自分で出来る、うつの予防方法について。

view474

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 事前の信号をキャッチしよう!うつのセルフケアは可能か否か?その周辺のまとめです。

  • 概要

  •  
  • うつ病が現代病の一つになった理由は、現代社会の構造に問題や亀裂がしょうじているからと言われています。ストレスの溜まりやすい公の場とプライベートとの境目、思うようにいかない困難さ等、様々な面で私たちはストレスを感じ心の奥に鬱憤を溜め込むからです。ではどのようにして、うつ予防していけばいいのでしょうか?

  • うつはストレスの溜め込みすぎが発症の一番の原因になっています。端的に言ってしまえば、ストレスの蓄積を抑制する事で発症も予防できることになります。

  • 新型うつ病 - YouTube

  • しかしストレスの発生源となるのは、自分を取り巻く外界そのものです。なので完全に抑制できないのが現状です。うつ予防は「ストレスを溜め込まない」「溜まっても発散する」という、この2つのバランス制御で行わなければなりません。

  • 考え方・視点の変化

  • 生真面目で熱心な性格の人ほどうつを患いやすいといわれています。逆に楽観的で細かいことを気にしない人はなりにくいものです。考え方や物の見方を変えることでストレスを溜め込みにくくし予防に向ける事も出来ます。

  • しかし個人の考え方とは、生まれてからの経験や教育に基づいて形成されていくもので、そう簡単に変えられません。出来る限り思い詰めすぎないように、物事に取り組む姿勢を意識しておく事でストレス軽減を心がけるのが大切です。

  • スポーツでストレス発散・・・

  • スポーツで汗をかき身体を動かすことは、ストレス発散に繋がると言われてます。健康面から考えても、適度な運動を行って汗をかくことは肥満防止等にも効果があります。しかし、必ずしもスポーツは万人向けとは限りません。得手不得手・個人差があり逆にストレスを溜め込んでしまう人も少なくありません。予防策だからと強要するのは、かえって逆効果になることもあります。

  • 新うつ予防研修NHKニュースでも紹介されたエコラージュ・ワークショップ - YouTube

     

    例えば、コラージュ作りなどは、スポーツではないストレス解消にもなります。

  • 先ずはリラックス!

  • リラクゼーション用メタミュージック(ヘミシンクCD 癒し系音楽) - YouTube

  • 心身の力みを抜いて落ち着かせるリラックスは、脳の疲れを忘れさせてくれます。ため息が増えてきたなぁと感じたら、外の空気を深呼吸で胸いっぱいに取り込んでリラックスすると、ストレスや緊張が薄れていくのがわかります。仕事の作業効率を維持する上でも適度にリラックスすることはとても重要なことなのです。

  • 何かに取り組む!

  • どうせ現実逃避するのなら、とことん逃避してみましょう。ただし良い方向にです。失うものもない、何も焦る必要もないのです。今まで頓挫してた好きな事、夢中だったものを思い出して下さい。おそらく、うつっぽいなあ・・・という時期は、何かを変化させろという心からの信号です。今一番望む事は?素直に従ってみるのもいいのではないでしょうか?