「ダイエット脳」があなたをキレイに痩せさせる!?

あなたが痩せられないのは「ダイエット脳」じゃないから!?

自分の行動をきちんと把握して、
脳を“ダイエット脳”にバージョンアップできれば、
失敗続きだったダイエットも成功・・・するかも♪

view611

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「意志の力」には限界がある

  • 最初に肝に銘じておくべきは、人間は食べるものについて、思っているほどはコントロールが効かない、という点です。「意志の力は自由自在。意志をもってすれば、ハンバーガーの替わりにサラダをオーダーするのも可能なはずだ」と思っていませんか? そして「誘惑に負けるのは、自分が弱いせいだ」とも。でもそれは違います。自制心とは、簡単に出したり引っ込めたりできるものではありません。人間の意志決定(特に食べ物に関するもの)はもっと複雑なのです。
    出典 :ダイエットが続かないのは脳が邪魔しているから:解決策はたったひとつ。 : ライフハッカー[日本版]
     

    なななんですって!のっけからキビシイお話ですが・・・ではどうしろと?

  • “キレイになって喜ぶ自分”をイメージする!

     

    問題なのは、楽しい事=「おいしい物を食べて気分のいい自分」のイメージが引き起こす過剰な食欲を抑制する「*スリムなって気分のいい自分」 のイメージの少なさのです。つまりは、ダイエットに成功して、体質を改善したとしても脳が楽しい、気分のいいと感じる事柄に「*スリムだから、気分のいい自分」が不明確な限り、いづれは、リバウンドしてしまうと考えられます。

    引用)http://www13.plala.or.jp/arubamu/daietto/noukouza-4.htm

  • 痩せなくちゃ!って意思を強く持とうとするよりも、痩せた自分はきっとこんなにステキなの~・・・って思うことが大切!

  • 「ストレスホルモン」に注意!

  • ■ストレスホルモン=コルチゾール

     

    会社で嫌なことがあったり、ダイエットが辛かったりすると、ストレスがたまりますよね? ストレスによって脳が刺激を受けると「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。これは別名「ストレスホルモン」と呼ばれるほど。ストレスに対し敏感に反応し、量によっては血圧や血糖を上げることもあります。

    引用)http://www.asken.jp/info/2991

  •  




     ダイエット“思考”に変えてしまう

  • 米を炊く

  • 私生活が忙しくて自炊する暇も気力もない、という女性は多いです。いつも食事は外食が多い、という方は自分の好きなものばかり選んで食べるため、必然的に高カロリーで偏った食生活が続きます。そんな時はお米だけでも炊く習慣をつけましょう。お家に主食があると、スーパーで選ぶのは必然的におかずだけになり、自然と主菜・副菜を選ぶようになります。この時、出来れば白米ではなく玄米をチョイスするのが正解。玄米の方が腹持ちがよく、美容にもいいビタミンなど栄養を豊富に含んでいるのでおすすめです。家にいる時くらいは、カラダに良い食事を摂りたいものです。

    出典 :ダイエット脳になるライフスタイル4選 - Peachy - ライブドアニュース
     

    確かに、家にご飯があるから・・・ってなりますよね。

  • ペットを飼う

  • 今まで全く運動しなかった人が、ペットを飼い始めたことをきっかけに、定期的に散歩に行く習慣がついた、なんて話をよく聞きます。自分のためには面倒でも、ペットが行きたがるから…と重い腰が上がるキッカケになるようですよ。もちろん飼うからには責任をもって、しっかり面倒をみてあげてくださいね。
    出典 :ダイエット脳になるライフスタイル4選 - Peachy - ライブドアニュース
     

    犬を飼うと良いですね~♪外に出れば、人にも見られるし!

  •  




     「痩せることができました!ありがとうございます!」



     と“目標”に書く!?