TV【世界ふしぎ発見!】で話題!“痩せるシュガー”「プシコース」の秘密

食べると“痩せる”砂糖があるとTV【世界ふしぎ発見!】で放送されました。
その名も「プシコース」
レアシュガーといわれるもので、
商品化もされ始めているそうです。
とっても気になりますね♪

view8395

お気に入り お気に入り3

お気に入りに追加

  • 「希少糖」=“レアシュガー”

  •  

    希少糖とは、ぶどう糖などの自然界に大量に存在する糖と違い、文字通り自然界に存在量の少ない希少な糖のことで、約50種類以上の希少糖が確認されています。

    引用)http://raresugar.co.jp/raresugar/

  •  

    希少糖は自然界に微量しか存在しない貴重な糖のため、人間に有効な生理作用を持っていても、商品化して流通させることは困難でした。

    そんな中、香川大学農学部の何森健教授の30年以上にわたる研究により、希少糖を生産する酵素系が発見され、同時に全ての希少糖を体系的に生産する戦略図「イズモリング」が構築され、一部の希少糖の大量生産が可能になったのです。

    引用)http://raresugar.co.jp/raresugar/

  • レアシュガーの一つ「プシコース」

  • 希少糖のはたらき

     

    希少糖の大量生産が可能になり、D-プシコースやD-アロースなどに生理活性があることがわかってきました。大学と企業の多くの研究者が、希少糖の安全性や機能性について精力的に研究を続けてきています。

    甘味度  砂糖の7割
    味 質  清涼感があり、
    キレのいい甘さ
    物 性  果糖様
    カロリー ゼロ

    引用)http://www.raresugar.org/rare/htm/contents.cgi?contents_id=2

  • まだまだこれから色々な商品の形になって広がっていくんでしょうね~身近になれば嬉しい♪

  • 「プシコース」でダイエット!

  • 抗肥満効果や動脈硬化の抑制効果を持つ希少糖「D-プシコース」

    D-プシコースの確認された主な機能としては、「糖代謝」と「脂質代謝」の2つ、糖代謝では、食後の血糖値およびインスリンの上昇を抑制できることが確認されたほか、脂質代謝では抗肥満効果や動脈硬化抑制効果が確認された。また、最近ではD-プシコースを摂取することでランゲルハンス島のβ細胞を保護できるという研究成果も報告されている。実際のヒトに対する長期試験の結果としては、1日合計15gを4週間/12週間摂取し続けた場合と非摂取の場合ではTNF-αおよびアディポネクチンの上昇が認められた。また、肥満の原因の1つと言われる異性化糖に5%濃度のD-プシコースを加えたもので、内臓脂肪の低減効果が確認されたという。
    出典 :Xビューティー・データー・ファイル: 「プシコース」も通販の時代。甘い「希少糖」を食べてダイエット!!
     

    “甘い”のにこの効果。夢のようです!

  • プシコースの化学式はブドウ糖と全く同じC6H12O6で、一緒に摂取すると腸の中で次のようなことが行われるのだという。ブドウ糖が腸にやって来ると内壁にあるブドウ糖を取り込むためのゲートにピタッとはまって、ゲートが開いて吸収される、一方、プシコースの場合には糖の仲間なのでブドウ糖のゲートに入ろうとするがブドウ糖とは微妙に形が違うためなかなかゲートには入れない。ここにブドウ糖がやって来ると、ゲートにはプシコースという先客がいるので、仕方なく通過してしまうというのである。つまり、プシコースにはブドウ糖が吸収されるのを阻害する性質があり、食事と一緒にプシコースを摂ると、血糖値の上昇が抑えられ、カロリーの吸収が減少する。従って、プシコースは糖尿病や肥満に効果があると考えられている。

    出典 :糖尿病や肥満の特効薬現る!プシコースとは?:イザ!
     

    ちょっと“切ない”動きのプシコース(苦笑)でも、そのおかげで血糖値が上がらずに済むんですね~助かります!

  • 「プシコース」でアンチエイジング!

  • 「プシコース」で糖尿病の治療も可能に?