気管支喘息の治療についてまとめました。

気管支喘息は辛い病気ですよね。いつ発作が起きるかわからない。
そんな喘息の患者さんのためになるような情報をまとめました。

view509

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 喘息とはどんな病気?

  •  ぜんそくの正式な病名は「気管支ぜんそく」で、気道(空気の通り道)粘膜を中心に繰り返し起こる炎症のことをいいます。発作が起こると気道が狭くなり、呼吸がしにくくなります。
     気道粘膜はほこりや花粉、室内塵や細菌、ウイルスなどを排除するフィルターの役割を担っています。気管支ぜんそくの人の気道粘膜は、わずかな刺激にも過敏に反応してしまいます。この反応が起こると、気管支を取り巻く筋肉が収縮し、粘膜にむくみが起こり、また、分泌液も増加します。すると気道が急激に狭くなり、十分な空気を吸うことも吐くこともできなくなり、呼吸困難が起こるのです。これらの反応は、アレルギーが関与する場合と、関与しない場合があります。
     ぜんそくと間違えやすい病気としては、慢性気管支炎や肺気腫(肺胞の壁が壊れて肺全体が膨張する病気)があり、どちらも喫煙が関与しています。現在両者を合わせてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼んでいます。
    出典 :ぜんそく・喘息 | ぜんそくってどんな病気? : 予防・症状 - セルフドクターネット
     

    気管支の病気なんですね。

  • 気管支喘息は空気の通り道である気管支がアレルギーなどで炎症を起こし過敏になり、何かの刺激で腫れたり痰がでたりして狭くなり呼吸が苦しくなる慢性の病気です。「ゼンソク」というと「小児喘息」、「アレルギー」と思い浮かべる方も多いと思いますが最近は成人にも少なくなく、必ずしもアレルギー体質の人だけがかかるとは限りません。

    気管支喘息は常に症状があるわけではなく、時間や体調、ストレスなどで強い発作が出たり症状がなかったりします。ですから、本当の体の調子が主治医にうまく伝わらないことがあり、カゼと間違われ診断が遅れることもあります。またダニの除去といった生活環境、習慣を改善する事で症状を軽くすることもでき医師の治療だけでは不十分で自己管理が極めて重要な病気です。
    出典 :気管支喘息
     

    炎症の原因は様々なようです。

  •  

    気管支が狭くなって呼吸がしにくくなるようです。

  • 喘息の原因は何があるのでしょうか

  • 喘息の原因はダニなどのアレルギー物質によるものとストレスなどや風邪といったアレルギー以外のものとに大きく二分されます。
    出典 :喘息の基礎知識vol.1 喘息の原因って何? [肺・気道の病気] All About
  • アレルギーとは

  • 私たちの体の中には細菌やウィルスなどの外界からの異物から身を守るために免疫というしくみがあります。一度「麻疹(はしか)」にかかると、普通は二度とかかることがありません。これは、体の中の免疫のしくみが「はしか」にかかったことを覚え込んでいて、次に「はしか」のウィルスが体の中に入ろうとした時に退治してしまう働きがあるからです。このように、とても大切な免疫のしくみなのですが、実はアレルギーと密接な関係にあるのです。

    アレルギー体質の人は外界から異物が入ることに非常に敏感になっています。ここでいう異物とは、花粉やホコリ、ダニ、動物の毛、いろいろな食品などです。花粉に敏感なアレルギー性鼻炎(花粉症)の人は、花粉が飛ぶ時期になるとさまざまな症状が出ます。花粉を体の中に入れないように、鼻の中に入った花粉を鼻汁でからめ取って、くしゃみとともに外に出そうとします。また、花粉が鼻の奥深く入らないように鼻の粘膜が腫れて、鼻がつまった状態になります。これが花粉症の人にみられる苦しい症状となってあらわれます。

    気管支喘息の場合には、敏感になっている異物(ダニやホコリなど)を吸い込むと、これを外に出そうとして咳がでます。また、異物を肺の中まで入れないように気管支を細くしてしまうために、呼吸が苦しくなってしまいます。 アレルギー体質を持っていない人では、花粉やホコリをかなり多く吸い込んでもほとんど変化がありませんので、喘息や花粉症の症状が出るか出ないかはアレルギー体質を持っているかどうかによって決まることがわかると思います。
    出典 :気管支喘息
     

    アレルギー体質が喘息を引き起こすんですね

  • アレルギーの人が反応する物質は?

  • 小児喘息はアレルギーが原因となる病気の一種です。アレルギー反応として考えられるのは、まず布団やぬいぐるみのダニ、ペットの毛、ハウスダスト、その他に食物のアレルギーで発症することもあると言われています。ただ、ダニなどによるアレルゲンというアレルギーを引き起こす物質が原因であることがほとんどです。

    したがって、部屋の掃除をするのはもちろんのこと、布団に関しては特に使用頻度が高く、体への密着度が高いものなので、布団干しは欠かせません。ここで問題なのが、布団叩きをしてしまうことです。日光によってダニはある程度死滅しますが、たたくことによって、ダニの死骸やフンを細かく粉砕してしまうことになります。

    これではかえって睡眠時に吸い込みやすくなってしまいますので、喘息の発作を起こしやすい環境を作ってしまうのです。それであれば干した後にはたたかずに、布団専用のローラーがありますので、掃除機で吸い取って下さい。

    そして欠かせないのは布団をクリーニングに出すことですね。小児喘息のお子さんには、かならず2組の布団を用意しておいて、通常は半年に1度程度ですがその半分のスパンでクリーニングに出すことをオススメします。布団を干すだけではダニは駆除できません。逆にクリーニングにさえ出していればダニはほぼ駆除できます。
    出典 :小児喘息の原因 | 小児喘息ガイド
     

    布団を叩いてはいけないのは意外ですね。

  • ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食べ物、動物の毛などにアレルギー反応を示している子供が多いですね。度を越えた清潔志向や、環境ホルモンの影響かもしれませんし、自然食が減った影響かもしれませんが、昔の子どもよりもアレルギー反応が出やすくなってしまっています。これが皮膚に出ればアトピー性皮膚炎などになります。
    出典 :小児喘息 原因はアレルギー - 子供の病気の予防方法と対処方法
     

    アトピー性皮膚炎と併発する人は多いようです。

  • アレルギー以外の原因は?

