日光アレルギーって何??どんな症状なの???

日光アレルギーってどんな症状なの??気になるまとめを作ってみました!!

view556

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日光アレルギーって何???

  • 日光や日光の紫外線を浴びる事により、肌に湿疹が起こり、肌が真っ赤に腫れたり、かゆみを感じるようになることがあります。この症状を日光アレルギーを言います。通常、人が浴びても問題のないレベルの量の日光や紫外線を浴びただけでも肌に異常が起こるようです。日光アレルギーというのはあまり知られていないことが多いようですし、湿疹やかゆみが起こったところで、それがまさか日光や紫外線によるものだと考える人は多くないと思います。また、湿疹やかゆみの原因が紫外線だけとも限りませんし、医師でない限りはその判断はとても難しいでしょう。

    とは言え、日光や紫外線を浴びるたびに湿疹やかゆみが起こるようであれば日光アレルギーを疑った方が良いかもしれません。
    出典 :日光アレルギーについて知ろう!
     

    かゆみや湿疹など気になる症状がある人は医師に相談してみるのも良いかもしれません!!

  • 日光アレルギーの症状!!

  • 急に発症する可能性もある!!

  • これまでは日光や紫外線を浴びても肌に何も異常は起こらなかったのに、突然湿疹が発生するようになったりするのでしょうか。実はアレルギーというのは急に発症することが多いのです。花粉症もそうですよね。今までは春になっても何ら問題はなかったのに、スギ花粉を毎年のように体内に蓄積していくことによって抗体の一定量を上回ってしまった時にアレルギー症状が突然現れるのです。
    日光アレルギーもこれと同様で、日光や紫外線を浴び続け、抗体の一定量を上回ってしまうと日光や紫外線を浴びた時に毎回アレルギー症状が現れるというわけです。そういうわけで、小さい頃は外で良く遊んでいて、日光や紫外線を浴びても何も起こらなかったのに、今になって湿疹が起こるようになるということも考えられます。しかし、抗体はどれくらいで一定の量を超えるかについては人それぞれなので、一生日光アレルギーの症状が出ない人もいますし、明日突然出る人もいるかもしれません。
    出典 :日光アレルギーについて知ろう!
     

    大人になってから発症する人も居るので要注意!!

  • 大人になってからの発症もある!!

     

    アレルギーは急に発症する場合が多いので注意!!

  • アレルギーは2種類ある!!

  • 内因性紫外線アレルギー
    普段、日に当たる機会が少ない人に、多く見られるようです。
    症状は、腕や手の甲に紫外線が当たると発疹がでてきます。
    また、中年男性に多く見られるものとして、慢性光線性皮膚炎というものがあります。
    紫外線を浴びると、その箇所がすぐかゆくなってしまいます。
    2時間ほど、日光を避けることによって症状は治まりますが体の広い範囲にじんましんがでてしまった時には、頭痛や吐き気をおこしたりもします。
    これら、内因性の紫外線アレルギー症状は、原因がよくわかっていないのですが、遺伝によるものや代謝疾患が原因と考えられています。
    出典 :紫外線アレルギー 原因、その対策
     

    遺伝や代謝が上手くいかずに起こることもある!!

  • 外因性紫外線アレルギー
    その多くは、内服薬や外用薬が引き金になっています。
    湿布薬。
    湿布薬を貼った所に紫外線を浴びると、
    その部分が赤く腫れ上がり、かゆみだけでなく痛みも伴います。
    風邪薬、抗うつ剤、血圧降下薬、抗生物質、化膿止めなどの内服薬の場合は、飲んだすぐ後、わずかな紫外線を浴びるだけで、
    広い範囲に発疹がでます。
    外因性の場合は、薬の処方を変えると治まる場合もありますので、
    お医者さんに行くときには、どんな薬を飲んでるのかメモっていくと良いですね。
    出典 :紫外線アレルギー 原因、その対策
     

    薬を使用してからアレルギーが出た場合などは医師に相談してみるのも良いかと思います!!

  • 色々な対処法があります!!

  • 紫外線アレルギー 予防対策は???

  • 予防対策!!

     

    紫外線から身を守るために色々な予防対策をしましょう!!

  • 先ほども、お話しましたが紫外線アレルギーは一度、発症すると完治することは期待できません。
    極力、日光を浴びることを避けるべきで、長袖の洋服、UVカットの帽子などで、肌の露出部分を少なくしたり、直接日光が当たらないようにするべきです。
    また、日焼け止めも良いのですが、日焼け止めの中にはかえって肌に負担をかけてしまうものもあります。
    日焼け止めを使用する場合には、紫外線散乱剤を配合したクリームを使用しましょう。
    ただ、症状が重い場合には、日中、UVカットのカーテンを閉めるか、窓ガラスに紫外線カットフィルムを貼りましょう。
    出典 :紫外線アレルギー 原因、その対策
  • 紫外線は大敵!!

  • いつ誰が発症するか分からないので気をつけて生活していきましょう!!