女性のための「冷え」を防ぐ生活習慣

女性にとって、「冷え」というのは健康や美容を害する大敵です。冷えを寄せ付けない生活習慣を取り入れ、毎日を元気に過ごしましょう。

view347

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「冷え」って何?

  • 冷えは、東洋医学で未病(病の前段階)に数えられ、不調や病気に向かいつつある状態のことを指します。
    出典 :夏の“隠れ冷え”に要注意 「常温」で冷えてない男こそ最髙にクール?:Men's HOLOS
     

    実際に肩こりなどの症状に悩まされている、という方も多いのではないでしょうか。

  • ついつい喉が乾いた時に手を伸ばす冷たい飲み物・・・はNG!

  • ここ最近コンビニなどで常温飲料を販売する動きが活発になっているのをご存知でしょうか?
    冷たいものを摂れば、体は内側から冷やされます。冷えた飲み物を摂取した体は、交感神経が働いて緊張状態になり、血管がしぼんで血液の流れが悪くなります。栄養素や酸素を全身に運んでくれる血流が滞ると、消化吸収をはじめとした代謝全般に悪影響を及ぼします。結果、全身の至るところで不調や病気が起こりやすくなるのです。
    出典 :夏の“隠れ冷え”に要注意 「常温」で冷えてない男こそ最髙にクール?:Men's HOLOS
     

    冷えの影響は様々な症状として現れます。普段口にするものの「温度」に気をつけるというのも一つの手。

  • 熱を帯びた体は発汗によって体温を下げます。その状態でさらに冷房の効いた室内に入り、冷たいものをたくさん摂ると、体はあっという間に冷えてしまいます。この急激な温度変化に体がついていけず、自律神経のバランスが乱れ、夏バテの原因となります。
    出典 :夏の“隠れ冷え”に要注意 「常温」で冷えてない男こそ最髙にクール?:Men's HOLOS
     

    汗っかきだから関係ない! という方こそ要注意。何でも急激な変化は良くない、ということですね。

  • 冷えの原因は色々なところに

  • 冷えの原因は、冷たい飲み物の摂り過ぎ以外にも、ストレス、喫煙、睡眠不足なども影響するといわれます。冷房の効いた会社で長時間働き、ストレスを抱えて、その鬱憤をキンキンのビールで……なんて方は、ストレス解消の矛先を変えた方がいいかもしれません。
    出典 :夏の“隠れ冷え”に要注意 「常温」で冷えてない男こそ最髙にクール?:Men's HOLOS
     

    仕事終わり、お風呂あがりの冷たいビールも実は冷えの原因です。

  • 「冷え」を寄せ付けない生活習慣をマスターしよう

  • 毎日出来る、お風呂の効果

  • 湯船をしっかり張り、入浴する事が大切です。
    お風呂は、全身を暖めるだけでなく、冷たくなり収縮した毛細血管を広げ、血行を良くし、冷え性改善の手助けをしてくれます。
    出典 :暖まるお風呂の作り方 - 冷え性改善研究所
     

    面倒だから、と毎日シャワーで済ませるのはオススメ出来ません。きちんとお湯に浸かり、体の芯から温まりましょう。寝付きも良くなりますし疲れも良く取れます。お湯の温度は少しぬるめがオススメです。

  • 睡眠を良質なものにしよう

  • 冷え性の方は睡眠がうまくとれない、寝付けないという方も多いはず。睡眠をよくとる為には足を暖めてあげる事です。血液が全身にいきわたるように姿勢よく寝る事も大切ですよ。
    出典 :良い睡眠方法 - 冷え性改善研究所
     

    湯たんぽや電気毛布、厚着など工夫して快適な睡眠を心がけましょう。寝る時に小さく縮こまって寝る癖のある人は要注意。出来ればリラックス出来る仰向けの姿勢で体を伸ばして寝ることが大切です。

  • 「冷え」を招く食べ物を避けよう

  • 冷え性の女性が避けたほうが良い食べ物は、 東洋医学では「陰」のものだとされています。
    暖かい土地で作られている農作物や、夏に収穫できる野菜という特徴もあります。
    出典 :冷え性対策 避けたほうが良い食べ物について
     

    代表的なのはきゅうりやお蕎麦ですが、基本的には夏やさいやフルーツ、チョコレートなどのお菓子も体を冷やすものですので控えた方が効果アリ。