、どんな症...【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長
  • 合併症や後遺症が

     

    せきなどの飛沫感染でうつり、その潜伏期間は2~3週間と長いため、うつらなくて大丈夫だったかなと思ったときに症状が出ることもあります。おたふく風邪は頭痛、嘔吐、発熱を伴う「無菌性髄膜炎」、「ムンプス難聴」などさまざまな合併症や後遺症を起こすことがあるため、もしかかってしまったと思ったら、早めに小児科を受診してください。

  • おたふく風邪の流行

  • おたふくかぜは、以前は春から夏にかけて流行することが多かった。しかし現在では、時期に関係なく、年間を通しておたふくかぜに感染することが多い。冬だから、おたふくにかかる心配はない、ということはなさそうだ。おたふくかぜが春から夏にかけて流行するのが多いと言われているのは、子どもたちが入園・入学する時期と重なることと考えられる。入園・入学で大勢の子どもたちが集団生活に一気に入るため、抵抗力のない子どもやおたふくかぜに免疫がない子どもが感染してしまう機会が多くなる。
    出典 :おたふくかぜの流行時期
  • 大人のおたふく風邪

  • 私のおたふく風邪の初期症状としましては、左側のあごの下(耳タブの付け根部分に枝豆ぐらいの腫れが出来ていました。)に違和感があり痛みと少しの腫れを伴い朝方に目が覚めました。今までに味わったことのないような違和感で、これはおかしいと思い病院に行くことにしました。当初は原因がおたふく風邪と分からず、一体何科の病院にいけばいいのか?と判断できませんでしたが、とりあえず耳の下が痛いと思い耳鼻咽喉科に行きました。 診察前に体温計を渡され、計測すると38,3度ありました。病院で診断していただいた結果、おたふく風邪の初期症状の疑いがあると言われ、はっきりとした結果を出すために血液検査を受けるようにお話がありました。その日から、おたふく風邪が完治したのがだいたいですが10日間程です。
    出典 :http://bc.gold-rush-gold-rush.com/
  • 生殖機能に障害が

     

    大人のおたふく風邪の合併症は生殖機能に関係するものが多いです。病状が重い場合には生殖機能がなくなることもあります。男性の場合、合併症では睾丸炎です。成人男性がおたふく風邪になった場合、睾丸炎になる確率は決して低いものではありません。
    15歳以上の男性がおたふく風邪にかかった場合、約30%の確率で睾丸炎を併発するといわれています。成人女性の場合は、約7%の確率で卵巣炎を併発。どちらも不妊の大きな原因となります。

  • おたふく風邪の治療法

  • 残念ながら、おたふくかぜそのものに対する治療法はありません。熱があれば熱さまし、痛みが強ければ痛み止めを使ってもかまいません。耳下腺の腫れが消失するまで登校(園)禁止となるため、熱がなくても家で安静にしておく必要があります。口をあけたり、噛んだりすると痛いので、食事はおじや、スープ、ゼリーなどの噛まずに食べられるものがよいでしょう。
    出典 :おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎
  • おたふく風邪の予防法

  • 予防するためには、口の中を清潔に保ち、ガムやレモンなど唾液の分泌を促すものを食べるとよいといわれていますが、効果のほどは定かではありません。積極的な治療法はなく、おたふくかぜの時と同様に、酸っぱい食べ物を避け、痛みが強い場合には痛み止めを使います。生活は普通でよく、入浴してもかまいません。細菌が感染した、いわゆる化膿性耳下腺炎の可能性がある場合には、早めの抗生剤の内服が必要です。
    出典 :おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎
  • おたふく風邪は3~4歳頃に発症する事が最も多く、毎年、数万~数十万人の発症が報告されているようです。合併症として、無菌性髄膜炎が良く知られているようですが、予後は悪くないとはいえ、子供にかなり苦しい思いをさせ、脳波異常が残る事がある事も指摘されています。また頻度は少ないものの、私の様な片側性の難治性難聴や睾丸炎など深刻な合併症があります。その為、自然感染で重い症状や後遺症で苦しむよりはワクチン接種がすすめられています。
    おたふく風邪ワクチン予防効果については麻しんや風しんワクチンの抗体獲得率に比べてやや低く出でているようですが、ワクチン接種後の長期間にわたった追跡調査では麻しんや風しんワクチンと同様な高い防御効果を示しています。
    出典 :http://www.geocities.jp/mumps_deafness/yobousessyu.html
  • ワクチン接種で予防

     

    1歳になったらMR(麻しん風しん混合)ワクチンの次、あるいはMRワクチンと同時に、できるだけ早く受けましょう。地域で流行している時や、保育園に入園するなどでかかりやすい時は、1歳前でも接種することがあります。最近、1歳すぐに接種すると無菌性髄膜炎がたいへん起こりにくいことも分かってきました。
    1回接種した人でも、2~4年たったら2回目を接種するのがおすすめです。