  •  喘息症状を引き起こす気道の反応は、アレルギー以外にもさまざまなものが原因があります。天候の変化、運動、お薬、タバコの煙、大気汚染、ストレス、風邪などの感染症、年齢、心理の問題など多数あげられます。

     アレルギーは喘息と強く関わっているとされていますが、それはあくまでも原因の一つで、喘息の発症にはさまざまな原因が複雑に絡み合って発症していると考えられています。アレルギーの除去や回避は喘息の大切な治療ですが、それだけで完治するものではありません。いくつもの原因を見つけだして順に取り除いていく根気のいる治療が大切です。
    出典 :喘息とは
     

    ストレスは万病の元ですね。

  • 喘息を治療するにはどうすればいいの?

  • 気管支ぜんそくが自然に治るケースは子どもでは5~7割、成人では1割以下と報告されています。一度なったら、一生つきあわなければならない場合も多くありますが、適切な治療を行えば症状が出ないようにすることや、薬の服用などを止めて家庭で経過をみる状況まで回復することもできます。
    出典 :ぜんそく・喘息 | ぜんそくは一生完治しないの? : 予防・症状 - セルフドクターネット
     

    完全に治すことはできませんが発作を出ないようにすることはできるという事ですね。

  • 喘息の治療は、咳が出ている喘息発作に対する治療と、喘息発作を起きないようにする長期的な治療に分けることができます。
    出典 :喘息を治すには、どうする? [肺・気道の病気] All About
  • 薬を使った治療

  • 対処療法と長期的な治療の二つが必要なんですね。

  •  以前は、気管支平滑筋の収縮をとる気管支拡張薬が治療の主体でした。しかし、喘息が慢性の気道炎症から起こることがわかり、抗炎症作用が強く副作用の少ない吸入ステロイド薬が中心となりました。
     気道狭窄に対しては、発作寛解(かんかい)薬として、今でも気管支拡張薬(β2刺激薬)の吸入薬が有用です。ほかに、従来から使用されている徐放性テオフィリン薬、経口β2刺激薬、抗アレルギー薬も、吸入ステロイド薬を補助する治療薬として用いられます。
     喘息治療の目標は、副作用がない薬と量で喘息症状をなくし、運動を含めた日常生活に支障がないよう呼吸機能を正常に保つことです。急におこる喘息発作を気管支拡張薬で抑えることも大切ですが、さらに重要なのが、ふだんから吸入ステロイド薬を中心とした治療をきちんと行い、炎症を改善して発作を起こさないようにすることです。
     即効性のある吸入β2刺激薬と違い、吸入ステロイド薬は少なくとも数日〜1週間以上吸入しないと効果が出ません。発作のない時でも吸入ステロイド薬の治療を続けることが、発作予防につながります。
     また、喘息患者では重症になるほど息苦しさの感覚が鈍くなることが知られています。かなり気管支が狭くなっているのに、自覚症状をあまり感じないのです。
     その場合、自宅で呼吸機能を測定できるピークフローメーターが有用です。毎日測定することで、自覚症状だけではわからない呼吸機能の状態が判断でき、治療の不足や遅れを防ぐことができます。
    出典 :気管支喘息<アレルギー疾患> - goo ヘルスケア
     

    薬を使って症状を止め、段々使用する量を減らすのが目指す方向なんですね。

  • 症状が起こらないようにするには、慢性の気道の炎症をおさえることが重要です。基本の治療薬は、「吸入ステロイド薬」で、炎症をおさえる効果が高い薬剤です。最近は、この吸入ステロイド薬と、気道を広げ呼吸を楽にする長時間作用性β2刺激薬が一緒に吸入できる配合剤も使用されることがあります。
    出典 :喘息(ぜんそく)の治療法 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
  •  

    吸引ステロイド剤が主に使われているようです。

  • 環境を変える治療

  • ダニを回避し、かぜをひかないように注意を
     ぜんそくは早めに診断して適切な治療をスタートさせれば、重くならずにすみ、健康な人とまったく同じように生活できる病気です。ぜんそくをあなどらず、かつ怖がらずに根気よくつきあっていきましょう。生活上では次の点を心がけてください。

    ●ダニを回避する・・・・・・まめに掃除をしてほこりをためない、寝具は化繊の素材を選ぶ、室内でペットを飼わない、換気を心がける、できればフローリングに。

    ●かぜをひかないよう注意する・・・・・・規則正しい生活を送り、うがいや手洗いを習慣にする、外気温が冷たいときはマスクをつけ、体を冷やさないよう注意を。

    ●ストレスをためない・・・・・・軽い運動や遊びなど自分に合ったストレス解消法を身につける。

    ●たばこをやめる・・・・・・たばこは気道の過敏性を高めるので禁煙を。アルコールも控えること。

    ●腹式呼吸や乾布摩擦などを行う・・・・・・発作が起こると呼吸が制限されるので、効率のよい腹式呼吸法のマスターを。乾布摩擦は皮膚の刺激で自律神経を鍛える効果がある。
    出典 :ぜんそく・喘息 | 症状が出ないようにするため生活で気をつけることは? : 予防・症状 - セルフドクターネット
     

    日頃の生活を変える必要があるんですね。