性同一性障害に悩む人を救う手術「性別適合手術」ってどんなもの?

「性同一性障害」に悩む人々は日本だけでなく世界中に多くいます。その障害に悩み続ける、また隠し続ける人もいれば、それをオープンにする人、そして治療の手段として「手術」を選ぶ人も。では、そんな「性適合手術」とはどんなものなのでしょうか?

view987

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも「性同一性障害」って何?

  • 性同一性障害(英:Gender Identity Disorder, 略:GID)は、『生物学的性別(sex=生まれた時の身体的特徴など)と性の自己意識(gender identity、性自認)とが一致しないために、自らの生物学的性別に持続的な違和感を持ち、自己意識に一致する性を求め、時には生物学的性別を己れの性の自己意識に近づけるために性の適合を望むことさえある状態』をいう医学的な疾患名のこと。

  •  

    性同一性障害をオープンにする人も。

  • 女性なのに、自分は「本当は男なんだ、男として生きるのがふさわしい」と考えたり、男性なのに「本当は女として生きるべきだ」と確信する現象を「性同一性障害(gender identity disorder, GID)」と呼びます。このような性別の不一致感から悩んだり、落ち込んだり、気持ちが不安定になることもあります。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    略称はGID

  • 性別には2つの考え方、見方がある!

  •  

    性別にもとらえ方が。

  • 性別といえば、男性か女性の2種類に分かれると多くの人たちは単純に考えます。しかし、性別には生物学的な性別(sex)と、自分の性別をどのように意識するのかという2つの側面があります。性別の自己意識あるいは自己認知をジェンダー・アイデンティティ(gender identity)といいます。
    多くの場合は生物学的性別と自らの性別に対する認知であるジェンダー・アイデンティティは一致しているため、性別にこのような2つの側面があることには気づきません。しかし、一部の人ではこの両者が一致しない場合があるのです。そのような場合を「性同一性障害」といいます。
    つまり、性同一性障害とは、「生物学的性別(sex)と性別に対する自己意識あるいは自己認知(gender identity)が一致しない状態である」と、定義することができます。

    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    sexとidentityの不一致。

  • 性同一性障害でみられる症状とは?

  • 性同一性障害になると、大きく3つの症状がみられるようです。

  • 1:自らの性別を嫌悪あるいは忌避する

    自分の性器が間違っている、成人になれば反対の性器を持つようになるであろうなどと主張したり、自分の性器はなかったらよかったのにと考えることもあります。
    また、2次性徴期には、男性では声変わりがしたり、喉仏が目立ったり、肩幅が広く、筋肉が張ってくる、陰茎が大きくなるなど、女性では体つきが丸みを帯び、月経が発来したり、乳房が膨らむなどの変化が起こります。こうした男らしい、あるいは女らしい体つきになることに対する嫌悪感や忌避の気持ちが強くなります。
    そのために、すね毛をそったり、乳房を晒しで巻き、ふくらみを隠そうとしたりします。これらの症状は、自らのジェンダーにふさわしくない身体症状を嫌悪し、忌避することからくるものです。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    身体的な特徴を嫌うのですね。

  • 2:反対の性別に対する強く、持続的な同一感を抱く

    自分の存在そのものを、自らのジェンダーと同一化したいと願い、反対の性別になりたいと強く望みます。そのために、反対の性別の服装(異性装)をしたり、反対の性別としての遊びを好みます。
    男の子の場合、女の子の遊びを好んだり、女の子の服装をしたいと望みます。また、女の子の場合には、男の子のような活発で、乱暴な遊びを好みます。これは、自らのジェンダーにあった生活や遊びをすることが自分の気持ちにしっくりするためです。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    本来の性に戻りたい!

  • 3:反対の性別としての性別役割を果たそうとする

    日常生活の中でも反対の性別として行動したり、義務を果たしたり、家庭や職場、社会的人間関係でも、反対の性別として役割を果たそうとします。また、言葉遣いや身のこなしなど、様々な点で、反対の性別として役割を演じることを希望し、実際そのように実行します。
    出典 :性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    本来を求めての行動ですね。

  • 性同一性障害の治療・手術とは?

  • 性同一性障害の治療には、性別適合手術などがあります。

  • 性別適合手術(せいべつてきごうしゅじゅつ)とは、性別の不一致、性同一性障害を抱える者に対し、当事者の性同一性に合わせて外科的手法により形態を変更する手術療法のうちの、内外性器に関する手術を指す。“Sex Reassignment Surgery” (SRS) の訳語。

    原語を直訳した性別再割り当て手術(性別再割当手術)、性別再指定手術、性別再判定手術などの名称もある。日本のGID学会、日本精神神経学会では「性別適合手術」を正式な名称として用いている。
    出典 :性別適合手術 - Wikipedia
     

    外科的にジェンダーを変更。