効果的なダイエットの秘訣!代謝アップで効率的に痩せよう!

代謝を上げて、効率的なダイエットをするにはどうすればいいのか?検証してみました。

view636

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さて、効果的にダイエットをするにはどうすればいいのでしょうか?

  • 効果的に、効率よくダイエットできれば、すぐに減量成功しますよね?

  • まず、どうすれば脂肪が燃えてくれるのか、メカニズムから勉強しましょう。

  • ちょっと難しい話になりますが、気楽に読んでください。

    脂肪を分解するためには脂肪分解酵素「リパーゼ」という酵素が必要です。

    人間はエネルギーが必要になった場合、
    ・筋肉に蓄えられている「グリコーゲン」
    ・肝臓で作られた血液中の「ブドウ糖」
    が使われます。

    ここでさらにエネルギーが必要になった場合、
    ・脂肪分解酵素「リパーゼ」が脂肪細胞を「脂肪酸」と「グリセリン」に分解
    といった作業に移ります。

    この「リパーゼ」によって分解された「脂肪酸」は血液中に溶け込み「遊離脂肪酸」となります。この「遊離脂肪酸」は筋肉に運ばれ、筋肉の「ミトコンドリア」が、「遊離脂肪酸」と「酸素」に着火し、脂肪燃焼となります。

    重要なことは、「さらにエネルギーが必要」となる要因がなければ、脂肪燃焼しないという点です。
    出典 :失敗しないダイエット - 効率の良い脂肪の燃焼「運動編」
     

    自分をあるていどは追いこまなければならないのでしょうか?

  • つまり、脂肪が燃えやすくなる状況をつくればいいということですね。

  • では、効率の悪いダイエットとは、どういうものなのでしょう?

  • 最も効率の悪いダイエット法とは、極端に食事量を減らすだけのやり方です。
    これこそが、効率的なダイエットとは正反対の仕方です。摂取エネルギーを大幅に削減すれば、それだけ体脂肪が使われるので、どんどん体重が減っていくという短絡的な発想です。しかし、ここにはいくつかの落とし穴が潜んでいます。その落とし穴とは、以下の三つです。

    リバウンドする
    健康を害する
    摂食障害(拒食症や過食症)の危険がある
    出典 :効率的なダイエットの秘訣
     

    わかっちゃいるけど、少々危険な方法でも、やってみたことがある、という方は少なくないのではないでしょうか?

  • さて、効果的なダイエットで抑えておかなければならないポイントとは、「基礎代謝」というキーワードです。

  • 基礎代謝
    基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されています。人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーです。基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がります。基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%を占めています。

    基礎代謝が上がると、運動をしていないときでも消費エネルギー量が増えるので太りにくい体になります。逆に、基礎代謝が低いと太りやすい体になり、基礎代謝を上げることがとても重要です。
    出典 :ダイエットについて『基礎代謝』
     

    つまり、単純に基礎代謝を上げられれば、自然と痩せやすい体になるということですね。

  • 基礎代謝は体に占める筋肉の割合が増えると大きくなり、脂肪が増えると低下してしまいます。つまり、脂肪が多く筋肉の少ない人は基礎代謝が低く、エネルギー代謝が低くてやせにくい状態になってしまうのです。
    したがって、基礎代謝を向上させるためには筋肉を増加させることが効果的とされ、運動により筋肉量が増えれば基礎代謝を増やすことができ、代謝が悪くて減量が上手く行かなかった人も体質を改善することができるのです。
    出典 :【代謝が悪い人】ダイエットに良い代謝と効率の良いダイエット法 | ダイエットSlism
     

    つまり、筋肉をつければ、痩せやすい体質になる、ということですね。

  • あなたの基礎代謝は、どうなっていますか?チェックしてみましょう。

  • とくに7項目以上当てはまる人は基礎代謝が低いといえます。

    ※基礎代謝は「甲状腺機能亢進症(バセドウ病など甲状腺ホルモンが分泌し過ぎる病気。)」によって高くなるケースもあります。
    1. 体温が35.9℃以下である。
    2. 月経不順である。
    3. 手足が冷える(冷え症)。
    4. 疲れやすく、朝まで疲労が残る。
    5. あまり汗をかかない。
    6. 少し食べただけですぐ太る。
    7. 肩こり、腰痛がある
    8. 普段、体を動かすことが少ない
    9. 顔色が悪い
    10. 血圧が低い。
    出典 :基礎代謝を上げる
     

    いくつ当てはまったでしょうか?ちなみに筆者は、8コでした(泣)。

  • では、どうやったら、筋肉を増やすことができるのでしょうか?

  •  

    筋肉量をてっとりばやく上げるなら、筋トレをすればいいと思ってしまいますが…。

  • 実は、効果的な筋トレの仕方があるんです。

  • 筋力トレーニングの一つダンベルエクササイズは、レジスタンス運動と呼ばれています。ダンベルエクササイズはタンパク質の合成を高め、筋肉の増量に役立つため、基礎代謝量アップに有効な運動と言えます。
    レジスタンス運動とは、筋肉に負荷を繰り返しかけて行うトレーニングです。運動量や強度、個人の体力などによって有酸素運動や無酸素性運動に切り替わりますが、筋力アップや基礎代謝を増やすのに効果的なトレーニング法として用いられています。
    出典 :【代謝が悪い人】ダイエットに良い代謝と効率の良いダイエット法 | ダイエットSlism
     

    ダンベルを積極的に活用しましょう!

  • 初心者向けのダンベルトレーニングの方法です。

  • 初めからあまり重いダンベルを持つと筋肉を傷める可能性があるので、最初は軽いダンベルから始めましょう。

    ダンベルを両手に持ち、姿勢を正します。
    姿勢を正した状態からダンベルを持って頭上より高く持ち上げたり、腕を伸ばしたまま上半身だけを左右に捻る運動をします。
    両手にダンベルを持ったままスクワットをしたり、胸の高さまで持ち上げたダンベルを前に倒したり、胸元に引き寄せたりなど腕の運動をします。
    出典 :ダンベルエクササイズ | 運動 | ダイエット方法 | ダイエットSlism
     

    カンタンなことから始めていきましょう。

  • 実は、筋トレをしても、それほどムキムキにはならないんですよ!

  • 筋トレは、女性の場合でもやり過ぎるとムキムキに育ってしまうことがあります。しかし、女性は筋肉がつきにくい体質と言われているので、ムキムキになるには相当やり込む必要があると思います。
    いくらダンベルエクササイズにダイエット効果があると言っても、男性よりも筋肉が付くようになってしまっては悲しすぎます。女性らしい、細く綺麗な体を目指すには、ほどほどが大事ということですね。
    出典 :ダンベルエクササイズ | 運動 | ダイエット方法 | ダイエットSlism
     

    美しく締まったボディを目指しましょう!