妊娠中に知っておきたい 赤ちゃんの沐浴のしかた

新生児の沐浴のポイントとと沐浴の基礎知識についてまとめました

view517

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「沐浴」ってなあに?

  • 生まれたばかりのころは生活のリズムも大人とは違います。まだ抵抗力が弱く、細菌に感染しやすいなどの理由もあり、生後1カ月~1カ月半くらいまでは、大人と同じ浴槽でなく、ベビーバスを利用するママが多いようです。ママやパパと一緒に湯船に入る「入浴」と区別して、これを「沐浴」と呼んでいます。
    出典 :新生児の沐浴の仕方とポイントは? 沐浴の基礎知識 | ベビカム
  • 赤ちゃんのお肌と沐浴の効用

  • 赤ちゃんのお肌は新陳代謝が活発、しかもとても汗っかき。あせもや湿疹を防ぐためにも毎日の沐浴は欠かせません。毎日、できれば決まった時間に沐浴するようにしましょう。特に汗をかきやすい夏などは、1日に何回か沐浴してもよいのです。
    出典 :新生児の沐浴の仕方とポイントは? 沐浴の基礎知識 | ベビカム
  • 沐浴するときのポイント

  • 赤ちゃんはのぼせやすく湯冷めしやすいので、「手早く」を心がけましょう。赤ちゃんを裸にするのは、バスタオルや着替えなど、必要なものをすべて準備してから。必ずしもお風呂場にベビーバスを置いて沐浴する必要はありません。冬、お風呂場が寒いときなどは、暖房が効いた部屋にビニールシートを敷いて沐浴させるのもひとつの工夫。キッチンのシンクでつかえるタイプのベビーバスもあります。
    出典 :新生児の沐浴の仕方とポイントは? 沐浴の基礎知識 | ベビカム
  • 沐浴してみよう!

  •  

    沐浴のときには、石けんや沐浴剤を使って赤ちゃんの体を清潔にします。「洗うのに時間がかからないから、赤ちゃんがのぼせにくい」「ひとりで沐浴させるときは手軽なほうがいい」などの理由で、すすぎのいらない沐浴剤を使うベビカムママも増えている様子。「ひとりのときは沐浴剤、パパやおばあちゃんが手伝ってくれるときは石けん」と使い分けるのもOK。

    引用)
    http://www.babycome.ne.jp/online/infoland/bath/yosyuu/

  • 用意するもの
    ・ベビーバス ・沐浴剤 ・ガーゼ2~3枚 ・バスタオル ・着替え ・綿棒  
    ・湯冷ましや麦茶など ・湯温計 ・沐浴布  ・ビニールシート(必要に応じて)
    出典 :新生児の沐浴の仕方とポイントは? 沐浴の基礎知識 | ベビカム
  • 沐浴剤を使った沐浴の仕方を紹介します。
    以下引用元)http://www.babycome.ne.jp/online/infoland/bath/yosyuu/

  • 1.着替えを準備

     

    お風呂あがりに慌てないように、着替えは袖を通して重ね、あらかじめ用意しておきましょう。

  • 2.ベビーバスを準備

     

    湯温は38~39度。慣れないうちは湯温計でチェック。沐浴剤はこのときに入れておきます。

  • 3.さあ沐浴開始!

     

    まずはベビーバスのお湯にガーゼをひたし、顔をぬぐい、それから服を脱がせます。足からゆっくりお湯に入れましょう。

  • 4.まず頭から

     

    ガーゼでそっとぬぐうようにして頭を洗います。赤ちゃんの顔に水がかからないように注意して。

  • 5.次に体

     

    沐浴布を少しずつ脱がすようにしながら、手、脇、首、胸、お腹、足をガーゼでぬぐうように洗います。足や股、くびれている部分も丁寧に。

  • 6.最後に背中

     

    赤ちゃんのあごを腕に乗せるようにして背中向きにかかえ、もう片方の手で首、背中、おしりの順に洗います。

  • 7.これで終了

     

    再び仰向けにして温めてあげます。沐浴剤すすぎや上がり湯はいりません。このままお湯から上げて沐浴終了。

  • 8.最後に着替え

     

    バスタオルの上に赤ちゃんを寝かせ、軽く押さえるように拭きます。おへそ、鼻、耳は綿棒でやさしくお手入れ。湯冷ましや麦茶を飲ませあげましょう。