本当はとても怖い病気、糖尿病のことを知ろう

周囲に意外に多い、糖尿病もちの人たち。病院での適切な治療が大切ですが、症状から治療までを簡単にまとめました。

view476

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、糖尿病とは?

  • 糖尿病とはインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。

    膵臓からのインスリンの分泌不足による場合(インスリンが足りない状態)と、肥満などによるインスリンの作用(効果)が出にくいの場合(インスリンが有っても血糖値が下がらない状態)とが有ります。(または、両者の組み合わさった状態。)
    出典 :糖尿病とは(症状、診断、1型糖尿病、2型糖尿病)
     

    必ずしも肥満だけが原因ではないということです。

  • インスリンとは

  • インスリンとは、ひとの体の中でつくられるホルモンで、唯一血液中のブドウ糖(血糖)を少なくする働きをもっています。
     お腹のちょうど中心にある「すい臓」という臓器に、「ランゲルハンス島のβ細胞」という名前の細胞がたくさんあり、インスリンはこの細胞で作られています。
    出典 :インスリン(インシュリン)とは?|【糖尿病サイト】
     

    名前はよく聞きますが、その実態を知らない人が多いのです。

  • 糖尿病は4つのタイプに分けられます。

    ●1型糖尿病
    膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病。

    ●2型糖尿病
    インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病がある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。日本の糖尿病者の95%がこのタイプ。

    ●遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病
    遺伝子の異常や肝臓・すい臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされるもの。薬品が原因となる場合もある。

    ●妊娠糖尿病
    妊娠時に現れる糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。
    出典 :糖尿病|糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック
     

    妊娠と関係がある糖尿病もあるということ、知らない人が多いかもしれません。

  • 糖尿病の症状とは?

  • ●糖尿病の症状の例
    •のどの渇き
    •尿の量・回数が多い。
    •体重が急激に減る。
    •全身がだるく、疲れやすい。
    •目がかすむ(視力障害)。
    •尿に糖が出る。
    •立ちくらみ
    •手足のしびれ
    •インポテンツ(性欲減退)
    •月経異常

    *症状 のどが渇き、尿の量・回数が増えるのは、大量のブドウ糖を排出するため尿の量が増えてしまい、体の水分が失われてのどが渇くため。

    *症状 食べているのにやせるのは、食べてもブドウ糖が正常に利用されずに、慢性的なエネルギー不足になるため。

    *症状 全身がだるく、疲れやすくなるのは、インスリンの作用不足でブドウ糖を利用できず、活動エネルギーが足りないため。

    糖尿病の初期症状は、痛みなどの自覚症状がないため、治療が必要といわれていても治療を受けない人が多い。しかし、実は、糖尿病の一番の問題は合併症。合併症にならないためにも、糖尿病の症状があらわれた場合、しっかりと治療に取り組みましょう。
    出典 :糖尿病|糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック
     

    激しい痛みとかが少ないようなので、これだとなかなか気づかなかったり、放置しておいたりしてしまうことが多いですよね。

  • 少しでも気になったらネットで簡単にセルフチェックしてみませんか。

  • ネットで簡単にできるセルフチェック

     

    幾つかありますが、代表的なものをあげておきます。

  • 糖尿病の治療方法

  • 糖尿病の食事療法は、正しい食習慣とともに、過食を避け、偏食せずに規則正しい食事をすることです。つまり、糖尿病食は特別な食事ではなく、バランスのよい健康食といわれています。どの食べ物がよい、悪いということよりも、一日3食規則正しくバランスのよい食事をとり、それを長く続けるということが重要です。
    ただし、合併症がある方は、食事療法の内容が変わってくる場合がありますので、必ず医師の指示に従ってください。
    出典 :糖尿病の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
     

    しかし、病院での専門的な治療とは別に、個人レベルではまず食事療法が大切なのは、言うまでもありません。

  • 病院での食事 カロリーコントロール糖尿病食 - YouTube

     

    病院食の写真ばかりですが、決して貧相な感じはしません。

  • 決められたガイドラインに沿って、立派に美味しくてバリエーションのある料理が可能だということです。

  • 糖尿病治療法!食事療法なしで血糖値を下げる!動脈硬化も防ぐ改善法! - YouTube

     

    運動療法のやり方が簡単に説明されています。

  • 病院での治療に合わせ、食事療法、運動療法など、日常生活でも様々な取りくみが必要な病気です。家族の協力も大切ですね。