心も肌も浄化・・・そして美肌になれる「ヨガ呼吸法」

「ヨガ呼吸法」で美肌になろう!
ヨガが体に良いのは皆さんご存知の通り。
でも、その中でも大切なのは「呼吸法」なんです。

ヨガの正しい呼吸法を身につけて、アナタもヨガにチャレンジしてみませんか?

view779

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「呼吸」とは

  •  

    ヨガで最も大切な呼吸法。それは、生きるために最も重要な動きに他なりません。私たちは生まれてから死ぬまで、誰に教わることなく、一時も休まず、呼吸を繰り返しています。呼吸は私たちにとって当たり前のこと過ぎて、日常生活では呼吸の大切さを意識して考えるこはほとんどありません。しかし、この呼吸の「大いなる恵」に意識を向けるのがヨガの呼吸法です。生きるために当たり前におこなっている「吸う」 「吐く」というこの2つの行為は、肺の働きを改善し免疫力を高め疲れにくい体質をつくったり、深く呼吸することで血流が促され、多くの女性が悩まされている冷え性や生理不順が改善されるといわれています。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/8148/

  • 呼吸を“意識”してみること・・・なんですね。

  • 呼吸のリラックス効果とは

     

    呼吸とは、空気を吸って酸素を血液に送り込み、体内の二酸化炭素を排出する基本的な生命活動ですが、実は、自律神経にも深く関係する動作でもあります。息を吸った時は、体を緊張させる交感神経が優位に立ち、息を吐く時には体をリラックスさせる副交感神経が優位に立ちます。ゆっくり深く呼吸することで副交感神経を刺激することができ、脳内にアルファ派やシータ派が出て、ハッピーホルモンであるセロトニンの分泌が促進されます。

    引用)http://lbr-japan.com/2013/09/22/23096/

  • ヨガ呼吸法の基礎

  • ヨガ呼吸法「プラーナヤーマ」

  • プラーナヤーマとは呼吸法のことで重要なヨガ行法のひとつです。「プラーナ」とは息を意味し、「アーヤーマ」とは休止を意味しています。つまりプラーナヤーマとは、「息の休止」を意味しています。一時的に息を止めることをクンバカといいますが、プラーナヤーマはクンバカを発展させることに重点が置かれています。クンバカは次の3種類に分類できます。

    ・最大限深く息を吸った後に息を止める。
    ・息を吐ききった後に息を止める。
    ・呼吸の中間段階で息を止める。

    プラーナヤーマでは息を吸う、止める、吐くの課程を全てそれぞれ数秒ずつコントロールされた方法で行います。
    出典 :心も肌も浄化させる!美肌になれるヨガ呼吸法3選| Life & Beauty Report(LBR)
  • ヨガ呼吸法の原則

    (1)原則としてヨガは鼻から息を吸い、鼻から息を吐きます。
    (2)ゆったり、ゆっくりとした呼吸を心がけ、呼吸と内部に意識を向けましょう。
    (3)準備段階で姿勢を整え、息を吐いてからレッスンを始めます。
    (4)吸息:保留息:呼息の理想とする割合は、”1:4:2”ですが、
      始めは息を止める止息(クンバカ)は抜いて、苦しくない無理のない割合で、呼吸して下さい。
    出典 :ヨガ呼吸法・INDEX
  • ウジャイ呼吸のやり方 【ヨガ呼吸法】 - YouTube

  • その両面に必要な要素の一つが「ヨガの呼吸法」です。普段生活している中で何気にしている呼吸ですが、ヨガの時には、まず身体にある空気を鼻から吐き出します。そして、鼻から全身の細胞の隅々に行き渡らせるように意識をして空気を吸い込んでいきます。次いで、また鼻から空気を吐いていきます。特に呼吸を脳細胞へ向ける意識をすることで、血液の流れも促されるといわれています。私たちの体に必要な酸素と栄養は、血液によって体中に巡らされていきます。また血液の流れを良くすることは、肌の健康や老化防止にも血管を若々しく保つうえで、大変重要です。意識して「深い呼吸」をするだけで、血液や栄養の流れが良くなり、手足末端から身体の芯までが温まり、肌の色や艶を良くしてくれます。その時に蒸散されている汗は「天然のローション」と言われるほど肌の皮脂バランスが優れたもので、お肌の乾燥を防ぐ役目を果たします。
    出典 :第1回 ヨガと美肌 | ナールスゲン.com
     

    ヨガの呼吸法をマスターするのは、難しいのかもしれません。でも、“深く呼吸する”ことを意識するだけでも、体には良いようです。少し意識してみましょう♪