意外と知らない!?正しい歯の磨き方

幼い頃から毎日磨いているはずなのに意外と間違っている歯磨き。

view484

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ歯磨きが大切なのか?

  • 歯磨きが虫歯や歯周病などの歯科疾患の予防に大きな効果があるから
    出典 :歯磨きのお話
     

    しっかり磨いて予防しよう!

  • 理想は「3・3・3」

  • 一日3回、食後3分以内に3分間歯を磨く
    出典 :歯磨きの回数と時間【歯磨き教室】
     

    毎食後、しっかり3分ずつ磨く習慣をつけよう!

  • 歯の表面のブラッシング方法

  •  

    ブラシを直角にあて一本の歯につき20回以上1~2mmの動きで震わせながら磨きます。

    出典:Dr.ななえの予防歯科
    http://www.drnanae.net/clinic/others/yobou/3_2.html

  • 歯周ポケットのブラッシング方法

  •  

    歯周ポケットを磨くときは、歯と歯茎の間に45度にブラシをあて、やはり軽く20回以上微振動磨きで。

    出典:Dr.ななえの予防歯科
    http://www.drnanae.net/clinic/others/yobou/3_2.html

  • 寝る前は、しっかりと磨く

  • 寝ている間は唾液の分泌も少なくなり、お口の中の自浄作用が低下するため細菌が繁殖しやすい状態になります。

    寝る前は特にていねいにみがきましょう。
    出典 :ライオン株式会社
     

    眠い日は、うっかり雑になりがち…。気をつけよう!

  • 正しい歯の磨き方

  • 三重県鈴鹿市岩沢歯科による、正しい歯の磨き方

     

    歯を磨くときに参考にしよう!

  • プラークコントロールとは?

  • 口の中のプラーク(歯垢)を減らすこと

    プラーク(歯垢)はただの食べカスではなく、細菌の塊です!

    出典 :プラークコントロール
     

    歯垢を減らすことが大切なんだね。

  • 正しい歯ブラシの選び方

  • ブラシには、「ふつう」「やわらかめ」「かため」がありますが、一般的におすすめなのは「ふつう」タイプ。

    歯ぐきが弱かったり、歯肉炎で出血しやすいという人は、歯肉を傷つけにくい「やわらかめ」

    「かため」の歯ブラシは、ふだんの磨き方が弱めという方に向いています。
    出典 :「オーラルケアの基本はコレ!正しい歯ブラシの選び方」 Body&Soul
     

    自分に合った歯ブラシを見つけよう!

  • 口臭も防げる人気の歯磨き粉

  • 口臭予防はみがき デンティス

     

    バクテリアの繁殖を抑え、口臭もしっかり防いでくれる歯磨き粉

    出典:アットコスメ
    http://www.cosme.net/product/product_id/2920265/top

  • 舌専用のブラシ

  • 魔法の舌ブラシ

     

    口臭・虫歯予防のための舌専用の舌ブラシ

    舌を磨く事でエチケットはもちろん健康への第一歩に!

    出典:アットコスメ
    http://www.cosme.net/product/product_id/10024341/top