長寿の人には長寿遺伝子が働いていた!?

4人に1人が高齢者という現代日本。もっと長生きがしたい!!!

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一体、人間ってどれくらい生きられるのだろう。

  • きちんとした記録では、日本人の最大寿命はこれまでのところ泉重千代さんの120歳、世界的にはフランス人ジャンヌ・カルマンさんの122歳164日が最長です。したがって人間の最大寿命は約120歳と言われています。
    出典 :第1章 老化と寿命 東京大学大学院 獣医学専攻
  • 116歳 史上最も長生きした男性と認定された木村次郎右衛門さん死去

     

    長寿世界一で、史上最も長生きした男性と認定された木村次郎右衛門(きむら・じろうえもん)さんが12日午前2時8分、老衰のため、京都府京丹後市の病院で死去した。116歳。京丹後市出身で、自宅は京丹後市丹後町

    出典:http://sankei.jp.msn.com/life/news/130612/trd13061208310003-n1.htm

  • 22年に113歳の誕生日を迎えたときに、目標としている年齢について「理想は男性長寿記録の120歳」と答えた。23年に114歳の誕生日を迎えたときも、「(目標は)変わりませんね」と述べた。
    出典 :長寿世界一の木村次郎右衛門さん死去 116歳「サンキュー・ベリー・マッチ」 - MSN産経ニュース
     

    目標があることはいいことだ!!!

  • 座右の銘は「苦にするな嵐のあとに日和あり」。訪れた人に対して、「サンキュー・ベリー・マッチ」と、にこやかにあいさつするユーモアあふれる人柄が親しまれた。子供7人に孫14人、ひ孫25人、やしゃご15人にも恵まれた。
    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    メンタル的にも穏やかな人だったんですね。116年前って、明治時代じゃないですか!?

  • 一方、日本人の平均寿命は?

  • 平成21年簡易生命表によると、男の平均寿命は79.59年、女の平均寿命は86.44年
    出典 :厚生労働省:日本人の平均余命 平成21年簡易生命表
     

    だいたい平均が80歳として120歳まで寿命があれば、40年も生きられる可能性が。

  • 寝たきりとか、ただ長生きするんじゃなくて、社会活動をしたり、孫やひ孫の面倒をみたり、知的生産ができるアクティブな高齢者になりたい。どうしたら、いい?

  • 「長寿遺伝子」をONにする

  • 生物の老化時計を制御する遺伝子

    長寿の人たちには、ある共通の遺伝子が働いていることが明らかになっています。それがいわゆる「長寿遺伝子」と言われるものです。長寿遺伝子は長生きをしている人だけが持っている特別な遺伝子ではなく、実は誰もが持っているものです。けれども、その遺伝子が働いているかどうかで、老化の速度が変ってくるのです。
    出典 :新たな長寿遺伝子の発見 アンチエイジングのカギを握るレスベラトロール|富士フイルム ヘルスケア未来研究所
     

    長寿遺伝子は、もともとみんなに備わっている!?

  • 長寿遺伝子として知られる「サーチュイン」。誰もが持つこの遺伝子を働かせることができれば、血管や心臓など臓器や組織の老化が遅くなり、脳の神経細胞も長生きになることが動物実験で分かってきました。アメリカでは、サーチュインの働きを高める方法が研究され、人間では25%のカロリー制限が効果的だと突き止められました。
    出典 :サイエンスZERO|これまでの放送
     

    ダイエットで食事制限をすると痩せて、しかも、長寿になる!?

  • 代表的なのが細胞の寿命の制御です。細胞の中にある染色体の端には、細胞分裂の度に短くなる「テロメア」というキャップのようなものがついています。このテロメアは、いわゆる老化時計の役割を果たしていますが、サーチュイン遺伝子が活性化するとテロメアの短縮を促すテロメラーゼという酵素の働きを抑えてくれることがわかっています。
    出典 :レスベラトロールの老化予防効果|富士フイルム ヘルスケア未来研究所
  • サーチュインを働かせるには?
    動物実験では、えさを減らしてカロリーを30%前後制限するとサーチュイン遺伝子が働き、老化が遅くなることがわかった。
    では人間の場合はどうなのか? アメリカでは、500人が参加した実験の結果、適正より25%カロリーを減らした食事を続けることが効果的であることがわかってきた。この実験の参加者は、サーチュイン遺伝子の働きが半年で平均1.5倍近くにアップしたのだ。
    出典 :サイエンスZERO|これまでの放送
  • 赤ぶどうの皮にわずかに含まれる物質、レスベラトロールがサーチュインの働きを高めることが分かった。レスベラトロールを与えたネズミは、通常よりスピードが落ちずに走り続けられることがわかった。老化とともに減っていく筋肉のミトコンドリアが2倍に増え、筋肉が若返ったおかげで持久力も1.5倍になったのだ。
    出典 :サイエンスZERO|これまでの放送
  • レスベラトロールとは?

     

    サーチュイン遺伝子に直接作用するポリフェノールの一種

    レスベラトロールは、ブドウの茎や皮などから抽出されるエキスの中に微量に含まれる成分で、ポリフェノールの一種です。赤ワインにも含まれています。

    出典:http://info.fujifilm.co.jp/healthcare/resveratrol/3-1.html

  • さて、赤ワインでも飲むか・・・。